スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリチュアルは実生活で使えるの?

よく、お客様から我々がこれまで口伝としてきた「無相」をいわゆるスピリチュアル系にくくって話をされる方がいますので、説明をさせて下さい。

スピリチュアルとくくられる話題は豊富です。一般的によく聞くのは、「守護霊」「ソウルメイト」「前世」とかでしょうか?

これらの表現は、造語ではありますが、諸説ある中で、そのような存在は実際的にあるのかないのか?ですが、スピリチュアルの専門家は、「ある」とした中で、その具体的な仕組みについて日々議論がなされています。私は、スピリチュアル専門家ではございませんのでスピリチュアル自体を具体的に論ずることはしません。ただ、一つ断言出来るのは、「あると思えば、ある」「ないと思えば、ない」ということです。

曖昧な表現かもしれませんが、真にそのような解釈であります。

しかし、実際、チャネリングをし、交信をし、声を聞き、ビジョンで見え・・と、公言される方々は沢山いるわけですから、「やはり、あるではないか!」と言われそうです・・・が、やはりどこまでいっても、それはそれで「ある」とした世界での、『あると設定した』見方での出来事、解釈、表現としかとれないのです。これは神様がいるか、いないかの話も同様です。

が、ここで矛盾のように聞こえますが、「あるかないかで言うと、あると思った方が良いようです。」

従って、このスピリチュアル世界は、「ある。と思った方が良いという価値」なわけです。

ない。とした世界より、ある。とした世界観が価値をより生むということです。
しかし、無相でしっかりと観念としてとらえると、「ある。とも、ない。とも言えない世界」であると。

非常に難しいですね・・。
ですから、「ある」として、「ある」ように様々に表現をされますが、それが全てであるといった解釈は、時に混乱を招き、異質なものへ変貌する危険性があるわけです。

ニュートン力学からアインシュタイン相対理論に常識が移行したように、スピリチュアルという世界観が確立されている様相もあります。では、今この段階で既成事実のように全て「くくって」しまって良いものなのか?と思うわけです。

確かにスピリチュアル世界に含まれる思想的な部分、哲学的な部分は、大変素晴らしいものがあります。私も若かった時に救われた言葉もあります。

しかし、いつもどこかに疑問と言うか、抵抗感がありました。「実生活、実社会、生き方、全てをスピリチュアル的に解釈し、スピリチュアルの世界で生きることが最も尊いのか?」と。

スピリチュアルとは縁遠いようで、最近はどこかリンクしがちな新興宗教や中には古くからの宗教も。発展途上国では、宗教の教えの下、文化や生き方そのものを軸としている国もあります。

だから確かに、尊い。

確かに尊いのですが・・・何でもかんでもスピリチュアル的解釈で、目の前の現実を捉えすぎるのはどうでしょう?

捉えすぎる。ということです。

実は深みにはまってしまうと、全ての現象をスピリチュアルにくくって、グループ化してしまう人が大変多いのです。以前、呆れた相談者がいまして、不倫や二股、三股を繰り返す男性のその相談者もその一人。その男性の言い分は、スピリチュアルな世界で生きると決めた。神の為に生きると決意した。特定の女性は作らない。救いのため、そしてこの関係は縁によって繋がっているわけで、縁を超えたものは求めるべきではありません。大切にしたい。けれど結婚という形は縁に逆らう。貴女とのテーマは他にある。と・・・。この言い分をこの相談者はしっかり理解しようとしていて、結局、この男性と繋がるか、繋がらないか?の相談なのに、カルマやらソウルメイトがどうのこうので、話が混乱を極めました。現実的な話が通らないわけです。かと言って、相談内容は、性丸出しのリアルです。矛盾を解消出来ないまま終わりした。この他の事例も今までいくつかありました。「上司と反りが合わないのは、前世で・・」とか。はっきり言いまして、全く無価値な解釈です。

例えば、それはそれとして、解決策に向けて、努力する心得と行動があれば良いのですが、前世の因縁で止まってしまう人がいます。思考停止とは正にこのことです。

本人は全く気付いてなくて、当然悪気もなくて、無意識にそうなりやすい人が多いわけです。新興宗教においても、最も尊い信仰心を大きく超えてしまうと同様の傾向がみられます。

なかには、我は聖人がごとく、スピリチュアル的な存在を目標にしている方もいます。究極はどんな生き方をしようが自由です。しかし、ここは日本です。

この恵まれた国で生まれた以上、社会にもまれ、私生活でもまれ、苦労し、叩き上げて、実践的に学び、成長する環境を軸に置きたいものです。偏見かもしれませんが、明日の、目の前の泥臭い事柄を一旦置いたような視力で物事をとらえてる人と接すると、「え?本気で向き合うって、泥臭いことも含んでますよ。」 とついつい言ってしまいそうになります。

そういう人に限って、実は恵まれてる人であったり、本当の苦労を経験してない人だったりします。※全員ではありません。中には辛い経験をした方もいらっしゃいます。何が救いになるか分かりませんし、そういった意味で、スピリチュアルや新興宗教の存在価値は認めております。

まぁ・・とは言うものの、全くの苦労知らずの煌びやかに彩った、高級ランチでスピリチュアル会に参加していそうな人に泥臭さは分かるはずもないですかね(苦笑)

どこまで言っても生活は、小さな単位の積み重ねであります。

小さな単位に使える表現であったり、時に泥臭かったり、時に深い優しさ溢れる表現であったり、と、まさに生活に根を張ったことが観えて、察して。が本物の力であり、これが何を置いても世にお役に立つことの真理であると確信しています。

百歩譲って言えば、憲法があって法律があるように、スピリチュアルを評すれば、憲法的立ち位置であって、「尊い思想」で充分でなかろうか?と思います。

我々は無相を使います。

本当に小さい単位も正確に分かります。

分かるということは、そういう情報を引き出せる仕組みが何かある。ということでしょう。

決して、守護霊や神様にお尋ねしている感覚は、全くありません。誤解のないように、お尋ねすれば、亡くなった方のメッセージも得られますが、どこか、巷のスピリチュアル的な解釈ではないような感覚です。

また、無相の専売特許とも言えますが、運勢(仮説の流れも)を観ることが出来ます。視覚的にです。例えばですが、お付きのマネージャーのようにピッタリと守護霊はいる。として、運勢や流れを守護霊に聞いたとしても、十中八九、毎回、毎回的確な未来の選択肢を答えてくれないと思います。明日、ラーメン屋にいくか、うどん屋にいくかを守護霊が答えてくれるでしょうか?馬鹿げた質問を・・と思われるかもしれませんが、また極端な例をあげましたが、世間の悩みはどんな深刻な相談でも、解決に向かおうとすればするほど、こういった小さな単位の選択や行動の連続です。

ですから、この見方が可能とする無相を知れば知るほど、イギリスはスピリチュアル先進国でありますが、近年、日本でもスタンダードになりつつあるこのスピリチュアルの世界観を超える真理、世界がある。とどうしても思ってしまうのです。かぶるイメージや表現はあったとしても、根本的に違う世界構造です。

とは言っても、だからこうだ!と言い切る事はしません。また、こんな世界です。と100点満点でくくる事は出来ないように思います。

これからも、この分野の研究は進むでしょうし、また違った世界観が発見されるかもしれません。遠い未来にこの分野における歴史研究において過去を探索した時、我々和泉堂が主張していたことが一理あった。と思われるように、またこれからの研究の最先端の情報として、千分、万分の一でも、記して置きたいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

The inovating fortune-telling technique

Dear Sir or Madame,
I am Sakamoto of “Wasendo”. I am sorry if you mind my unexpected E-Mail. “Wasendo” is the association(school) that presses forward “fortune-telling, consultation and good luck making” inJapan. We had started systematization and diffusion of “new technique of fortune-telling and good luck making” 2 years ago. Today, we are looking forward to communicate with publishers, many kinds of companies, associations, aiming to diffuse the innovating technique inSingapore. We introduce and propose the technique for you.
Concerning the technique, please refer to the attached PDF file.
Present days in Japan, especially in the field of fortune-telling and good luck making, the boom never ends and flood of every kinds of technique, incredible dumbing down of fortune-tellers and in addition, dumbing down of moral of customers occurs. The situation is like this. Is it consultation? Is it fortune-telling? Is it apparitions? Is it psychology? Is it Qigong? Both fortune-tellers and customers never know. It is chaos.
Then, what is “the real”? What is “the essence”?
Firstly, we had tried to raise a question about the ideal approach for fortunetellers by improving their skills and cultivating top fortune-tellers. Secondly, we had aimed that it causes for customers to get more knowledge, clearer idea, and better understanding.
However, as we go on, we came to think that we want to produce the technique to not only those who are going to be fortunetellers, but also those who wish to utilize it in social life and daily life. The technique is so profound that anyone can learn it and use it freely, in infinitum. To tell you the truth, when you think about the technique itself, the concept, and the philosophy as a whole, you will notice that it is very simple, historical and traditional. But, in the chaos in Japan where the word “tradition” and “school” are ignored, it varies how they categorize the technique for the first time i.e. “same as others?”, “epigone?” or “innovation?”
In the case that we categorize method and technique of fortune-telling according to Ying and Yan, “Yin-method” and “Yan-method” appears. “Yin-method” (stillness) is on the side of analysis, theory, guess, past and previous life. InJapan, this approach is mainstream. On the other side, “Yan-method” (movement *please refer to the attached documents) has been something genuine for more than 1,000 years. So fortune-telling cannot be something more valuable than fortune-telling. Businesslike thinking might influence the situation. The situation makes us to look around the world and diffuse the technique and the concept made inJapanall over the world not only inJapan. Then we are interested in especiallySingaporein theSouth East Asia. We know we might be impolite because we are totally stranger for you, but we are confident that our technique and method will spread to other countries fromSingaporejust like a hub airport. We believe that the technique is of high quality and magnificent. The technique will contribute to “world peace” and ”human evolution.”
Please read the attached documents and we are happy if you get interested in them. We welcome any information and proposition from you.
To tell you the truth, we are looking forward to a regular feature on magazines, publication and partnership with companies inSingapore.
We express sincere thanks to everyone who has read our letter.
Yours Sincerely,
Kei Sakamoto
Association Wasendo
Representative Kei Sakamoto
Address 414-10 Otsuotsu,KochiCity,Kochi Prefecture,Japan
(Zip code 781-5103)
E-Mail wasendou@gmail.com
URL  
MUSO is the technique that our school created about 100 years ago and had studied hard. It traces its roots to personology(physiognomy). The personology is called ”Mai-Soho” and it is famous. They say that a pupil of “Mr. Mai the hermit” recorded about 1,000 years ago in China. “Mai-Soho” is the foundation of personology and it is said that it is the beginning and the end at the same time.
However, now, the essential point of “Mai-Soho”, which tells us that giving an expert opinion by the inner man is very important is discounted. On the contrary, the point of view of “Ying-method” which puts emphasis on form and analysis has been diffused. Not only “Mai-Soho” but also other type of personology followed the trend and “Ying-method” became a mainstream. We had been very impressed by “Mai-Soho” from the past to feel something profound by its wording and everything. It is the reason why we had continued to study, read and explain it as “Yang-method” following “Mr. Mai the hermit’s” idea that something great, the inner man and the Yang are the same.
Then, it flourishes as MUSO, the technique which we would like to diffuse all over the world.
Firstly, we will explain about the principle of MUSO. In MUSO, we use Indo, a term in physiognomy. Indo is the area between the eyebrows. Indo is one of the most important areas which all physiognomists know and they see there to know good and bad omens of all kinds of action, one’s luck itself, health and so on. Maybe you know the information above. But we found the way of utilization, in other words, unknown potential ability of this famous Indo.
As we say from the beginning, “Ying-method” has been a mainstream of personology in the long history of human being. “Ying-method” is “stillness” and “Yang-method” which we feature is “movement.”
In simple terms, “Ying-method” means that they judge someone’s character by one’s face and they explain it by only visible sign already.
“Yang-method” is “movement” and means change and creation …. Yes, we believe “the life is wonder!”
Concerning Indo, we found its ultimate function with the “movement” idea, not the “stillness” idea. That is …..
“When you ask a question, accurate answer comes.”
Indo is more than something given and divine.
We will explain about it from next page, but shortly in this paragraph. You can get an answer on every kind of “prospects” and “actual conditions”, from incidents on daily or social life, big theme to the universe. The answer is like this – “Yes” or “50-50” or “No”
When you raise a question from the bottom of your heart with nothing in your mind, Indo gives you an answer. It looks like ”light” and at the same time “cloud.” The hint is clearly described in “Mai-Soho” documents. In a word, if you see light on Indo, it means “Yes” and if not, “No.”
“The life of everyone can be judged by light and cloud.”
This is the secret of “Mai-Soho” and the principle of MUSO.
Above, we explain the movement(question) method that you judge by observing Indo directly. But we would like to put emphasis on the method that interpretation of light and cloud will be rich. We had created it by elaborate study for several decades and made it advanced. We call it “meditation method.”
Creation and development of the meditation method
The meditation method is the way that you observe something like light and cloud on physiognomy or Indo before, for example, sprouting seeds reach the ground. It is like observing circumstances of the roots. It means that observing light and cloud before they reach the skin is better strategy. Using meditation, light and cloud can change freely and express an infinite of patterns in response to your question. So you can interpret light and cloud to vivid words connected to real life and real society. You can exceed “good or bad”(yes or no).
Now you can interpret light and cloud to a variety of daily language.
It means that you can do fortune-telling, choose a rich future and have knowledge on life if you learn only MUSO.
Then, there is an important point that you might have a doubt on. Where the answer comes from?
Our position is that MUSO, very modern technique, has its origin from “Mai-Soho.” That is everything. We would like to avoid the situation that MUSO is mixed up with other genre, it is given a twist and new word on MUSO is created.
We tell everything with an authoritative.
MUSO’s “concept” is totally different from other ability or technique.
MUSO is far more “valuable” than those.
It cannot help but you think so if you learn about MUSO more and more.
If you need the answer, We just say that the answer of MUSO comes from “tian” or “universe.” We would like to avoid even “tian” because MUSO is so casual that it will be well diffused and used as ordinary ability. We imagine the future of MUSO like this.
Then, we explain more concrete mechanism of MUSO.
The innovating fortune-telling technique
“definition and mechanism of MUSO”
★ The innovation point of MUSO ★
l You can judge the life by “light”
l You can judge “immediately useful things” in a daily life.
l You can “ask a question” to tian or universe again and again.
l New concept and method that you can judge the future with “volume of light” especially when the question is complex.
l You never forget it once you mastered it just like “swimming.”
l You can judge the variety of life planning “one by one and at once.”
l Anyone can master it and “common view” is the key.
l Light is infinite. Light is ever-changing. The motto is freedom and each parson’s personality.
l Light is a common language of human being. “Nuance of light” can be interpreted to every meaning.
★ Image figure of MUSO ★
Meditation method of MUSO(for example, ABC Pattern)
We start explanation about ABC Pattern. You close your eyes and split the black screen into 3. You term A, B and C to each screen. Then, you set up that A is “Yes” or “affair” or ”proper name” and B is “50-50” or “affair” or ”proper name” and C is “No” or “affair” or ”proper name.” ABC Pattern is comparison. You judge which screen is lighter or has more volume of light. Although it is simple, it is very useful. You can question anything and a variety of patterns of question is possible.
① Relax your whole body.
② Say “your question” in your mind.
(For example, “what is the weather inSingaporetomorrow?”)
③ A fine B cloudy C rainy
④ Close your eyes lightly and concentrate on Indo —- The screen looks like the image below.

In this case, you had better judge C “rainy.” But the image above is only one example. Behavior of light and cloud is beyond number and a lot of patterns appear.
AFTERWORD
It has been more than 1 year since we started to disclose the technique of “MUSO.” Only few people know the technique. The philosophy of it is so profound that some people confuse it with SF. As they say, something that has profound background looks valueless. MUSO is also the same. We think that it will be a common ability of human being and world standard in this new era of 21st century. In both past and present, a lot of books was published and many seminars were held on similar jenre all over the world, but when we compare the essence of “MUSO” with others, we feel that it is once for all different from others, much more qualified. We say this because of firstly the experience and realization of it and the theory itself. The more we know about MUSO, the more
we feel so. So,as a first big step, we are looking forward to get connected with mass media, publishers and companies who wish to cooperate with us. Everyone gets happiness in the future steadily in one’s own by using “MUSO.” — This is our big dream and vision.
*We have plenty of manuals of MUSO, texts, columns and literatures of Mai-Soho. But, they are Japanese. Because it is impossible for us to translate all of them into English, we propose that we answer your questions by E-Mail and so on when necessary. Thank you so much.

奇門遁甲・八門遁甲への問題提起。

中国で生まれた方位学の中で、風水を静の方位学とするならば、動の方位学は奇門遁甲と呼ばれるほどに、日本においても大変有名な方位術でございます。方位術としての地位もさることながら、占いの側面も大変重宝されておりまして、特に中国では、方位というより、占いに特化して活用されています。日本は複合ではありますが、どちらかと言うと方位術として活用されております。

と言うのも、この奇門遁甲は大変複雑でして、流派も多数存在し、やり方、求め方も多岐にわたります。特に日本は伝統的な奇門遁甲の面影だけ残し、全く異質な独自の見方を軸にとっている流派があります。(挨星法)。後に言及しますが、方位の吉凶を定める、方位の象意を求める。ということは、一見、何の疑いもなく素通りしてしまうほどに方位学の常識をついた内容でありますが、これは言葉の誤魔化に気をつければなりません。まず、最初におさえておきたい点ですが、冒頭に申し上げたように、奇門遁甲は大変複雑で、難解です。専門用語の乱立もあり、一般の方はまず理解することは不可能でしょう。といっても専門家自体も・・・ここは断言させて頂きますが、『肌感覚』で全く理解してない中で小難しく知識を知識でカバーしながら研究しているのがこの学問です。

そもそも気というもの全てを人類科学がどれだけ進歩しても、定量化し、性質を解明しきれるとは思えません。従いまして、現代では開運と名がつくもの全てに対して言えますが、正当性を訴える論あれど、詰まるところニアピン論でしかないことをご理解の上、包括的な見方でとらえて頂きたいとも思います。

だからこそ、提供側(占い師・風水師)は実直に誠実に自分の信じる占法や開運法に向き合って頂きたいし、素直な解釈を求めたいところです。

そういう面では、まず難解過ぎるというのはどうなんでしょう。ここで言う難解とは、意味が違いまして、学問の世界は、どの学術論文も確かに素人から見れば難解でございます。しかし、そこに携わる人ら(学生、専門家)にとっては、その学術論文が辻褄が合うか、合わないかの判断が一応出来る。とした前提がありながらの難解と、奇門遁甲の原理と求め方そのものに、辻褄が合う、合わないの基準となる対象がないということもあり、難解である。とは、異質です。

この計算式で、このやり方で吉凶定む。これで気を取れると言われれば、それまででして、原理を検証する原理がありません。

あるとするなら、二つです。

1⃣人知を超えて、気を観れる、感じることが出来る人に託す。

2⃣統計的にあらゆる立場の、特に庶民の方達で数十、数百人規模で、半年、一年単位で実施検証する。

ではないかと思います。


しかしながら、現状だけでも問題提起として、質問したい点は山ほどございますが、先程も申し上げましたが、原理をつく原理がないということで、開運という本質的な概念論に則っているかどうか?が要の議論になりましょう。余談ですが、最近話題のスタップ細胞同様、原理は言い分なわけで、言い分が通る通らないは、最後は追試、検証のみ。開運法も出来れば、1⃣を有する良識人が2⃣の第三者機関を設けて、誠実に追試、検証すべきとも思います。

さて、奇門遁甲は、言わずと知れた古代中国の兵法、戦術として活用された方位術でございます。どこまでも、そのものに対するテーマや含蓄する概念に忠実に。となると、方位学は方位学としても結構ですが、開運という評価は妥当かどうかを議論したいところです。

兵法、戦術。

ここの始まりにつきるわけです。線が鋭い感触はどうしても付きまといます。開運法の本質とは円状。丸み、和の感触と具体的な手法も丸みがいります。まずこの感触から始まりたい。

また、地の利を単純に求めた上での設計(八門)とは、どうしても思えないのです。そもそも地の利の評価は再三にわたり和泉堂は訴えてきておりますが、そのあたりのニュアンスも掴んで頂きながらの展開です。大規模(テーブルマジックとイリュージョンマジックの差)な遁甲術としての確立も目指したわけですから、どこまでも戦術的な知恵や法則を取り入れたと思います。自然の力を純粋に求めるならば、その頃既にあった風水の原理を採用したはずです。論文ブームがあったとは言え、風水の原理を全て無視したとは考えにくいと思いますが、独自の学問を打ちたてたいとした学者連中のエゴイズムは多分にある作品でしょう。気を観、気を感じ、真理を見通す力がある人が作ったならば、このような足し算を複雑に重ねに重ねた網目構造の今の形にはなってなかったとも思います。

話は戻り、どこまでも地の利と人の知恵を足したものであるならば、やはり、やり方、取り方が鋭い線的である。を百歩譲っても、開運という定義と言いますか、限定条件を定めることは必要な気がします。

それは、お分かりの通り、これは戦術で遁術である。ということから、個よりも軍、群衆における活用設計です。もっと言えば、本来は陽動作戦でもあるから、誰かが囮に、犠牲になることもあって、勝利です。群を対象にと言っても本質を突いた使い方は出来るのか?とも思ってしまいます。また、大軍対大軍の生きるか死ぬか、勝つか負けるかが戦術であります。これを例え厳しい社会と言っても、この日本で、片田舎で、日常的で使うとなると、時代背景や風土や空気感に違和感を感じるのは私だけでしょうか?

1⃣奇門遁甲は戦争専門。
2⃣個人より群。群より軍単位。

従って、あえて効果を求めるならば、個人の吉方位旅行やら、引っ越しがどうより、集団、または組織を複数有する会社が、まず目的が明確にあって、特には社運がかかる事業とか。において総力戦で立ち向かう場合において、『秩序、統率を保つ』ことに関しては一定の評価はしたい。けれども、これは開運ではございません。ここははっきりと申し上げたい。勝つか負けるかは、開運の定義に条項に入りますが、この一点張りでしか使えないのは、総じて開運と呼ぶことは出来ません。剛柔、そして中庸あって開運であり、繰り返しますが、概念と構造に円の丸みがあって本質的な開運法です。


と、ここまでは、特に八門遁甲にだけしぼった議論、問題提起でしたが、実際は中国式と日本式は全く異なるやり方でして、細かい『おまけ』を考慮するならば、はい、これが奇門遁甲です。〜〜遁甲です。とははっきりと紹介出来ません。

この『おまけ』が問題であり、結果的に根拠を示せない、扱う側も理解しているようで、理解出来てない曲者です。

挨星法(あいせいほう)は特に有名でして、日本式の代表格でもございます。私は何回見ても、また作り方を見ても、全く根拠を見い出すことが出来ませんでした。

本来は、開運法とはオーダーメイドでなければなりません。それには人知を超えた能力者でなければならない面もございます。

服のサイズでさえ、これだけ存在するのです。Sサイズを着れない人はどうあがいても絶対着れないのです。従って、計算式に当てはめて各方位の象意を算出したところで、そもそもが大変窮屈な博打的な面はあります。また、易経の概念や64卦を取り込んでいて、『あたかも』を装っていますが、これを作った人の思考や徳を問いたくなります。易を立てる、卦を出すとは静ではなく、動です。静に使うのは原理だけであって、方位の吉凶をはかる。方位の象意を求めることを、誰がどのような想いで、何のために。が抜けた中で易の64卦を当てはめて、あたかも象意を貼り付けても、それこそ服のサイズがSのみの店。とか、それこそ服自体ないとは言い過ぎでしょうか・・・。

易を立てると言うのは、儀式的なことも含めて一連の流れをもって、成り立つ。これをもって卦を成すです。太極を取ることも大事な要素であって、サイコロで易を立てる人が多くいますが、それこそ、サイコロでは易は立ちません。易を深く知らないのです。それこそ、この挨星法なるものも、サイコロ易的で、それよりも、上卦、下卦の出し方は言い分でしょうが、概念でも良いですから、腑に落ちる、納得がいく。といった説明が欲しいところです。陰陽五行説と同じように、後からひっつけた。これはこじ付けた感が臭います。十二支はまぁ置いといて、十干についてもしっかり説明出来ますか?私は無理です。暦の付箋的役割、数学的役割としては説明が出来ますが、運勢を観るといった場合やエネルギーを十干に求める解釈や性質があるとしたように求める使い方や、取り出し方をされると、パニックになります。エネルギーや性質、自然との関わりを求めるなら、天動説から地動説は動の関係、干渉においては180度違うわけで、暦を作成するくらいは天動説でも問題ないわけですが、運勢への実数としての干渉を探るならば、調整をしっかり加えているのかどうかも疑わしいわけです。十干そのものについてももっと根拠と理解の幅をつけていかなければなりませんし、強いては五行にも関わる問題提起です。

占い。としてのペーパー的な見方であれば、独自の着眼とやり方で構わないと思いますが、方位学とはニアピン論でおさまると言えど、開運に直接関与するある意味科学的な根拠を軸に持ってる感触がいります。八門の価値は先程述べましたが、ぱっと見は方位学の感触はするわけで、しかしこれがシンプルなところで大切なわけです。

足し算しすぎ。

これが、現代奇門遁甲の大きな課題であり、逆に本来の味を損ねている要因でしょう。挨星法だけではございません。その他にも気学でも概念として存在する八神、伝統的な奇門遁甲で言えば、九天星。当然、九宮(先天・後天)も計算上、概念としても使う派もあったり、二十四節気の巡りを方位の象意に変換させたり・・etc。

とにかく、手相の線を細かく意味付けするが如くの足し算式で結果、芯がぼやけることになるのが、奇門遁甲の成れの果て。です。まして、そのおまけの原理も根拠がどこにも見当たらない言いっ放しの都合式でもあります。『あたかも』は式として、関係として繋がるように見える、聞こえるからやっかいです。都市伝説の大半がそうでしょう・・。

方位学、開運方位学、造命方位学とは、シンプルにして、掛け算式であります。

複雑にして、足し算式は、世の真理から外れます。偽物は複雑にして、中身0のように、会社で言うところの『粉飾』。人で言うところの『見掛け倒し』。学者肌で言うところの『理論武装』。

が、全て当てはまるわけでして、どれも複雑にして中身0になるわけです。人はどうしても『見かけ』に騙される傾向があります。性善説は大変宜しいのですが、本物はいつの時代も、質素、シンプル、飄々(ひょうひょう)とした空気を出しています。

言われば分かる・・・しかし、どうしても見かけに流されるのは、この占い界、運勢学でも全く同様であります。

単純とシンプルとは違います。この差をよくご理解下さい。

スッと心に通る概念を有するものがシンプルでかつ掛け算式であって、尚且つ本物に近いものです。

複雑はあくまで信用の裏付けに持ってきたい。社長、上司に対する報告書は最初の一ページが結論。後の裏付けデータは読みません。それは過程のボリュームを示すもので、信頼度を高める根拠みたいなものです。しかし、複雑が信用度の裏付けになる場合とならない場合もあることも留意したい。この方位学の問題に近いのが薬事。薬の説明書は見ても理解不能。成分表を見ても理解不能。しかしこの下支えがあって、『〜が直接患部に作用するから風邪に効く、〜の効果が膝関節に効く。』として、確かに長い長い研究と臨床実験を重ねてようやく世に出せるまでになった薬は、命を繋いでくれております。しかしもう一方で、何の根拠もないのに効果を謳う、いわゆる薬事法違反のまがい物や、結果論プラシーボ効果である物は次から次へと出てまいります。これら全て、複雑な根拠を印籠に、あたかも理論を打ち出すわけです。悪気がない場合もあるので一概には言えませんが、思い込み、中には狙ってやる輩もいるので、要注意です。

ならば、どう見極めれば宜しいか?と言うことです。

我々のように人知を超えた見方(無相)が使えたら、正面突破しますが、世間はまだそこまでの市民権を得られてないわけです。薬事に限らず、その他暮らしに関わることは、消費者センターや法律やらで体制が整っていることや、原理を検証する原理を持ってるということで、時が自然と解決してくれます。はじめは騙された!と思うこともありますが、人生はこうゆう経験は付きものとした見方も・・・。

こと方位学においては、先程から申し上げておりますが、原理を検証する原理や、お手本が存在しません。ましてや、物理的に解明出来ない、見えないものを体系化しようとしているわけですから、だからどこまでもニアピン論と。

ただし、皆さんの為に断じて申し上げることがございます。また、断じることでこの業界に蔓延する百害を少しでも排除したいのです。

とにかく、開運法とはシンプルである。単純や複雑は偽物、効果薄しとみて。

ここに尽きますでしょう。

複雑と単純のセット代表が、インテリア的風水です。分かりやすいのではないでしょうか?オシャレや清潔感からもたらされる効果を開運とするのは害になります。

開運ではありません。断じて申し上げます。

財布やらパワーストーン、お札なんかは『単純』な部類に。パワースポットなども含めて単純と。

こう眺めて見ますと、世にある占法、開運法は、殆どが複雑、もしくは単純です。

その中でも時の天才がシンプルに取り出して、シンプルにして掛け算式。シンプルにして造化的。を編み出すわけですが、まぁ極々稀の出来事であって、それもその人のみが自得した、他が真似出来ないコツみたいなもので、ここが悩ましく、残念なところです。

かと言って、このままでは占いや開運法は知らず識らずの百害あって一利なし。誤魔化しの世界が続いていくことになり、特に日本において、劣化、衰退は避けられず、本物の概念や手法は、絶滅危惧種に認定されるようになるでしょう。

この負の流れをどうにかして食い止めなければならないと思っております。

小さな零細企業が大企業に勝る戦いになるわけで、吹けば飛ぶ中で、じわりじわりと勝機、好機をはかっております。

半面、これは闘いの側面はあるわけです。共存をはかれるところと、どちらかが否定され、淘汰される可能性は十分あるからです。けれど、覇権的に進んできたこの業界は悔い改める時期が来ております。今一度、日本を洗濯し候。ではありませんが、正に占い維新の幕末期とも言えるでしょう。圧倒的に幕府側の人口が多いわけですが、吉田松陰氏の草莽崛起のスローガンではございませんが、まさにそういった意味でお声を下さる方のご一報を心よりお待ち申し上げております。

石高も低く、村にもならないほどの小さな村ではありますが、近い将来、幕府と直接渡り合えるほどの力をつけてまいりたいと決意しておりますことを締めの言葉とします。

『たしなみ』は品と作法ありき。

占いを当たる、当たらないで当たる、当ててくれる事を期待しながら、腕を試すように、氷山の一角ないし、何も言わずにお地蔵さん状態で待っているお客さんが近頃、大変多くみられます。


こう言っては何ですが、腕の試しどころが「あまりに幼稚」であると言わざるを得ないケースが殆どです。

「生きる」

というたった一言を骨身に染みるまでの経験や「考え」さえないミーハーさんが大変多くみられます。水鏡庵ブログの占い肯定派、否定派の分別ではございませんが、例えば、男性の方で占い、運勢学そのものを動機は別にして否定の立場をとられてる方は、それなりの知識と見識でとられてる立場ですから、ここのみについて何の不満も反論もございません。

ただ、占い肯定派の立場でありながら、本人は全く悪気もなく、無知の代償さえ考えも及ばずやればやるだけ先細っていくミーハーさんが不憫で仕方がありません。

「結局、参考にしない」

「参考にする仕方が分からない」

こうゆう人らは、あれこれ占い梯子で、ネットを含め何軒もまわる習性があります。だから、答えもバラバラで、結局参考にしない。それとリアルな話ですが、好き、嫌い、好き、嫌い。好きを多く得る、得たい、本人の帳尻合わせで無数に、多数に占いを受け、または見て、自分よがりの答えにまとめるわけです。よく言うところの「占いは良いことしか信じない」も、やや似た実情です。ここにも、当たる当たらないだけの価値観のみが基準になってる所以であります。また自分自身でさえ、聞きたいことの本質をとらえられてない、または、非常に浅い質問。これでは、どんなに腕が良い占い師でも指針示せず、小学生に道徳を教える先生のような、前提論、概念論に終始するしかないわけです。それで、開口一番で「当たらなかった」「何か説教された」「的が外れた話だった」です。

正に参考の仕方が分からない典型の例です。

ムードたっぷりのBARへ行って、ホスト・ホステスがついてくれなかった。カラオケがなかった。会話をあまりしてくれなかった。

と、平気な顔をして言いふらしているようなものです。

若いうちは仕方ありません。知らないことのは時に罪。無知は罪であることの経験の片鱗重ね、次第に大人になっていくわけですが、最近の大人の無知蒙昧ぶりは、笑い事では済まされないほどです。

何も占い業界に限ったことではありません。

しかし、人格と教養が人並みに出来てる人は、ある種の本物を、本質をとらえられるようになっており、どんな分野でも、それこそ人並み以上の振る舞いや解釈が出来ています。

とどのつまり、本性をさらけ出してしまえば、

「所詮占いだから」

を、言い訳のように内心見下してるのであれば、電子占いや、雑誌の巻末占いや、癒し系占いや、オカルト占いのみに、そのミーハー精神や、無知ぶりをいかんなく、恥じることなく発揮されたし。

「我々のような指南業を志す占い師には、どうやっても噛み合うことはありません。」

一昔前に、諸先輩方に飲み屋のしきたりをきつく教えられたものです。

クラブやラウンジといった飲み屋さんには、どんな職業をしていてもスーツを着用するのが礼儀。また、無粋な言動は控えて。とかです。若い頃は、何でこちらがお金を払うわけなのに、こちらがお店に合わせることをしないといけないの?というか、全く楽しくない!と思っていたのも本心でした。しかし、社交界でも同様に、それなりにレベルが高いところには、必ずそこに品があり、作法があって、そこも全てひっくるめて、『大人のたしなみ』であると。また、それでなければ、楽しさや学びが心に入らないことも知るようになったのは、もう随分時が経ってからでした。

A級には、A級の構えを持つ。

ごくごく当たり前の意識であって、犯し難い原理原則でもあります。

ですから、話は戻り、占いとは本来は大変高尚なものであって、扱う側も相当な覚悟がいる職業なのです。相談内容自体の質やボリュームを問う意味での高尚ではありません。

お客様は運勢を預け、占い師は運勢を観させて頂く。

何気ない一文ですが、よくよく考えてみると、とても『尊い』ことなんです。

運勢を預けて頂くということは、お命を預けて頂くようなものです。それを受けて、私らは、何とお返し致しましょう。生半可なものは出せるはずもない。命には命懸けの迫力がこもった指南になりましょう。

ここの覚悟と姿勢がない人、それだけの腕に自信がない人は、どうぞ看板をおろして下さい。自分もお客様も不幸にします。

申し上げたいことはですね、これだけの迫力が占いには本来あるべきで、実際はあるんです。指南が命を救うのです。指南が開運に繋がるのです。あなたらしく生きるに必要なのは指南しか存在しないのです。

そして、誰もが一人では育ってきたわけでなく、生かされていることをお忘れなく。

自力には絶え間ぬ努力を。

他力には絶え間ぬ感謝を。


我々の指南業は、また特別な位置にいることも確かであります。自力他力で測れぬ存在でもありましょう。感謝をされたいが為に生業をしているわけではありません。お金も頂戴して、それに加えて感謝まで求めるような下劣な職業でもございません。

全ては、お役に立てるか立てないかの真剣勝負。

裏を返せば、『お役に立ちたい』のです。

だからこそ、それなりの気構えとルールや常識を持ってお越しを願いたいと思っております。

何も難しいことは申し上げておりませぬ。

第一報はひとまず・・開口一番のご相談事は、程良い緊張感と真剣味で承ります。ご信用賜れば、当方は真摯に、そして真剣に観、剛柔併せてご指南申し上げます。説教じみた事もございますが、全てはお客様のための化身の姿。どうか、まずはお心をお緩めになって、私にお付き合い頂き、お帰りになられる頃には必ずやお心が締まるように常日頃からの精進を欠かさぬようしてまいります。


堅苦しい文章ですが、これは空気感みたいなものです。まずは指南業とは?占いの本流とは?を感じて頂くところからで幸いです。

普段から私はこの気構えよ。という方には見苦しいブログですみません。最近多くなりましたと言っても、度の問題もございます。あくまでこのブログに登場するタイプは、余程の意味で解釈して下さい。

また、決してミーハーの人を直接批判しているわけではなくて、ミーハーそのもの対する問題提起のような内容ととらえて頂きましたら幸いです。

四柱推命(占星術系)の限界点。

『流れを見る』
『流れを読む』
『流れを造る』

人相においても、手相においても、流年法という生涯の流れをざっと見る見方がございます。〜歳あたりに転機、達成、病など、生涯スケジュールをカレンダーに赤丸をつけるイメージです。これは、概念とすれば、四柱推命、紫微斗数、宿曜術・ホロスコープも当てはまる見方です。

『流れを見る』

と言うことです。

観相家や占星家の腕次第ですが、名人ともなれば、何年何月頃に〜が来そう、ありそう、こうなるをスバスバ当てることも少なくありません。

現に中国でも、日本でも、特に四柱推命や紫微斗数には信頼を寄せてきた歴史はございます。

しかし、ここでよく認識をしておかないとならない本音と建前がありまして、どこまでも流れを見る。だけでありまして、流れ。と言いながら、それは思考や知恵といった人間のクリエーションな要素を完全に抜きとった、静の流れを見ているに過ぎない点です。

当たる当たると評判の切り抜きは一旦棚に上げさせてもらって、実際のところ、断片的な事柄であったり、初めは当たるが、段々とズレが・・当たらなくなってくる。といったケースは大変多くみられます。

この原因は、紛れもなく知恵と思考、加えて感情(理性)の欠け。も一つ言えば、運の有無も。

けれど、四柱推命は運気が分かるのでは?と思われるでしょうが、これも認識の差が出まして、今年は良いとか悪いとかは、舞台の照明みたいなもので、実質的に社会に人に直結してるのは、俳優である本人の運です。照明ピカピカでも本人真っ暗では何にもならない。というわけです。

従って、いくら流れを見たところで、人生は動いている。の動的見方が加わらない限り、ズレが生じるのは当たり前なのです。

命運とは、どちらかと言うとお硬い見方であって、天命とか、宿命的ニュアンスが強い見方を言います。

従いまして、長い人生の中の僅かばかりの固定的なイベント、出来事は断片的に当たることはあります。それでも近似で当たるみたいなもので、言われてみれば・・それに近い事があったなどが殆どではないでしょうか?

その部分だけを切り取り、剥ぎ取り、ハイ、これが貴方の生涯です。と言われて納得しますでしょうか?中には『その通りです。』と即答する人もいます。それは、キツイ言い方をすれば、実に浅い人生、後ろ向きに生きてきた人生、何にもしてこなかった、知恵出さずの人生だったのではないでしょうか?

真剣に生きてない人、生きてこなかった人は、決まってどうでも良いことや、過去に何があったとか、今の環境について『当たる』を重視し、騒ぎ立てます。

人生とは、成長あるのみ。であって、全ては成長とリンクしながら造化、発展していくものです。この感覚、センスは本能的に身に付いているものであります。冷静に見れば、考えれば、四柱推命で当たる、当たらないの住み分けは出来るはずであって、実質上は、ほぼ当たってないことに気付きます。と言うより、当たってるとか当たってないとか二元論の評価でない見方や感想を持つ。が正解かもしれません。

この感性はどこから?

単に無機質に流れを見る。から、流れを読む。という察する力学を生じさせ、その上で、『流れを造る』といった動的な人生観の持ち主だからです。

ならば、単なる統計的な流れは参考にしかならず、また僅かばかりに的中してしまう出来事、イベントは、あくまで、変化、過程のうちの一つ。造化の素材という解釈でおさめることが出来ます。自らに課された課題とか、自分が招いたことですから・・とか、とにかく前向きで、謙虚な解釈です。

前述の運の話に戻りますが、背景、舞台より、演者です。背景、舞台の在り方をいくら観て、分析したところで、どの劇場を選ぶか、選んでしまうかは、自由意思や偶然が殆どです。決まってたが如くに選ばざるを得ない劇場でも、どんな所であったとしても要は自身の振る舞い、役作り、腕次第であります。

従いまして、特にですが、動的生き方や概念を有する人は静的占いをいくら見てもほぼ参考にならないことを念頭に。

静的、無関心、無気力、下品、欲の張った人には、静的占いに過剰に化学反応を起こしやすく、またそれに対する評価も過大になりすぎるこじつけ思考になります。総じて楽しむし、信じきる傾向が強いわけです。こうゆう人には、人生は切り変えられる事が大半ですよ。人が作った統計通りの流れ通り歩む気ですか?と聞きたくなります。

究極を言えば、実践では、現実やどこまでも足元を見た生き方で、そしてその事が真剣勝負であればあるほど四柱推命やその他占星術は、使えるものでも信頼を置けるものでない。と言い切れます。

但し、占い師のパーソナリティが高いならば、ペーパー分析に頼りながらも、また、その占い師自身の能力として動的見方が高いレベルなら、この限りではなく、それこそ生きた鑑定が出来るでしょう。

あくまで静は静の範囲での見方と価値であることを、これは占い師側よりお客さん側がしっかり認識しておく必要と、多少の見る目が要求されます。

もう一つは、世間の悩みや躓きは、些細なことが多いし、一見、他愛もないような選択の連続であったりします。実はこんな庶民的な内容を真剣に向き合うことが現実であって、これが答えれて占い師の腕です。明日どうなる!?どっち!?をどこまでも指南をベースに鋭く観れることが仕事でありますが、ここに対応しうるか、どうか?が四柱推命類の大きな特徴と課題点です。

昔、通ってた塾の講師がよく言っていたことを思い出します。

書きながら、聞きながら、理解しながら。

の三つを同時にせよ。です。

当時は何を無茶なことを言うな・・と思いました。余計に不効率であると・・。

しかし認識が甘かったです。社会は、しながら・・を重ねること、こなすことでした。だからこそ、運も暮らしと常日頃から連動性を保ちながら、どの手も休まず、ぴったりひっつく運作りを。穏やかにみえて、迫力があります。動きの中で微調整しながらも増幅していく、マネージャー的開運法や占法に重きを置くべきでしょう。

Vol,1 として一旦置きます。

オーラ鑑定とは?

一時期に比べ、過熱期は過ぎたように思いますが、今でも至る所で目にする耳にする『オーラ』人体を包むように取り巻く気というのでしょうか、学者によって念体と呼んでみたり、オーラも二層構造だとか、神域を含めると何層にも分かれているなど諸説あります。主に健康状態や性格傾向、思考が色として現れるとしている色彩工学に似た学問であります。この概念は、今に始まったことではなく、何千年も前から人相の気色、血色法といって、色彩とどの部位に現れるかによって、その背景やそれこそ心情まで分析する見方があるように、その応用と言うのか、視点の違いと言えます。

赤なら情熱家や頑固といった一般に知られるような色解釈が基本になります。オーラにも神域層があるとかないとかの話は、人相でも既に神気といって、真心なくして観れるものでもなく、また見ようとして観れるものでもなく、出ない人は出ないものでもあるように、オーラにも当てはまるならば、それは卓越した者しか見極めは出来ないと思います。

ただ、確かに一般に流通しているオーラガイドブックを拝読させてもらい、初級者用と言いますか、オーラの見方を実践しますと、何となくいわゆるオーラらしき色が見えるわけです。私も見聞を広げる為に、自身と他の方も実験体になって頂き、検証したものです。確かにそれらしきものはあるようです。

この訓練を続けていけば、これも人それぞれの視覚領域と感じ方で巷で諸説ある見方のように様々な表現が出来ることは確かなようです。

このオーラと呼称されるものをカテゴリー別で分けてみたいと思います。

問題提起もあいまってですが、オーラとは主に発する気を見ている。という原則があるように思います。人相では、大きく分けて、発するもの。滲み出るもの。察するもの。を『見極めて』更に『察する見方』が出来て超一流とされます。
従いまして、まず大原則として、発するもの。以外に、滲み出るもの、そして、察する見方が可能なものであるのか?という希望的観測を多分に含んだ問題提起です。究極のテーマはオーラで運勢が観れることが可能かどうかの待望論です。

人相でも、過去の情報と言いますか、絞りきった後のガス抜きのような気色を感じることがあります。今を示すものでもなく、いや、今のようで、今でない。例えば、ため息や燃焼しきった後の安堵感交じりの熱気は、今のようで、それは既に過去。今と過去が交じった状態を指して、今を断ずるのは危険です。それに似たことで、オーラも、毎度色が見えますとした場合、このカオスの色味を分別出来ているのか?という問題提起。そして、発する気は、発しているわけで、それ以上、それ以下でもないわけです。正に言い当てたとしても、今元気ですね、やる気ですね、ネガティブですね、冷静ですね。の範疇は超えません。問題は次の滲み出るにかかる問題ですが、人格が高い人ほど、気をあえて発しないわけです。発しない。わけですから、特色で見える・・はいささか・・。この見極めも大事なポイントに。次に滲み出るオーラですが、人相では骨格を観るとも呼びます。表層に現れる気に惑わされ、分析したところで、この方の根幹を成す気、骨格を観なければ、芯をつけません。滲み出る。とは、出てないに等しいわけで、こちらに心がないと、真心がないと、観れるものではありません。本人も知らず識らずのうちに。であってコントロール出来るものでもなくて、正に滲み出るが如くの気であり、オーラと言うのでしょうか・・・。

そして、分かりやすく大きく三つのカテゴリーに分けているだけで、人は複雑怪奇、目まぐるしく世を渡っていくのが人生、現場は簡単に棲み分け、整理出来るものではありません。だからこそ、最後の要の要、だからどう察するか?という見方、感じ方で締めないことには、収集つかず、またお客様の為にならず、強いてはお役に立てないのです。

気は動で見よ。です。化学反応と言うのでしょうか。浮き出てくる、閃くと言うのでしょうか。このどこかで、言葉にならない言葉でお尋ねをしてるか如くの姿勢が加わることで、見えざるを観、察すべきを察することが出来るようになります。先ほどから説明させて頂いております見極めも、これが不思議なもので、ネガティブリストはさらっと流しつつ、結果、足し算的に瞬時に終了している感覚です。

はい、まとまりました。

となります。

話を戻すと、これは希望的観測であり、待望論を求めての問題提起であります。

オーラ鑑定についても、まずこの見極めが学問的にしっかり成されているのか?今後、可能であるのか?ということ。これは、単なる色彩工学では不可能であって、人間学を修めていかなけば本来、なし得ないものです。

また、深くは言及しませんが、人は常日頃から、また見ようとすれば、人体全体に包み込むようにオーラが広範囲に見えるもの。とか、何層にも住み分けられて色味が区別して見える。だとか、歴戦の師匠方に聞いても、また私も思いますが、疑わしく思います。稀に、または選ばれし、とか、時期タイミングが重なった場合のみ、それこそ包まれるような解き放たれた色彩を感じるのではないでしょうか?

大体は、先ほどから申し上げてるように、心身の健康状態、戦闘体制の有無、知らず識らずの気が混沌を極め、また、随所的に揺らぐ、煙、湯気のように見える、感じるとしたものではないかと思います。

毎回、誰でも全開で見えます。と言う人は、過大解釈、誇張した、それこそ見極めなく決めつけた見方で勝手に視力を広げているか、正に選ばれし鑑定士。我々もまだ未知なる可能性を自得されている天才か!?どちらかでしょう。

とは言うものの、古来からオーラ的なものを、局所で参考にする能力者はいたのも事実です。しかしながら、まだまだ厳密な、精密な研究はまだまだ未開拓と呼べるでしょう。易学、人相学でさえ、何千年もかけて、研究がなされ、それでもまだ多くの問題を抱えているわけです。

にも、関わらず神秘性だけが一人歩きし、よがった能力者の言い分をそのままウィキペディアに載せてしまうほど安直に事実化してしまうのは、誤認と進化を妨げるのではないでしょうか?

ちなみにオーラ鑑定は、数千年前の人相創成期にさえまだ及ばず、今、現在の何となくの情報を何となく理解する程度のレベルであると思います。

ここに、運勢学、人間学のエッセンスが多分に加わり、化学反応を起こせるほどの学問的、実践的な発展を願っております。

他の占法、伝統的な能力とは分野が違いますが、これはこれで、別路線で確実に世に浸透していくものであるからこその期待と憂いがあります。

また、人相の原理とも全く関連がない。とも言い切れない部分は残りますので、我々も断定は出来ませんが、希望も残しております。

ですから、オーラ鑑定師やそのお客様も、どうか謙虚にわきまえた上での関わりをお持ち頂きたいとも思う次第でございます。

地域の気候風土に感応した節気及び 【起点・立春】導入の提唱。

地域の気候風土に感応した節気及び 【起点・立春】導入の提唱。

平成25年7月5日 和泉堂 代表 坂上 透

さて、この提唱まで至るそもそものきっかけですが、我々の流派が長年をかけて苦心研究し、実践をもって確立してきた開運方位学の集大成と言うべき「和気修方」を、 日本国内のみならず、国外(世界)への普及を目指し、国外向けの基準作りをしていく過程において発生した問題であり課題を、一つ一つクリアにしていく流れの中で、 あらためて見直したものであり、発見したものであります。 国際基準を作る上で、重要な課題として挙がったのが「年の節入り」「年の起点」でした。

一般的に知られてるのは、日本においては、立春(※実質は2月4日~7日)です。二十四節気で言うところの立春を年の起点とする概念で、古くから親しまれている考え方であり、文化としても生活に密着した風習でもあります。専門的に検証しても、日本においては、 立春が年の起点とすることは確かなようです。中国は、小寒(1月6日頃)を起点とし、 小寒から翌年の小寒までを1年とし、共に西暦が変わっても、日本は2月3日、中国は 1月5日までに生まれた人は、前年の干支をとったり、前年の生まれとして運命を見るようになります。

易や方位学、占星術、全てに付随する暦道に至るまで、東洋は古くから盛んで、世界的にみても、原理や概念は、他の追随は許さないほど高度なものであります。また、考察対象となっている暦の中でも、特に二十四節気を取り入れている国は世界的にみても少なく、主に中国と日本であると言っても過言ではありません。とは言うものの、ここ十数年、グローバル社会になっていくと共に東洋文化、とりわけ占法、開運法は世界中に広まりつつあり、同時に節の概念を取り入れざるを得ないのも確かなわけです。そこで、再度考察に入ったのが、節入りの基準についてでした。まず、中国と日本の差です。日本においても、小寒を支持する流派も存在し、日本は立春で良いという人がいたりと、様々です。繰り返しますが、我々は立春支持です。では、この年の節入りの基準、根拠とはどこから来ているのか?という単純な疑問から始まったのです。古来より、暦道は盛んに研究がされており、古代においては、学問的な研究をする学者と、穴を見ると言われてましたが、人知を超えた見方が出来る風水師(気の流れを読む特別な能力を有した職業)と呼ばれる人とが共に協力し、修正に修正を加えてここまでの学問・理論を作り上げてきたのです。 現代では、科学技術の進歩で、時代と共に有能な風水師が衰退し、今や、その存在を知る者も少なくなりました。

近代になって、小寒起点の論においても、数百人が結集し、過去の書物から統計的なアプローチを重ねに重ね、年の起点は小寒である。と結論を出したという話もあるほどです。不思議なことに我々も中国は、小寒で良いと見えるわけです。そうなると、節分と小寒では1ヶ月ほど違うわけで、運勢学としては大きな差や偏りを生じてしまいます。しかし、中国は中国、日本は日本で良い とする矛盾を抱えたまま数千年もの間、実に曖昧に解釈し、実用的に活用してきた 理論(考え方)なのです。

ここで、話を戻せば和気修方を世界普及する上で、この矛盾と言いますか、この問題の壁を突破することが必須となったわけです。そこで、あらためて見直す。ということを前提に、余計な知識や先入観を捨てて、 「年の起点、節入りの概念は何が基で決められるのか?」を、1、いや0から探っていくことにしたわけです。そして、我々が和気修方と同時に世界普及してまいりたい要の技法「無相」を駆使し、長期の研究において、導きだした結論として出てきたキー ワードが、「風土」「四季」でした。言葉に表すとすれば、「人は、その国、その地域の 風土、四季に感応されるものであり、節分もその地域、国の風土によって決定される ものである。」ということでした。つまり、乱暴な言い方をすれば、定説となっている 二十四節気の割り出し方である太陽の角度(定気法や平気法)は、実質的な見方をするならば、不十分であって、数値的な目安でしかない。ということになります。しかしながら、風土、四季に感応といっても、では、何を根拠に節入り時期を割り出すか?と言われれば、冒頭の話ではありませんが、古代の風水師のように人知を超えた見方になります。

無形の論のように聞こえるかもしれませんが、よく考えてみて 下さい・・・・。農作物も環境が違えば、育ち方もバラバラです。地球は宇宙の産物であり、自然は地球の産物。人は自然の産物でもあります・・・。太陽の恵みは等しく受けな がらも、国、地域によっては四季がない、雨季、乾季しかない、日本と真逆の四季の 巡りの国もあるわけでして、人の感応性もバラバラと考えるのが素直な解釈ではないでしょうか?そうなると、中国と日本とでは、年の節入りに差があることも納得の致すところでございます。

変な例えですが、易の概念で、先天図と後天図があり、天、人、地という概念もあり ます。この場合においては、太陽、月、星々の配置、動きや影響を主とした見方・・先 天図でも天ではなく、自然、風土、地域性を主とした見方・・・後天図や地、人に軸をもって、どこまでも実社会、足元を大切にした考えに立った論でもあります。天人地は、 連動であり、循環でありながら、それぞれの個性は切り離して尊重した時に何かが見えてくるとしたいわけです。また、易教を学べば、誰もが最初に耳にする「四象」 の意味も理解の幅が一段と広くなるのではないでしょうか?学説的な論というよりは、皆様の人間的な感性を信じて、素直に訴えてみたいテーマであります。いずれにしても、我々としては、これを事実としてとらえ、確信しております。ことのことは、未来永劫に繋がる暦の発展、特にこの二十四節気の世界的な普及の一助にもなる新しい概念となるのではないでしょうか。

次にこの「風土感応論」の具体的な仕組みの提唱について、資料を作ってみました ので、ご参照下さい。

◆ 結論
⚫刻の起点 ⇒ +10分程度 時柱(2時間毎)を取る場合、厳密に言えば10分未満は前刻生まれで。実践においては、実質的に然程気にする程度ではない。

⚫日の起点 ⇒ 日の出の時刻頃(※日本は卯の刻頃) 日柱を取る場合は、午前0時から日の出時刻前の生まれは、前日生まれで。

⚫月の起点 ⇒ 自由設定(※日本は75日スパンでも。)

月の起点の価値は、本来、日の積み重ね、日の動き、日々の活動次第。 自然に生じる気の蓄積期間(混沌とした薄・濃気)を目安にする場合もあり。殆どが混沌とした気であり、期間設定は原則自由とする。日、刻を重要視しない場合は、混沌とした薄・濃気を軸とおく。(※要検討) 年、日、刻に比べて、月柱に運勢的な意味付けは薄いとします。

⚫年の起点 ⇒ 気候・風土感応
刻、日、月の起点(柱)に比べて最も重要とする年の起点(柱)。
地域、国別に新暦正月から立春(起点)の前日までの生まれは、前年生まれで。


―――― 感応、順応期―――――

例えば日本人が別地域、または、外国に引っ越した場合、一定の滞在期間を過ぎれ ば、その地域、その国の節入り(起点・立春)に合わした年柱に変更することが求めら れます。気候・風土が違えば、人の基本属性まで変化するということです。

■ 国、地域の気候風土を考慮する運勢学上の意味付け。

書籍冒頭にも無相の序文として述べさせて頂きました「宿命・運命論」にかかってく る見方(提唱)です。例えば、下記をご覧下さい。

1. 天体 【 生命宿命 】 天
2. 風土 【 環境宿命 】 地
3. 人生 【 運命造化 】 人

としたならば、星の動き、位置による運勢学とは、いわゆる生命の宿命を説く学問で あります。そして、今回着目した“風土感応論”の根幹は、環境の宿命について説く学 問にしたいという提唱です。人生は運命造化である・・・という点は、重ね重ね申し上 げておりますのでこの段では割愛しますが、非常に大事な点は、運命造化において、 運勢学上堅実なる過程を歩むならば、生命宿命=生命の秩序、流れを知るという視 点と、環境宿命=自然の秩序、流れを知るという視点の両方があって、最大限の 「開運」に活かせるのではないでしょうか・・・?という提案です。現状の運勢学においては、このあたりが曖昧であり、専門家も星であれば星。思想家風の論者は、いや、 学問を超えて、自然は自然の生き方を。と極端でもあります。ただ、風土感応を運勢学に学問的に表すことが困難であったという側面は否めません。ここで更に突っ込 んだ話をすれば・・・として、下記をご覧下さい。

1. 生命宿命 30%
2. 環境宿命 30%
3. 運命造化 40%

と・・・なりそうです。(※和泉堂見解)持論は持論としての枠を今は超えないと思いますが、この世は全てが連動であり、循環でありながら、そうは言っても、1 つ 1 つの柱を持って、互いに尊重しながら、本質的な循環をさせていくことで、全ては「造化」の ために。本質的な豊かのために。をテーマとして、学問としての確立も求めていきた いとも思いますし、ご賛同賜われる関係機関との共同研究も切願しております。

◼国(首都)別 立春(年の起点)一覧表

※ 本書ではごく一部の立春時期の提案を記載しております。以後、各国、各地域にお ける立春(年の起点)の更なる研究で検証ならびに精度向上を期待したいところです。 ※ 感応・順応期間は、日本人が移住した場合を想定しております。


首都
立春(目安)
感応・順応期間
ーーーーーーーーーーーーーー
日本
東京
2 月4日頃
本土内なら半年程度

日本
北海道
1 月20日頃
本土内なら半年程度

日本
沖縄
3月中旬頃
2年半~3年

中国
北京
1 月6日頃
1年半~2年

中国
香港
2 月上旬
1年半~2年

韓国
ソウル
2 月上旬
1年半~2年

台湾
台北
1 月上旬
1年半~2年

ロシア
モスクワ
1 月20日頃
1年半~2年

シンガポール
11月上旬
2年半~3年

エジプト
カイロ
3月12日頃
1年半~2年

フランス
パリ
10月12日頃
2年半~3年

イタリア
ローマ
2月上旬
1年半~2年

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なお、自主制作本、大人の占い本にて更に付記コラムをつけながら論じております。この提唱は、各データはこれから精査すべき課題はございますが、確信あるものです。この事実が真実ならば東洋占術の全ての根幹を揺るがす事態になろうかと思います。東洋占術が世界に広がれば広がるほど、一刻も早くこの提唱が認められ、スタンダードな認識として確立することを望みます。

なお、この事実は先の未来では必ずスタンダードな情報として活用されるものと思われますが、私らの目の黒いうちに認められないならば、それはそれは長い長い年月がかかるでしょう。我々が千数百年遅れて麻衣相法を改めて掘り起こしたが如く、いずれその時代の異端児が我々の書き記したものを掘り起こしてもらえる日を夢にみることになりますでしょう。

運は発電システム。【モーター発電を例えに】

方位学【風水・吉方位】で「開運する。」とは?【モーター/発電理論】

方位学と言いましても、多種多様、多岐にわたります。

ここでは、大きく住み分けて論じてみたいと思います。

【風水全般】 & 【恵方まわり/お水取り】 & (余談:奇門遁甲)

表題に書いております【モーター/発電理論】とは、モーターとは、周知の通り、原動機です。そしてこのモーターを利用して、発電も出来ることも周知でございます。モーターを裏返せば、発電機、発電機を裏返せばモーターということになります。しかし、モーターに発電システムを組み込まなければ発電は出来ないわけです。車も自動車も自転車(ライト)もその原理を利用して、発電システムとして複雑から簡易版まで利用されております。

【風水】は、以前のコラムにも記載しておりますので、詳しく説明は割愛致しますが、モーターという側面はありますが、裏返しの発電という側面とは切り離したシステムになっております。刹那的という概念は、この表現の裏付けにもなっております。何故か?端的に言えば、家相は方位に「距離を有さない」ということです。どれだけ補助的な秘策、秘術を施しても、このモーターと発電の理論のセットにはならないということです。「発電」とは「運」です。

「発電」=「運」

とは言うものの、モーターはモーター役割は明確にあるわけで・・そして、風水は、以前のコラムにも記載しておりますが、施したその時、その瞬間は、パチっと発電致します。その発電量は微々たるもので、その風水術の程度によります。しかし、暫定的と言いますか、使い捨ての発電システムですので、以後、発電し続けるか?どうか?という疑問においては、はっきりと言いますが、風水限定においては、発電し続けません。

「風水」はいくら極めても発電し続けることは出来ません。

次に、気学で言うところの、「恵方、お水取り、吉方位まわり」です。いわゆる「距離を有した開運・方位術」ですが・・、これも以前のコラムに書いておりますように、論理破綻した学問です。しかし、稀に偶然に条件が重なれば吉方位は踏めることもあります。さらに稀にその偶然が続いたとしても断続的であるということです。そして、モーター、発電理論で言うと、見せかけの発電システムは組んでいるにも関わらず、稀に発電もしますが、次の恵方まわりの日、お水取りの日には、前回の発電で一瞬貯まった電気【運】が「あれ・・ない・・・」ということがあります。これは、発電システムは組んでも、その発電操作に誤りがあるということに他なりません。

「恵方、吉方位まわり」は、発電操作、発電の仕方に問題あり。

では、以上のことから、モーター、発電のシステムと、その操作が明確なものは何でしょうか?

それは、結論から申し上げますと・・・・

日の方位を、日の距離を有した吉方位まわりを程良く行うことです。(※ホームページコラムでは継続的と申しておりました。)

そして、その補助(スーパーサブ)として刻とその日の方角が出てきます。

要するに、発電し続けるかどうかが問題なわけです。発電し続けるということは、電気が貯まっていくということ・・・言葉を変えれば「運」が貯まり続けるかどうか?が、開運には、本来の本物の開運には最も大事な必須条件でもあります。

「発電し続けるシステムの唯一の方法は方角と日と刻を適度に追っていくこと。」

そして、この発電し続ける、発電システムは、さらに文学的に言葉を変えれば・・

発電し続けるということは・・・ 川の流れに見るような・・「 流れ 」を作るということです。

「運」は”はこぶ”と書きます。「運」は「流れ」無くして本来の「開運」はしません。「開運」には、この「流れ」をどうつくるか?前提に「流れ」を作るという概念が必須です。

「流れ」は循環です。「流れ」は円運動です。

さて、この「流れ」を念頭においた時、「風水」の特に陽宅「家相」に限定してみますと、この「流れ」に準じた概念があるのか・・・?ご想像下さい。

そして、恵方、お水取りにおいても、断続的な振る舞いからしてみますと、「流れ」に属した概念があるのか・・・?ご想像下さい。

「 流れ 」の概念。「円」の概念があって、本来の「運」、本当の「開運」に。

また、余談では、ありますが、奇門遁甲の時盤を利用した、日の吉方位まわりもございますが、

これについては、奇門遁甲コラムと、次回のコラムで合わせてご感想下さいませ。「流れ」の概念と「円」の概念があって、完成です。「円運動」の概念というよりも、「線」そして、「鋭い線」という概念のような感じがあります・・・ね・・・。

「奇門遁甲の日の吉方位まわりは 線・・「鋭い線」の概念が・・・」

以上、少々、断定的な物言いではありますが、今回は、お伺いを立てるコラムではなくて、次回のコラムに向けて、拍車をかける意味において書き綴りました。何卒、ご寛容のほど宜しくお願いいたします。

お散歩Blog①【高次元、あの世、霊界の思考実験】

堅苦しい牙向きだしの内容ばかりですから、たまに透のお散歩Blogとして、他愛ない内容でちょっとゆとりを。

◆ 思考実験。

高次元。いわゆるあの世とは?


既に物理学では、ひも理論から膜理論が市民権を得ています。理論上立証されてる最新のものは、(実証されれば、ノーベル賞でしょう。)我々の3次元(+時間の4次元)は、5次元に組み込まれた次元であり、世界である、と。


ここで、では、2次元、1次元は?となると、我々の次元に組み込まれているわけです。

2次元は平面なわけですが、この2次元の平面と我々3次元との差は何でしょう?

シンプルに申し上げれば、「高さ」であります。


我々の世界は、立体であるから、3次元と表現されるわけです。


では、ここで浅はかな思考実験ですが、2次元には、本当に高さはないのか?

という提議です。


高さが0であれば、百億、一兆重ねても、掛ける0は、0です。

となると、2次元は、3次元の世界では、無限に存在するわけです。


話は飛びますが、我々の3次元で、2次元とは一体何なのか?ということですが?皆さん考えられた事はありますでしょうか?

私なりに文学的に申し上げれば、以下になります。


① 3次元の概念である。

② 3次元の材料である。

③ 3次元の表現である。


①は、単純に、立体は平面の積み重ねであります。

②は、①が故に3次元の造形物の材料とも言えます。

③は、古くは、書物。我々は、全ての表現を平面的に表現してきました。※テレビやゲームも。


無理筋はご寛容をお願いします。


と、話を戻せば、2次元は高さが存在するのか、しないのか?ですが、私は、存在すると思います。


どの次元にも「次の次元の片鱗」はあるはずです。

「組み込まれてある」という定義に反するからです。

大半の2次元の人々は、高さがあることの認識は皆無であっても、高さを知る術はある。ということです。
こうなると、2次元世界は、無限であるか?という論は、表現が変わります。

3次元が無限、有限に関わる。となります。


もう1つの見方で言えば、人間1人を定量として、限りなく厚み0のぺちゃんこにした状態で、3次元の厚みまでもっていこうとするなら、天文学的な積み重ね数になるでしょうが、有限と言えば有限でしょう。

しかし、3次元の視力は、3次元であり、人は人であり、2次元が幾重にも重なっていようが、いまいが、支障はなく、物理法則にも何ら支障がないわけです。

では、我々の上の次元とは、どんな世界なのか?ですが、冒頭にも申し上げましたが、3次元と2次元との差は?非常にシンプルに申し上げれば、「高さ」と表現しました。

では、このように3次元と高次元(次の次元)と言われる次元との差は?


という提議は如何でしょうか?

シンプルに、何か一言で表される言葉があるように思います。


そして、その差の片鱗も、3次元、2次元の理屈で言えば、この世界でも感知、知ることが出来るはずではないでしょうか?


私は、占い業界の専門ですが、その範囲で見る世界や、思考実験を踏まえますと、あるシンプルな答えにたどり着きました。最初は、過現物理学の大テーマ「4つの力」の統合のいずれかの力の軸であるのか?とかからの考察も致しました。が、私は物理学の専門でないので、限界がありますし、根拠を説明出来る知識もありません。従って、これも、シンプルな見方で、追及した結果・・


「光」ではないかと。


光の高さ的なことではないかと。


光は、今、分かっている性質を遥かに超えた分野があるように思います。

光そのものなのか、重力やまだ知られていない粒子との関わり合いなのかは、分かりませんが、「光」の高さ、「光」の性質の差が、3次元と高次元の差とも言えるような気がします。

「波長」という表現、「周波数」という表現に変換出来るかもしれません。


1つ、体験として確信しているのは、光の速度(30万キロメートル/秒)を超えた存在(光的な存在)はある。という事です。

実際、早いのか遅いのか。そう感じてしまうのか・・?は不明ですが、間違いない感覚です。

これが、いわゆる片鱗ならば、包括して「光」の差と表現したいわけです。

我々が世界中に広めたい無相という技術は、設定次第で、森羅万象のあらゆる事柄が、雲のような、光のような・・もので、光の速度を超えて表現され、お答えとして返ってきます。一般的に、古くは、透視的、凝縮した見方であれば、色や映像、声なども・・


そうなると、高次元から見た場合、3次元は、こうなります。


① 高次元の概念である。

② 高次元の材料である。

③ 高次元の表現である。

3次元から見た、2次元解釈同様にとらえてみれば・・何か不思議と納得してしまいます。


全ては、繋がっており、同一であり、組み込まれてある存在ならば、あの世がどうとか、この世がどうとか、分けた考えは、この世(3次元)の理屈であるようにも思います。

2次元について、我々は、どう考えているか?と同様です。

存在を独立的や、固有には考えないわけです。


パラレルワールド、並行世界も妙に納得も出来ます。

3次元は、高次元の表現でもあるとしたならば、それも嫌に納得も出来ます。


そして、何次元まで存在するか分かりませんが、今、我々が察知出来る次元は、限られている。ということです。片鱗の範囲を広げた次元までです。


科学と人間の進歩により、ひょっとしたら、次元が自ずと上がるかもしれません。また、段々と上がっているかもしれません。

また次の時代には、更に上の次元の解析(感知)することも可能でしょう。


そう考えたら、「死んだらどうなる?」


は、全く愚問であります。

「生(生きる)の形が変わる」という事であり、次元の違う生き方をするまでです。従って、3次元の私は、死んだら終わりです。それまでです。真意は分かりませんが、次元が高い、低い関係なく、永遠なる変化と進化は、課せられた宿命のようです。そして、繋がり、組み込まれてある、としたならば、3次元の質が4次元に、5次元にも、どちらともなく、影響しあっているようにも思います。
ですから、個人においても、また地球そのものにおいても、今ここの質を上げることや、進化し続けることが求められるわけです。

3次元、この世がどうのこうのと言う理屈ではなく、連動であり、同一でもあり、しかし、高次元が編纂出来る範囲もあるわけです。
と、結論から言えば、神の国があったとしても、今の寿命を、3次元の生き方を全うし、質を少しでも上げることに集中することに変わりはないわけです。


ただ、進化あるのみなわけです。


全ての次元は関わり合いながら、切磋琢磨に進化の過程を同時に歩んでいる。とも言えます。


思考実験の末、思うのは、宗教や思想を超えて、また少し次元の高くなった地球、人類の在り方を求めたくなるわけですね。



この論の中で、唯一の不明瞭な点と言えば、「何故、全ての次元は進化をし続けるのか?し続ける法則を持っているのか?」

は、分かりません。


これは、今の次元では、察知出来ないでしょう。

死んで、次元が変わっても、ひょっとしたら分からないかもしれません。

神(全次元、全宇宙そのもの)さえも、理屈上、この法則に則っていると考えてしまうので、神さえも分からないのでは?と思ってしまいそうです。


しかし、この進化の法則は、二百%事実です。

ですから、まぁ、それは、それとして、義務教育のように平然と捉えて、今ここを、生きるようにしています。

奇門遁甲の歴史【煙波釣叟歌】と現代開運・方位学会の課題。

奇門遁甲の歴史【煙波釣叟歌】と現代開運・方位学会の課題。

日本に奇門遁甲が伝来されたとするのは、約1400年ほど前かと思います。そのくだりは日本書紀にも記されているようです。

この時に、貢られた遁甲方術の書とは【煙波釣叟歌】という奇門遁甲の原書といわれるもので、詩の形式で書かれていたそうです。内容は理論的に矛盾だらけで、ひどく複雑難解だったため、これを学んだ者は、改良を重ねに重ね、簡単に吉凶を占う方法を見つけました。そして、これが日本における気学の祖でもあります。
しかし・・驚くべき事実が・・それは、奇門遁甲の原書「煙波釣叟歌(えんぱちょうそうか)」自体が偽りの書であるということです。

おそらく、この「煙波釣叟歌」に関わった全ての者は、この事実に毛ほども気がついてなかったと思います。全ての人が、この書を永遠の栄達を手に入れる秘書として大切に扱い、かつ解読したに違いありません。

要するに、ほとんどの奇門遁甲と呼ばれる流派は、全くの偽書を基に作り上げられてきたという事実があります。

それは、真伝の、本物の奇門遁甲の奥義は、いつの時代も口伝によって受け継がれるものです。その漏洩を防ぐために、暦、組み方、判断のしかたを変えて、いかにももっともらしい奇門遁甲を作り上げたのです。それが、一般に知られる奇門遁甲の術であり、「煙波釣叟歌」でもあるということです。

日本にも林羅山という高名な儒学者がいました。その「煙波釣叟歌」と当時、諸葛孔明が書いたとされる「奇門遁甲統宗大全」を、ひそかにまとめ上げて、幕府の中枢のほんの数人と一族の者にだけ伝えたとされるものもあります。事実は、諸葛孔明が残した兵法書は、少なくとも八門遁甲の術に関する限り一冊もないというのが事実であり、「奇門遁甲統宗大全」を諸葛孔明の著者と信じている人もいるようですが、全くのデタラメ。まして偽伝の「煙波鈞叟歌」を基にしているのにも関わらず非常に機密として扱われたそうです。以後、幕府が絶えるまで、書に記されることなく、受け継がれ、幕府消滅と共に、この世から消滅したようです。(手掛かりになる書物は明治時代に発見されてはいますが、子孫からの流れで、聞き知ったものをまとめたもの)

ひとまず、日本においての「奇門遁甲」に絞って考えてみますと、この「煙波釣叟歌」が基となって、長い間翻弄されてきたのも事実のようです。
気学においても、編集されることなく、おそらく偽書そのままの内容を取りこんでいるところもありそうな様相です。

では、真伝であり、口伝の奥義(本物)の奇門遁甲は、どの流派、どの方が提唱しているものになるのでしょうか?

それは、著書などで、我こそが真伝、本物、奥義と唱えておれられる先生方、流派の方々もおられれますので、一概には言うことが出来ません。
真伝の根拠もそれぞれです・・・。

しかしながら、奇門遁甲の歴史でさえ、このように、本物、口伝中の口伝、奥義は、一部の者が握り、その漏洩を防ぐために、嘘、偽りの書を世に広め、あたかもこれこそ本物という学者を増やせば、増やすほど、本物の奥義は、守られ、一部の者(権力者)が永遠にその恩恵を受け続けていけるという(覇権)構図は、方位学に限らず、常にあることです。

和泉堂の奥義でもある「八宅盤」「八宅派風水」の原理を利用した・・・「距離を有した開運方位術 和気修方」 においても、ひょっとして、中国4000年の歴史の中で、ごくごく一部の方が利用していたのかもしれませんが・・。それが表舞台に出ることは決してなかったと思います。いずれにしても先代が「日本人独特の物づくり精神の極み」でもあります閃きで始まった発明品ではあります。
この原理は、中国から頂いたわけですが、それを 和気修方 のように実際「方位術」として使っていたことがあるのか、ないのか?は今になっては分かりません。そのヒントになる部分は、五要奇書(八宅明鏡)に記されていた「これから先は塩梅ひとつ」に集約されます。

しかし、方位術に限らず、周知の通り日本は、物づくり大国として、世界でトップを走ってきました。ということを踏まえてみると、方位学においても同じことが言えて自然ではないでしょうか?中国では、ここまで・・・となるものを、日本ならこのあたりまで一気に昇華!という開発力がある方が居て当たり前のような感じさえ受けます。
しかし、現代もこれまでも、日本の方位学会は、結局のところ、中国依存症、台湾依存症、韓国依存症です。中国にお伺いを立てながら、これこそ奥義。という部分も中国からそのままのコピーを持ちだしてきます。

それは、道義的な意味もさることながら、日本人のアイデンティティからしても違うような気がします。日本人は、古来より、漢字を中国から輸入し、それをひらがなに変換し、転換してきました。ひらがなは立派な日本の製品です。それほど、昇華した内容のものが方位学にはありません。

とは言うものの、その中でもオリジナル性を持って、中国式を日本式に、風土な合わせたやり方で、原理は中国本流を活用し、それなりの形をつけて理論を展開している現代の学者、風水師と言われてる方はおられます。それはそれで立派なことです。がしかし、これもそれも最近になってのことです。この15年程度はありませんか?中国が本流で、中国の原理が本物ということを知り、言いはじめたのは・・?

これらの学者は戦後も戦後・・・最近の話です。和泉堂は、大正時代には既に中国の原理が全てで、その中の選りすぐりが「八宅派の原理」であり、21世紀まで見越して、これこそお役に立てる本物の原理である。ということを宣言し、なおかつその「原理」を活用して、先代(和泉堂)独自の、日本独自の形にまで変えて、既に商品化までしておりました。(大正時代です)
それから100年近く経ってなお、表舞台の開運、方位学会の現状は言うまでもありません。

ただ、和泉堂もようやく中国本流が改めて表舞台に出てきたということもあって、我々もここらで口伝公開ということになったのも事実ですが、理論確立から実践期間100年という歴史の重さと、ここ最近の学者の論文とは、追いつこうとも、追いつかない差があることだけは、ぜひご理解頂きたいところでもあります。

前述で申し上げた通り先代が、21世紀を見越した原理は「八宅盤」「八宅派」にあり。と宣言したのは、四柱推命から三式(奇門遁甲、太乙、六壬)やその他、風水の亜流、流行(今で言う玄空派や三元派)など全てを勉強し、真理を探した結果です。それは、紛れもない先見性だったと、今になってその凄味に圧倒されっぱなしではありますが、その裏付け、根拠は、別のコラムなどご覧頂きまして、参考にして下さい。

少々、感情論も入って、聞き苦しいかもしれませんが、「学術タイプ」「根拠が学説が主体」の方々に任せすぎた傾向が強かったために、これだけ日本の方位学会は進化が遅れたし、我々(和泉堂)が世に出ることが遅れたと思っております。
事実、当時(大正時代から戦前、戦後間もない頃)、これだけのこと(和気修方) を著書で出そうものなら、圧力で潰されていました。しかも、著書で口伝を公開してきた方々は、例えばその本が絶版になったとした場合、その後、我が本家のようにその口伝奥義をあたかも自分が開発したように振舞う輩もいます。(宿曜術などもそうです)そういう時代背景やそういうことも懸念してのことでした。
今やインターネットの時代です。

この21世紀に必ずやスタンダード化していくであろう、「印堂」の無相占い と「八宅盤」の原理を利用した「距離を有した方位術 奥義 <和気修方>」 の事実と歴史を公開しておこうと思ったわけです。

それは、前術(盗作)のことも防ぐという意味もありますが、方位学会においても、時代がようやく許容の範囲に入ってきたということも、あいまってです。
開運、方位学、風水学のこれからも、学術的な発展を望みながらも、中国産に依存せず、中国産にそこまでこだわらず、日本式に、いや、日本の商品ですとはっきり言えるようなものを作り上げていくように進むことが本来の日本の望ましい在り方と思っております。

そして、コピーのコピー、一部を切り替えただけの・・・~派、~流からそろそろ脱却して、そろそろ本物とは何か?を方位学会全体が追及していく時代になってほしいと願っております。

そのためにも、繰り返しますが、「中国産、中国産、いやこの中国産が・・・風水奥義で・・・」の執着と過信を薄めていきましょうということです。

(しかし、仕方がありません。中国本流を改めて取りこんできたのが、ここ2、30年程度です)しかも、現在、活躍されている方々も40代~60代です。

ところで・・・日本独自、日本の開発力と豪語しておりますが、過去に九星気学という・・・今でも一般的に認知されております方位学問があります。

ここについては、中国本流の原理や哲学の要が抜け落ちていて、それを埋めるかのように、複雑に付加価値を盛り込んでいます。これは、開発というより、虚偽の開発品です。

あくまで、前述で言うところの「中国産に依存し・・・」というのは、あくまで中国で商品化されている技法であり、原理を否定するものではありません。大原則に、要の原理や法則は曲げたら駄目です。原理は、曲るものでもありませんが、嘘の原理を作るのは開発でも何でもありません。

他の業界の同じくして、他国から原材料(理論含む)を仕入れ開発すると同様に、方位学においても、原理を活かして、どう商品化できるかが日本における開発力です。

未だ、その開発商品化できているものに出会ったことがありません。

風水はあくまで風水レベルですので、この分野がどう発展しようとも、小学生は大学生にならないのと同じで、そこの壁を越えることはできません。

ですので、本来の開運は、何度も申し上げておりますが、「距離を有した方位術」に限ります。その上で、こらからも和泉堂が提唱している和気修方に限らず、例えば四柱推命の原理を応用し、単なる占いから方位学の世界に飛びこむことが出来れば、そこそこの開運、方位学として商品化することが出来そうな気もしないでもありません。それには「開運」「方位学」は“流れ”“円の概念”にあり。を素直に解釈することがヒントでしょう。

また、詳しくは時期を見て、となりますが、前述した奇門遁甲の価値の置き方もしっかり定義付けることも望みたい。価値の置き方とは、開運方位学の定義に当てはまるものなのか?という肝の議論です。造化的開運、微調整、成長を担える原理で方法なのか?という提議。

奇・門・遁・甲の字に宿る意味をもう一度、冷静に。

兵法から発展したものであるという戦術視点を素直に解釈してみると・・・。個にありか?群にありか?活用目的と効果は自ずと限定されるのでは?

忍びは隠。『隠れる』は実体はあるとして評価出来るのか?忍びは吉にも凶にも触れないところで、相手の脇、隙をつく。この上で、人生を包括的に、連動性を持って機能する構造が求められるのが、正しい開運法の定義とすれば、果たして・・・。

と・・ここまでは触れてみたいと思います。(冷汗)

近々、性根を入れて論ずるつもりです。

方位学の発展はこれからが楽しみですが、まずは、和気修方の認知度が上がらないことには・・・ということで、感情論も入りながら、私達も頑張っていきたいと思います。

続きを読む

風水で開運するのか?

我々、和泉堂がお客様より「何か役に立つものはございますか?」と申し出がありましたら、唯一「和気修方」ならございますが・・・と即答させて頂いております。

何かお役に立つもの・・・とは、お客様の意は「開運」。運を上げるに何か良いものはございますか?とお聞きになられているわけです。占法も星の数ほどあれば、開運法も星の数ほどあります。厳密には「勝手に開運と名を付けている品物、行です。」

代表的なものは以下になろうかと存じます。

1.パワーストーン系
2.置物・掛軸系
3.財布など小物系

4.家相・風水
5.恵方まわり、お水取り
6.パワースポット巡り
7.祈祷、まじない

これより、更に流派に分類し、細分化すればまだまだ溢れるほどの表現が出てまいります。

私どもプロの目線で申し上げれば、まず小物系やら置物系、パワーストーン至る「何かを身に付ければ、とか、何かを置けば」的なことで「開運」します。という宣伝はこの業界に薬事法なるものがあるならば、ひっかかるのではないでしょうか。まず前提に「開運」の定義をしっかり認識した上で身の丈にあった目的、効果を謳うことが良識的であると思います。

当方も再三申し上げている開運についての言及でございますが、字の名の通り運が開けると書いて、「開運」であって、道が開ける、事態が好転する、事が成就するなど、人それぞれに、ケースによって様々に当てはめることが出来る大変広義な言葉でもあります。開運と名を付けるならば、まず押さえるべき原則(条件)は、「本当にそのことが直接の原因(起因した)と断言できるのか?」という点でしょう。これが何でもない疑問でありながら、検証できる術を持っている人や検証できる方法は現代は皆無であるということでしょう。

昔から「ゲン担ぎ」や「縁起物」ととらえ、これを持ってから、これをしてから調子が良くなった・・・と入口出口においても「個人の想い」を優先してきたのがこの開運業界の歴史でございます。果たして、このままあやふや(曖昧)な学問で良いのでしょうか?と言うのも、正当な開運法にはしっかりとした概念があり、また概念(理念)に則って効果も絶大にあるものです。従いまして、殆どがまやかしであったり、たまたまであったり、人の努力が大半であったりすることが多くあるわけです。

「いや、それでも良いことがあったから・・・」

と個人の想いを自他共に尊重される方はそれはそれで宜しいとも思いますが、こういうケースでも後が続かない、後で後悔するといった人が多くいることも知って下さい。「気休め」「癒し」に酷評をつけれる立場でも権利もなくて、そのもの(開運法)自体がそれだけの価値であったとしても本人の趣向であれば、誰も責めることは出来ないわけです。しかし、問題はお客様がそれについて過剰な評価をしている、間違った認識を信じ切っている、多大な費用をかけている、それで周りが迷惑がかかっている・・・となると、これは、このままほっておくわけにはいかないわけです。それもこれもメディアから始まり、開運業者、占い師の全く未熟な認識と思い込み、嘘、お金儲けの成れの果てが、現状の混沌とした「浮き足立った状態」になっているのです。

まず、運についてですが、これはホームページ内、ならびに様々なところで公言、主張しておりますのでここで長文にわたり、説明は致しません。ポイントをまとめてみます。

Q 運を上げるためには?

① 人間性(徳)の向上
② 自然力

①については、何をどうやっても欠かすことのできない人の生業みたいなものです。良い人生を、豊かな人生を送りたいと願うならば、人間力を磨く、鍛える、成長することは三度の飯の如く一生のテーマとするわけです。しかしながら、世の中は一歩外へ出れば7人の敵がいると言われるくらい厳しいのが社会です。また人はどこまでも怠慢がある生き物、濁りやすいのも人の性です。両輪があってはじめて車は走るわけで、人間力だけに頼る生き方は時に挫折だけを味わうことにもなりかねません。そこで、出てくるのが自然力、自然を活用した運を作り出す方法です。人の営みは、一人では生きていけるはずもなく、「お陰様で」ここまで育てて頂きました。自力と他力の兼ね合いが人生であるように、運も自力と他力の兼ね合いのバランスで成り立つようになっているようです。ここでご注意頂きたい大事なポイントは、では運とは自然から頂くものなのか、作り出すものなのか?という見方ですが、天人地では天運、地運、人運と分けております。この場合の自然からという立ち位置は、天地の恵みを指します。従いまして、頂くものでもあり、作り出すものでもある。が正解です。しかし、正当な開運、正しい開運の概念に則るとした場合は、和泉堂の立場は天運に重きを置き、地運を重きに置く開運法は、限定付きでとらえております。ですから、「運は作り出す」が正しい表記としたいわけです。天運は実は頂くものではなく、「作り出す」が正しい解釈なのです。反対に地運は「頂くもの」で誤りはないものとします。


Q 自然力の運とは?

① 天運、地運がある。
② 開運に直結するのは天運。
③ 開運に関節的に関わるのは地運。

さて、和泉堂の立場から話を進めると、天運こそが開運に直結するとした場合、この「作り出す」とする意味合いをそのまま開運法(仕組み、やり方、概念)に照らし合わせる必要があります。逆に「頂く」といった意味合いを既存の開運法に照らし合わせすると自ずと優先順位(削除法)が決まってくることが分かります。

まず、置物、掛軸、パワーストーンなどは、提供側の言い分をそのまま採用するとして「そこに宿る気、パワー」を頂くとする定義があるわけです。従いまして、これらは元々小さな単位である上に更に「頂く」とした立場の開運法です。

次に、パワースポット系ですが、これも規模が一見大きくなっただけで迫力がありそうですが、「そこに漂う自然の気を貰う、頂く」場所であって、またそれはど真ん中の地運となります。

祈祷、おまじないですが、これは頂くより、どちらかと言えば「作り出す」的なニュアンスに聞こえますが、これは天運でも地運でもなく、極端に申し上げれば天人地の人に値します。これを運と呼べるかどうかが問題であって、例えば、外科手術は運の意味合いと比喩的に相性が合うのか?という観点です。運は永続的でかつ必要な時に必要なだけ舞い込む、使える、メイン銀行的な存在のようであることが条件、仕組みであるので、その場の治療的回復が運を作った、頂いたという解釈はいささか分野が違うように思います。ヒーリングと言われるものであったり、気功と呼ばれるものも同様です。

次に方位学ですが、これは「作り出す」テーマと「頂く」テーマが混在している分野です。

先に挙げました恵方まわりやお水取りなどは、我々のブログ(水鏡庵ブログ)などでも再三申し上げております気学のカテゴリーに入ります。まず開運法を論ずる前に論理破綻、原理破綻している点をもって、問題外とさせて頂きます。

次に、方位学の中で最もポピュラーでもある風水についてです。一般の方は風水について理解しているようで、理解出来ていないあたりが本音のところではないでしょうか。流派も多数存在し、見方、やり方は様々です。地理から設計する、坐向で設計する、それはそれは何がより正しいか?は素人では分からないと思います。

さて、まず和泉堂としての立場で風水をどうとらえているか?と言いますと、結論から申し上げれば正しい「開運」というには、あまりに距離がある方法であると認識しております。

多種多様の開運法がある中で、繰り返しますが、「自然から作り出す運」であるという概念と「天運こそ開運に直結する運である」という点から言えば、「方位学」を他においてありません。方位学こそが限りなく、もれなく天運に通ずる開運法であるとも思います。風水、風水と言いますが、厳密にいえば方位学の中に風水はあるわけです。

では、なぜ、風水は天運に直結せず、正しい開運と言い切れないのか?という根拠ですが、これは和泉堂のホームページ内コラムでも詳しく掲載しておりますので、そちらをご覧頂きたいのですが、それは「静」か「動」かの差です。方位学とは距離を有してこその方位学であり、運が作り出せるとしている概念を尊重しております。コラム内では運を発電システムに例えておりますが、磁石とコイルの関係にみられるように、動いて、「動」があって電気生ず、運生ずです。風水は台風の目のように動きのないものをつつくわけです。簡単に申し上げれば、人が動いてはじめて運が生じる、作り出せる、そして貯めることが可能になる発電、蓄電システムです。従って、僅かでも家まわり、家の外に方位を求めて、そこに人の活動が加わることで運の方程式は成り立つのであって、「静」は〇に近く、〇にいくら何を掛けても、〇ないし微量なわけです。

従って、簡潔に申し上げれば、風水はどこまでも「静」の開運学であって、天運は生じる事は期待出来ないということです。

風水に価値を見い出すとして、採用すべきは地運であるとは思います。小春日和に窓を開ければ良い風の匂いが入るのと同様に「良い気」が入る。ことはあり得ると思いますが、それは地の気であると・・・また、風水はどちらかと言うと、良い気を取り入れる側面よりも、「悪い気」を入れないという対策としてより力を発揮するようにも思います。

「清潔感」を保つことは、開運に間接的に関与するものです。体を綺麗にすること、トイレを掃除するといった悪鬼(悪気)を貯めないことは大変重要な心構えであります。

加えて、良い気も時折風に流れてくるとなると一層に香は増すわけでして、人の魅力も自然と上がるわけです。地の気、地運はそう人の魅力を上げる・・・浄化的作用はあるものと思われます。療養的であるとも言えそうですが、天運とは全く異質なものと、どうぞどらえて頂きたい所存でございます。

天運は資源同様、生成発展、造化には欠かせないものであります。資源なくして製品もなく、資金も生み出すこともできません。

天運(資源)の供給が絶え間なくあって、そして人(技術・人間性)が高まるにつれ質、規模が増し、資産が増えるわけです。天と人の掛け合いによって地(環境・資産)への循環していく流れが実社会における天人地、天運、地運、人運の関係と言えそうです。これはどこまでも実社会は「動」であり、「動」の概念に沿った天人地の役割としております。

産まれながらの・・・とした「静」における天人地、天運、地運、人運と混同するから、風水で開運した、パワースポットで開運した、パワーストーンで開運したなどと、因果関係を棲み分けできないままになっているわけです。

我々は、どこまでも産まれた瞬間から「動」の中で育ち、学び、前へ進むわけでして、与えられている財産も活かしながらでも、「作り出す」創造(造化)していくという姿勢と概念を大前提に置かずに物事をとらえ、一喜一憂していても、いつの間にか裸の王様になっていることや、資産を食いつぶすことになっていることも。

また、動における天人地、実社会における天人地の前提を踏まずに、運の認識をはき違え、過信しすぎると、自分の努力、自力の可能性さえ気付かず、蓋をしてしまうこともあるわけです。

すなわち、人世、目標に、夢に、現実に勇気と自信を持って進む上で、「自分の成長にピッタリ寄り添う、互換性のない運つくり、開運法を採用すべきと。」

それは、紛れもなく「天運」に直結する原理であり、それは今のところ方位学以外ないわけでして、それも「動」の概念「造化」の概念を有していることが必須条件であるという結論です。なお、方位学の有名なもので「奇門遁甲」がございますが、こちらについてはまた時期を見て論じてみたいと思いますので、今回のコラムでは控えたいと思います。

まとめとしましては、人に開運を施す場合は、その人の器、背景を考慮した上で本来は提案すべきものであって、それからの過程や一連の流れをよく考察した上で結果の検証もすべきであります。何でもかんでも当てはまる、適用するものではない。ということを知って頂きたいです。ここまでの内容を具備し、追求するのは、真剣に開運法を採用するお客様の立場で考え、論じていることを改めてご理解下さい。

既存の開運法で全ての人に適用するといった100%の開運法は存在しません。まして、それが正しい、本質的な開運法と呼べるのかどうか?の問題も大いに含んでいるという事実も。

しかし、天運は不思議なもので、その方が自身の人格を求めるならば100%適用する、作用するものであることも認識としてお持ち下さい。

よって、これからの開運法の棲み分けと歴然たる価値の認識と活用方法の健全化を願うところです。

シータヒーリングを無相で検証しました。

シータヒーリングとは?

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/シータヒーリング

と、詳しくはウィキペディアをご覧下さい。


前々から気になっておりましたので、本日は少し時間を取り、無相をもってシータヒーリングについて価値、在り方を私なりに見てみることにしました。

まず、シータヒーリングの醍醐味、大義とは何でしょう?と素直に見てみると・・


『根本的、根深い問題を解きほぐす、解決するための方法である』

と見えました。

確かに、そのセッションと言うのでしょうか?映像などで拝見しますと、そのようなテーマがありそうです。

そして、余計な知識を入れずに、再度続けてお尋ねしたことは、

(では、このシータヒーリングにおいて、問題があるとすれば、どんな事柄でしょう?)

と、前知識が不足のため、結構、翻訳に時間がかかりました。まずは直訳をし、文書を作り上げ、テーブルに並べて、眺めてみることにしました。

1⃣ これで見通しがついた、つくといった姿勢が問題。

2⃣ 出会いは美醜あって人生で学び、人生の機微は清濁あって励むことである。

と、こんな風な意味合いのメッセージになりそうです。

ここで、不思議に思ったのは、元々、どこか医学的な側面がありながら、またカウンセリングで、それも新しい切り口でのカウンセリング法のようでありながら、何故、それに留まらず、我々の業界の内容まで踏み込むニュアンスがあるのか?という点でした。

要するに、トラウマや心の闇、または潜在的なネガティブ要素をポジティブに切り替える、または根性論に近い概念を持つ。という範疇を超えて、その先の未来の過程や事象まで多大な関与があるということを、『間接的ではなく、直結的に繋げている』要素や主張がある。という裏付けのような問題提起です。

伝統的、かつ古来から慣れ親しんだ言葉で言えば、【因縁】があります。

因があれば、果があって、シータヒーリングはカウンセリングに留まらず、この因縁話まで波及した学問?能力?になっているようです。

ここで、冒頭の無相での二つのメッセージを再度、眺めてみると、こんな風景が浮かんできます。あくまで結果論として、あくまで陥りやすいという警告、警鐘であるとも思いますが・・天が言わんとしていることを平たく申し上げれば、

現実は自力をもって切り開き、成長すべし、他力の意味と住み分けをしっかりした上で他力と。

この上で単刀直入で言えば、

『他力のみに陥りやすい』

と言うことになりましょうか・・!?


思考は現実化する。のナポレオンヒルが確証しておりますように、人格のあり様、情熱の有無、具体的な展望により、我々の業界で言う運勢は見事に切り替わることも否定出来ませんし、それだけではなく、運そのものも総合的な見地でみていく必要がありますが、発する所つまりは人そのものの在り方なわけです。シータヒーリングのヒーラーが言うところのカウンセリングを超えた論に、ここだけの視点で言えば、ここに正解、不正解はございません。

しかし、やはり今回見た無相のメッセージは気になるところです。もし、発する所、人の気持ち次第であって、ヒーリング、カウンセリングの可能性が先の未来、事象に直結的に繋がる画期的な仕組み、人知を超えた構造がある。ならば、このようにリアルなメッセージはないはずなのです。

もしかすると、元々シータヒーリングとは、先程から申し上げていますように、治療的側面が本流であって、また原点であって、時代の流れと共に正しく伝わった部分と尾ひれ背びれが付き、どこか装飾が過ぎて来たのかも?と思っていた矢先・・

ふと、シータヒーリングセッションの映像から聞こえてきた 創造主 というワード。

更に理解に苦しむ、悩ましさを更に助長することになりましたが、即座に反動のように先の無相のメッセージが際立ってきました。

どうも、潜在意識へのアプローチ療法を過大評価しすぎ、θ波領域の可能性や、実際、θ波の再現性も毎回は立証出来てない中で、イメージや理想が先走り、身の丈以上の世界を作り上げてしまった事が原因で、『他力に走りすぎる、どこか依存する、あたかもこれで、全ての見通しがつく』といった錯覚とマインドコントロール状態の人達が増えてしまっているのでは!?

ということで、まとまりました。


カウンセリングとは元々は健常者には不必要であります。下手にすれば、毒にしかなりません。

どうも、原点はカウンセリングであるのに、健常者まで、このシータヒーリングを進んで参加し、施され、そして、幸せの因、豊かさの因、成功の因を、頂いた、セッティング出来た。と錯覚を起こしている人が山ほどいることも分かりました。

そして、調子が悪くなると、この繰り返しです。

この一連の流れ以前に、シータヒーリングと言うならば、毎回、ヒーラーがθ波になってるか、どうかも疑わしいですがね・・・。断定は出来ませんが、殆どが思い込みであると思います。

プラシーボ効果とは言いませんが、錯覚や思い込みでも、やる気やポジティブ感が得られるならば、価値は考えようではありますが、我々の指南業、占い業界にまで足を突っ込んでるヒーラーや、『貴方、それは開運が出来ます。と言ってるような意味合いにとれますよ?』といった運勢にまで言及しているかのような効果を謳ってみたり、占いの延長にヒーラーを繋げてみたりと、お門違いも甚だしいわけで、大変迷惑していると共に、お客さん側に実質的に迷惑がかかっているわけです。

癒し系なのか、治療的なのか、スピリチュアル的なのか、はっきりしないところまで無茶な足し算をこの十数年でしてきた背景がありそうです。

断じて言えることは、

シータヒーリングは、運勢学でも、開運学でもない。まして、指南業となると、足元に及ばないものであることはよくよくご理解と認識を持って頂きたいと思う次第です。シータヒーリングのヒーラーは、実際、どう捉えているか分かりませんが、我々から見て、聞いても、明らかに運命学、運勢学に入り込んだ内容です。

癒し系には癒し系の価値と効果。

治療系にはそれなりの価値と効果。

スピ系はスピ系の世界観で価値を見出して。


少し脱線しますが、天人地の関わり、循環の流れの中で、自らを戒め、万物は陰陽、清濁併せ消滅し、創造しているという絶対的な原理に生かされながら、そしてこれを易でいうところの造化とし、自力と他力の絶妙な掛け合いから学び、成長していく姿が人世。

そして人世は、運に翻弄され、また運に助けられ、いずれ運を生かせる徳を宿すことでもある。

これを、運命と呼び、節目において運勢と区切るわけであります。


最低限、この概念と仕組みを理解し、その上でお客さんとお付き合いをしていく構えと具体的且つ実践的な『指南』と『能力』を有して、はじめてシータヒーリングのお客さんに見通しを付けてあげて頂きたいし、そのお客さんの悠然たる姿勢に根拠が生まれるのではないでしょうか?

もっと鋭く言うと、

因縁、因果律に関わるならば、それだけの正しい知識と腕を持たないと、これは罪です。

シータヒーリングのヒーラーは造化の意味を理解出来ているのでしょうか?

運勢の認識をしっかり持っているのでしょうか?

因果律の仕組みを分かっているのでしょうか?


中には健常者の方に、無理矢理ねじ込むように潜在意識はこうだ!と決めつけるがごとくに掘り起こし、本来、今、必要のない捏造に近い心理と向き合わして、あたかも書き換えたがごとくの錯覚を与える。ことも否定出来ないでしょう。

例え、それがその方の肝だったとしても、次の展開は同じ問題が生じるわけでして、これにより・・・または、創造主にお願いをし・・・で何が得れますのでしょうか?いや、お客様にどう納得してもらえるのでしょうか?この厳しい人生をこれから生き抜いていかなければならぬお客様によくもそんな甘いパフォーマンスを見せられると、ある意味感心です。氏神様にご祈願する方が余程、健全に見えるのは私だけでしょうか?

脅すわけではございません。この世は、人生はもがきながら、ゆれながら、命懸けに、真剣に、懸命に、また自分らしさを見失いながら、また回帰しながらを繰り返すことです。

いえ、いえ私は上記に当てはまりません。と言うなら、それは、元々、裕福である人。か、自分で気付いてないかもしれませんが、世間から外れた考え方、生き方をしてる人、思想家しか考えられません。

果たしてこれが通用しますでしょうか?

国民の大半が通用出来る。と言うならば、私らの活動してることは、一生かけても、世に憚れ、表には出れないでしょうね。


従って、シータヒーリングは、創始者の御心、大義に帰り、医学的な側面をもっとフォーカスし、そこにまだまだ研究する余地は多分にあるように思います。

ぜひ、しっかりとした住み分けと、分野として確立されることを願います。

無相だけで鑑定した事例2

健康についてのご相談です。年齢は、60代のマダム女性。

まず、見方として、ざっくりと見ます。この方のあるべき健康状態と今と3、5年後あたりを比較してみるわけです。

(ん、現状は何か芳しくない気配、先々も上がり調子ではなさそう)

では・・。

ここもざっくりと、今後懸念される場所を特定していきます。頭、首、肩、胸まわり、腹まわり、手、腰、膝、足と順をおって、それで、何か頭あたりのボリュームが弱いと見えました。

(あたま、あたま・・ん、血圧の問題?)

血圧に絞り、高い低いで調べると、高いも低いも・・・。

これは、つまりアンバランス?

で、お客さんにまぁ、他は大丈夫そうですが、血圧どうですか?とお尋ねすれば、

お客さん『!今、薬を飲んでます』

あ、なるほど、落差が激しくないですか?

お客さん『今は低いですが、高くなったり、引くなったり』

だから、頭が見えた。バランスを保つようこれからも気をつけて。と伝えました。

他の場所も決して、良いとは言い難いボリュームでしたが、まずは顕著に現れた頭、血圧についてを。

なら、返す刀で、

お客さん『実は、腎臓が問題で、腎臓はどうでしょう?』

あら、やはり何かあるもんですね、いや、お客さんからの打ち出しがあったら、見やすいです。ちょっと待って下さい・・

と、腎臓は、、と・・・。

んー、今が大分落ちています。完治というのは期待出来ないが、今より悪くなる流れではないようです。

それより、血圧を気にして。

で、後は旦那さんの健康は・・との質問がありましたので、こちらはざっくり、

ん、不思議と年々元気を増すようですね・・

お客さん『そうなんです。元気が取り柄?酒も楽しく飲んで好き勝手やってます。』


なら、気力で今迄来た感じがします。貴女がそんな調子やから、旦那さんには元気でいてもらうように。

と、締めくくりました。

多少、りぐって、時間を掛ければ、腎臓も分かったでしょうが、ざっくり腹回りとしましたので、大きな比較とすれば、頭が優先であることは明白のようです。

無相ならではの、未来予知型のクイック健康診断法です。

電話占い。

全てではありません。

がしかし、業界にいれば、【電話占い】の運営者との関わりもあるわけです。

その一部を紹介します。

よく求人サイトなどで、「電話占い」の占い師募集というコーナーを見ます。そして研修制度もありますが、2週間程度です。しかも、未経験者歓迎・・・とも書いてあるところもあります。占いに興味があるド素人から、研修を経て、晴れて電話占い師デビュー。なんてフランチャイズビジネスのような会社もございます。

考えられません。が、何故、そのようなことが可能なのか・・?ということですが。

ここからは、実際、運営している人に聞いた話です。

まず、「恋愛」「仕事」「人間関係」とカテゴリーを分けます。それと、生年月日を聞くところと聞かないところがありますが、聞かないところは「霊視」を謳い、聞くところは、「神秘的演出 占い」を謳うところが多いですが、分かりやすく、生年月日を聞かないところを目安とします。

そして、質問事項を「恋愛」とした場合、全てのお客様にほぼ同じ鑑定を伝えます。しかも、限定的な事柄も織り交ぜて伝えます。不思議なもので、100人中10人程度がその事例とピタリと当てはまる方だそうです。そのカラクリは、「悩み」があるから「追い詰められている」から・・電話占いまでする人が多く、恋愛についても「悩み」はある程度絞られるわけです。そして、その「悩み」を抱える人の傾向や限定的な事例をあたかも透視のように、霊視のように当てることも可能なわけです。100人中10人であれば、90人は?ということになりますが、それは極論どうでもいいわけです。10人が神がかりの能力の誤魔化しに遭い、その方が常連になるわけです。その10人程度がかなりの利益を上げてくれるわけです。

とは言っても、内、90人が全て外れるわけではありません。ある程度のことは当てはまる人もいるわけで、完全に90人が顧客として省かれるわけではありません。内10人程度がコアな信者的な顧客になるわけです。経営的には、その10人を獲得したいが為のマニュアルなわけです。そして、その10人の事情が分かれば、その後の診断は、ほぼ世間話のような占い形式で十分なわけです。

また、とにかく聞き上手に、とか、カウンセラー能力の引き出しと技能を高めることで、運勢を観るということから遠く離れ、また、お客さんの心理を逆手に取るような指導を受けます。

プロから申し上げれば、我々が奥義とする印堂、無相占いか、本当に透視や霊視が出来なければ、生年月日なしで、電話だけで、ピタリと当てたり、指南が出来るか?ということですが、毎度は出来ません!まして、本物は一握りですので、その信憑性は疑わしいものです。

まして、透視、霊視が本当に出来る人は、電話占いや大掛かりな宣伝、広告は必要ありません。

サイトに、数人、数十人、在籍占い師と記載しておりますが、何故、それほどの在籍が必要かと言いますと、上記のようなマニュアルがあるからです。

そして、お客様が「あれ~当たらないなぁ」となっても、「占い師は相性」ということで、その他の先生を紹介します・・ということもあります。

そして、在籍占い師のプロフィールも色々な占いを記載しておりますが、ありえません。30代の若手で4つ以上の占いを駆使と書いていますが、一つの占いを習得するのに最低、5年~10年かかるとして、4つでは20年です。

そんな方が一つのサイトにゴロゴロいます。

ありえません。

どう考えても、その色が強いサイトには、私がその経営者に聞いたように「電話占い」用のマニュアルがあるようにしか思えないのです。

実際、そのようなマニュアルを行っているという経営者がいたわけで・・・

いや全てとは言いませんが、実際いるわけです。

ということで、ぜひ、皆様も「電話占い」について、よく取扱注意事項を読んでから、依頼されてみては如何でしょうか?

当たる、当たらない。を小難しく解説。

よく目にします・・。キャッチコピーは大切です、また自由でもあります。誇大広告や薬事法のように法律に違反しない限りは、それぞれの主張で構いませんが、我々の業界で特に占いにおいては、「当たる」か「当たらないか」がとても大切にされているキーワードでもございます。



「当たる」とは、何をさして「当たる」のでしょうか?

「当たらぬ」は何をさして「当たらぬ」のでしょうか?


「当たってほしい」は何でしょう?

「当たってほしくない」は何でしょう?

それは、それぞれに想うところであり、”ひとくくり”には出来ないわけですが、「当たる」を越えて、「当たらない」を越えて・・・という極意が占い(指南)にはあります。

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と街易をやっていると「冷やかしもありもって」ですが、前を通り過ぎる時によく言われることがありますが、当たるも八卦、当たらぬも八卦とは、意味をそのまま翻訳すると、占いは当たる場合もあれば、当たらない場合もあるということ。悪い卦が出た時、よく使われる方便みたいなものですが、厳密に申し上げれば、断言できることは、一流の指南に単純に「当たらぬ」はありません。

例えば、普通に「当たらぬ」の場合は、お客様が嘘をついている場合です。

「嘘を見抜けないなら一流の占い師ではないではないか?」と言う方もおられますが、嘘を見抜いたとしても、それはそれの質問のままお応えします。それがその方の運勢です。運命です。程度ですから・・・。嘘を見抜くことが占い師の腕ではございません。

さて、本題に戻せば、「当たる」「当たらぬ」を越えて・・・・という極意は、100%「当たる」の先にある光。「当たらぬ」の先にある光・・・100%「当たる」の道分かれにある光を見て指南するということです。その先の光が具体的に見える場合と光として見える場合はありますが、具体的に分からずとも、何かがあるから光るのです。

「当たる」「当たらぬ」を越えてその先にある光を見ることが指南、占い。



去年の話ですが、あるお客様がご来店頂きまして、その話を紹介したいと思います。A氏「開業したいのですが、いけそうですか?」と。和泉堂「いや、このままの条件、アイデアでは弱いですね・・」A氏「では、こう、こういうアイデア、条件ではいかがですか?」和泉堂「それは良いです。そのままの流れを大切にしてやって下さい。それならば吉です。やってみましょう。」・・・と簡単に書きましたが、実際、この方は、結局一年程度で閉店することになりました。しかし、何故、「難しい局面があって、それでもなお開業を勧めたのか?」と思われるでしょうが、「この方に、今やっても駄目です」と言ったところで、将来必ず何かを起す人だと見えました。やるなら今のうちも一つという判断です。そして成功するかしないかは吉凶の前に才覚。吉凶あれど成功させるのは本人です。が、そういっても占い師の腕に関わることですので、吉凶はしっかりと・・。本人(お客様)からしてみれば、「当たらないではないか!」と思われがちではありますが、この方のこの開業の先に何か光が見えたのです。

そして、この方の才覚の是非もありもって、閉店までの間の懸命な努力と、運の作用もあいまって、別の大きなアイデアが生まれ、その道が大きく開きかけました。そして、そのアイデアは、開業時の規模とは比べようもないほどの大きな、大きな仕事に変わりました。

閉店はしたけれど、大きな借金は抱えたけれども、その一年の経験と、また形をかえて、今まで以上の、それ以上の大きな仕事に形を変えたことは、指南時に見えた、「当たる」の先の光、「当たらぬ」の先の光が「これでしたね・・・」と言うことです。

繰り返しますが・・・

「当たらない」とは何をもって「当たらないのか?」はそれぞれに想うところです。

「当たる」は何をもって「当たる」かはそれぞれに想うところです。

がしかし、「当たる」を越えて、「当たらぬ」を越えて、その先の光を常に見えてこそ占い師、指南業の心得であり、腕です。

ここから見えてくる小さな悟りであり、人生の極意でもありそうですが、「何かを起して(始めて)、例え失敗したと思うようなことがあっても、自暴自棄になったり、途中で諦めたり、世を捨てるようなことがない限り、どんな状況下に置かれようが、道はまた開ける。」ということの方便、裏返しの真理のように思えてきます。

そして、皆様・・占い師に質問する際は、どうぞ、自分に対しても、質問事項においても、しっかり軸や柱をおいて質問なさることをお勧め致します。

軸や柱がある人は、「当たる」「当たらぬ」を越えた光を常に持ちうるものです。

軸や柱を持たぬ人は、「当たる」「当たらぬ」どまりの運勢であり、人生に終わりがちです。

そうです。占いは、「100%当たる」「当たらぬ。」で終わる占い師、またはお客さんは「当たる、当たらぬ。の先の光を見ず。」です。

そして、この「当たる」「当たらぬ」の先の光を見えるのは、やはり印堂、無相を利用した占い、指南に限るでしょう。

四柱推命、紫微斗数、ホロスコープでは100%その先の光までは占えません。また周易、タロットでも難しいです。

真剣勝負であればあるほど、印堂、無相占いが生きてきます。

開業のような大きな決断は、真剣勝負です。

真剣勝負以外は、ざっくりした占い方法でも対応できますが、真剣勝負にはざっくりした占い方法では無理です。「ホロスコープで当たった!」「タロットで良いとされて、今、儲けてます!」も沢山おられるかもしれませんが、今、幸せならばそれは良いことです。しかし、その先の光は、その先の暗闇を一回りして、人生です。開業、事業です。

真剣勝負になればなるほど、5年、10年後の形、光の清濁を、四柱推命や紫微斗数で、周易、タロットで占うことは至難の業です。

5年、10年後の姿がはっきり見えます・・と言う”印堂、無相を使わない普通の方法で占う”占い師は、「嘘」か「とてつもなく腕が良い」かです。繰り返しますが、真剣勝負の場合に限ります。

結婚も真剣勝負ですが、5年後、別れます。や10年後、死別しますなんて言う占いは、沢山聞きますが、その後の姿、光を見ての「別れます」なのか「死別」なのか・・ということです。ただ「別れます」だから結婚はやめて下さい。「死別」なので、それでも良いなら結婚して下さい。「相性が悪い」ので結婚は・・・。

これでは、ただの占いです。相性悪くても、別れる・・が目に見えていても、「結婚して下さい」と指南する場合は、沢山あります。

何故か?印堂で、無相で、そう応えてくれるからです。その結婚に、その先に、何かあるからでしょう。何か潜んでいるからでしょう。

そして、全てに言えることは、占いは一言で言えば、開運です。運が開いていかない指南や占いは下の下。占いとは言えません。開運こそ占いの醍醐味でもあります。

ですので、その占いが「当たった」場合は、運がある、ツキがあったも正解です。

「当たらなかった」場合は、運がない、ツキがなかったも正解です。

占いは開運である。開運は運が必要です。占いの前に「運」をもっとよく知って・・。

そして、その先、後が大事であることは記述の通りですが、出来るだけ、その後、先の手前で全てを学べるように、大成出来るように、運について、運の大切さを、「当たる」占い師を探す前に、「当たる」「当たらぬ」を評価する前に、それだけの意識があるならば、「運」についてよく理解した上で、その上で記述の通り、出来れば「当たる」「当たらぬ」の意味合いも自分なりに理解して・・・・占い師へ。占い館へ、占いサイトへ・・と強く思う今日この頃です。

無料占い、電話占い、占いサイト。

『無料占いします』と星の数ほどある占いサイトの無料サービスコンテンツです。生年月日を打ち込み(中には生まれた時間まで)、運営者への送信もしくは自動的に占い結果が出てくる仕組みです。

これは、主にはアクセス数アップ、いわゆるサイトへの訪問者数の向上と恒常アクセスを狙ったものが殆どです。

この類の機能を有したサイトで、レベルが高いと思えるところは皆無ですが、極々一部そこそこのレベルの高い作りこみをしているサイトはございます。但し、レベルが高いと申しましても、作り込みが念入りという面を評価しているに過ぎませんが、比較の基準として、一部ご紹介しておきたいと思います。Ikunda(本格四柱推命)のサイト内の無料易占いです。
三八四卦で占う易占いを無料で -本格派易占い[周易占]
占いとはそもそも、一対一で対話があって初めて成り立つものです。質問があって初めて指南になります。質問がないのに、占いとは到底言えません。本日の恋愛運、仕事運、健康運・・。性格(傾向)判断については、そこらへんの雑誌を見れば書いてあることです。表現(文言演出)が違うだけで殆ど変わりません。そして、繰り返しますが、「質問をして、質問があって、初めて占う体制に入り、信憑性のある占い(指南)の結果に繋がっていくのであります。」
そもそも、何故このようなコラムを書いておりますかと言いますと、和泉堂の最も最初にあった活動の動機である「占い業界への憂い」です。
「占い業界への憂い」
占い師のレベルの低下は、以前のコラムに書いてありますが、要点としては、本を5冊程度読んだくらいで占い師を名乗っていたり、最近、簡易的に誰でもクイックで占えるように四柱推命にしても紫微斗数、ホロスコープが書籍で出回るようになりました。やる気になれば2日~3日で占い方法を覚えられることもあって人気ですが、そのレベルで、占い師を名乗っている方も沢山います。その最も底辺にあるのが、無料占いシステムです。

「占い」という言葉を使わなければ、ここまで言及しませんが、「占い」という言葉を使っている以上、追及せざるをえません。

ただでさえ、占いレベルが低くなっているのを、更に助長するレベルの低いものが蔓延しているわけです。

無料ということもあり、ついついやってしまうことも否めないです。そして、そこまで真剣に捉えていないこともあるでしょうが、知らず知らずのうちに、クイック占い、占いの質、占いって?ということが住み分けもなく曲って認識してしまうようになっていきます。

占いは気軽に聞いても構わないのですが、『軽い』ものではありません。「気軽」と『軽い』は全く違います。要するに、こういったレベルの低いものが蔓延してしまうと、そのものの内質も外質も『軽い』に変質してしまうのです。そして、またどこか神秘的に演出したり、装飾豊かに演出したりと、『軽さ』「レベルの低さ」を誤魔化すかのようなサイトも多くみます。

これも、レベルの低下が招いた作用です。

占いブームは結構なことですが、スピリチュアルブームも結構なことですが、内容がどこにあるか、どのレベルで主張があるか?どのレベルで哲学を展開しているか?そういったところが一番大切であって、「人間の欲を突くようなキーワードを散りばめているだけ」のところに、はたして芯が、内容があるでしょうか?広告は結構なことですが、せめてサイトを運営しているのであれば、それなりの哲学や教養は書けるはずですが、隅から隅まで、栄光の軌跡と、欲を突くキャッチフレーズだけです。
その一部に本題の無料占いです。

まとめてみますと・・・
神秘的、エレガント演出 + 栄光の軌跡と欲を突くキャッチフレーズ + 『無料占い』
この三つ巴のサイト・・・今の主流と言えるサイト構成です。
次の機会に電話占いについてのブログ として、電話占いについて言及したいと思っておりますが、現在の占いサイトは、素人同然の集団が集まり運営しており、とてつもない利益を上げています。

素人同然に占われて、お金もそうですが、苦労し、努力してきた自分の将来を、今を・・・「いやいや、参考までに聞いているだけ・・・」と言ってもその選択、判断に多大な影響を与えるかもしれないことを、素人に聞きたいですか?

「いや、そうはいっても当たるので・・・」←これもブログで言及しますが、何をもって当たるのか?何がレベルが高いのか?を知らなければ、それまでです。

料理も、人の出会いも、何もそうです。

味わったことのない、会ったことがないなら、その時点の、目の前のものが最高点と思うわけです。

そして、「当たる、当たらない、占いとは何か?」も同じく、知らなければ、その時点の、目の前のものが最高点です。
では、「レベルの高い占いサイト、レベルの高い占い師とは?」ということになりますが、以前のコラムにそのヒントを記載しております。ご参照下さいませ。
占い判断と占い指南
当たる【占い】/当たらない【占い】の意味

といったところで、要するにレベルの低下をこれ以上進めないために、無料占いのシステムとしては結構なことですが、占いという言葉を外して、「お遊びクイック性格診断」とかに名前を全て変えて、「占い」と、しっかり住み分けをしてほしいということですね。

そして、その延長上にあるエレガント、神秘性志向、占い師の栄光のプロフィール志向の実質の差異まで・・・
「本物」はその全て(上記)に値することはありません。
とでも・・・締めくくりましょうか・・。

豊かな人生には運がいる。

『運がいる』を10回言って下さい。
『運がいる』『運がいる』『運がいる』『運がいる』『運がいる』『運がいる』『運がいる』『運がいる』『運がいる』『運がいる・・・』

毎日、これを唱えていると、自然にマインドコントロールされますが・・・それでも構いません。だって本当に『運』は人生には必要なのです。
占いを100回やっても、宗教に何百万円を寄付しても、幸福まじないを1000回やっても、一回の『運』の到来に勝るものはありません。
卵、鶏理論ではありませんが、いずれにしても、『運』は必須条件です。
お客様の相談を受けている時に『運』についてお尋ねすると反応として、大きく二つパターンに分かれます。
経営者・リーダータイプ
「10%」の努力と「90%」の『運』である。
サラリーマン・主婦タイプ
「90%」の努力と「10%」の『運』である。

です。どちらも究極は同じことですが、やはりサラリーマンや主婦の方は、『運』について、分かっているようで、分かっていないことが多いです。

「何か、理屈じゃ理解出来ないことで助けられた・・・」

「崖っぷちで奇蹟的な出会いで助かった・・・」

「この成功は、あの出会いがなければ成し得なかった」

など、日常の感覚以外の経験は、やはり経営者やリーダータイプの方が多いからではないでしょうか?

1000冊の参考書より・・・1回の「運」が勝ります。こういう経験は、大変貴重です。そこから人生の見方がグッと変わっていくものです。
とは言うものの、絶対的な数で言えば『運』の重要性、そして『運』の掴み方を知らない方が多いわけです。
『運』の掴み方は、人間性を磨く ・ 自然から頂く の二つのみです。
そうです。人間性を磨くことについては、一生涯かけて万人がテーマに置く部分でもあります。そして、よく言うところの「徳」というテーマにも属します。生まれながらにして人間性の高い方は、「徳をもって産まれた」と言いますが、間違っていない解釈です。中にはボンクラの二代目さん・・・なんて酷評を受ける方もいらっしゃいますが、それなりの徳と人間性を高めてこられたから今生がある・・ということです。

そして、自然から頂く・・ということですが、こちらの方は自らの努力や人間性を高めるというカテゴリーから逸脱する分野です。
万人が、平等に『運』という自然の産物を頂くことができるという考え方であり、真実です。

さて、具体的な方法ですが、これは細分化すれば、または自然というワードを類似する表現に変えることで無数に存在するようなものですが・・、やはり方位学、方位術に勝る開運方法はないように思います。

宗教的、神秘的、おまじない的・・・無数にあっても「開運」という意味を大きく包み込むことができる開運術は、やはり方位術です。

※その他の開運という意味合いにおいて、多岐にわたり、多様にありますので、それを否定するものではありませんが、私の知見ですので、ご了承ください。

もう一度、整理致しますと、「開運」「運」を掴むということは、努力・人間性を磨くということと、自然から頂く・方位術を駆使するということです。そして、人間性を磨くことは人生の底に常に持つべきテーマであること。

そして、自然から頂くという部分については、「あなたが出会った方法」が全てになってしまうので、本物なのか?効果が本当にあるのか?がとても大事な点です。すべての分野の方は、他を真に認めることはしないように、その比較は至難のように思いがちですが、それなりの人はそれなりの出会いが・・・一流は一流の出会いがあるように、開運術もピンキリの出会いがあります。

我々、和泉堂は、八宅盤・八宅派風水の原理を活用した「距離を有した方位術」である・・・開運 方位学・方位術の奥義である和気修方 を100年の苦心、研究を重ねに重ねた結果を、一家相伝で継承してきた歴史に幕を引き、この度、全国へと公開する運びになりました。

和気修方 を一般化出来ることを目的としております。この和気修方 を開運のスタンダードとして認知されれば、万人がそれぞれの器に合わせた『運』を得られ、すべてその方の人生で一番必要で高い位置で開運が可能となります。それだけ、本物中の本物がこの世の表舞台には少ないということでしょうか・・・。といったところで・・・・まとめますと、テーマ通りです。人生には、豊かな人生とは、『運』が絶対いる。ということで再度締めくくります。

鮑・黎明氏を偲び。九星気学への小言。

鮑・黎明「ホ・レイメイ」氏
家相・風水学の第一人者です。若くしてお亡くなりになりましたが、尊敬します。

日本の間違った認識を是正する為に活動されていましたが、旧態依然の巨大組織の前に中々進まず、無念です。

風水についての認識は、大分違う立ち位置ではありますが、鮑・黎明氏の意思を尊重申し上げ、我々も引き続き、日本の方位学文化を是正する活動を担っていきたい所存です。

鬼門、裏鬼門。五黄殺、暗剣殺。は全て作り物です。何ら怖いものではありません。

皆さんが何となく知ってる知識は、作り物の概念から波及しているものであります。

開運、開運!運が上がる、下がる。と今でも雑誌等々で見られますが、日本の平和ボケが産んできた副産物でもあります。

何の根拠も調べず、全国紙に堂々と記載しているのを見るたびに身の毛がよだつ思いです。

また、記事や特集を担当している著者自体が、ただでさえ、お遊びの星占いや嘘の作り物の開運法についての歴史や認識、意味を間違ってるから救いようがない。

これだけ国力が低くなり、平和ボケでは済まされない時代にさしあたり、これからは、本当に、本物が出てこないと、無価値な情報を占いも開運も「お遊び」『縁起物』だからでは済まないように思います。

事実、二番煎じで名が売れた専門家もいます。この業界には特許がない。

皆さんでも知ってる占い師や風水師などは、タレント性や運が良かったおかげでたまたま売れただけの人がゴロゴロいます。

元々、言い出した方、元々、秘儀を公開し出した方が歴史に潜んでおられる事を認識した上で今を見て頂きたいと願うばかりです。色眼鏡で今を見てもらっても何ら支障がないほどに・・・。ひどいのは古書に書かれてることを引用し、あたかも自分が編み出したかのように振る舞う徳なし輩もいます。九星気学は問題外ですが。

我々が表舞台に立つ頃には、古き良き先人と共に、歴史と時流に巻き込まれた影の功労者を見極め、またその方達と共に真に正しい歴史と名誉を復活させたいと強く思う次第です。

九星気学の嘘。風水の価値。

小言程度に、透も少し。詳しくは水鏡庵のブログで九星気学や風水について論じています。

たまには、「方位学」も、小休止で・・。

ご存知、「風水」ですが、我々も「風水」特に陽宅は、依頼があれば、取り扱います。しかし、本質的な「開運」とはならないので、その説明はしながら、出来るだけ有効な配置と工夫を施します。

要は、ですね・・・風水は理論もさることながら・・

「気を感じられるかどうか?」「空間の気を検証出来るかどうか?」

です。

まずもって、理論上だけで何をしても、断言しますが、本質的な「開運」とは、到底いきません。

「初動の気の動き、循環」で、人によっては、たまたまというか、開運的な恵み、風水で開運したかの如くの絶妙なタイミングを得ることはあります。

しかし、断言出来るのは、続きません。

なぜなら、「運」が貯まらないからです。

そう「運」は貯まるが本質であるからです。

というわけで、「風水」をあくまで・・ですが・・開運法として有効的に近付ける為には、①気を感じる能力がある②理論、原理が本物。

この2つです。どちらか欠けると、インテリアの延長、もしくは、お掃除の延長と・・

ただ、清潔感を保つ、悪い気を防ぐ、地の気を少なからず取り入れることは開運の助けになることは間違いです。

ここで取り上げたいのは、本質的な「開運」に直接働いているか、どうかの問題です。お間違えなく。

さて、次は、「気学」ですが、よく聞くのが九星気学。日本の「方位学」では、この「気学」と、奇門遁甲(八門遁甲)が有名ではないでしょうか?

そうですね・・・

「気学」は、日本生まれで、実質の歴史は、まだ百年程度です。

そうですね・・・

これから、何百年かかるか?または何十年か?または数年か?

分かりませんが・・

これも断言出来ますが、これほど、無茶苦茶な理論、原理は、聞いたことがないくらい「ナンセンスな学問です。」

唯一?日本製の欠陥ではないでしょうか?

競合も少なすぎて、誰も対抗する日本製の方位学がなかったこと、権威主義で、あまりに広がり過ぎたこと。全てが重なってしまった故の悲しい日本の方位学のHISTORY。

日本は、それ以上に民族性が高く、経済も発展してきたわけです。

簡単に言ってしまえば、「平和ボケ」が招いた産物(気学)とでも言いましょうか・・・。

ただ、ご心配なさらずに・・我々に任しておいて下さい。

後の千年以上は、この原理と理論応用と実証を持って、間違いと嘘を正し、淘汰し、新しい概念と誠を世に広め、市民権を得たいと思ってます。

ひとまず、今のところ既知の範囲で例えるならば、

量子論の最新まで語れて、本質に迫っている。と言えるのでは?

ニュートン力学こそ、全てを説明出来ると謳ってる・・・

とか、「地動説」こそ全てと言ってるとか・・・。

でもね・・嘘かと思うでしょうが・・この業界は、こうゆう事態が何百年も何千年も平気で継承、踏襲されてきています。

この枝葉に踊らされて、国民の皆さんは、多大なお金をかけておられる方も・・

元々、中流家庭以上がはまりやすく、実質、この家庭、この奥様の運の良し悪しも不明瞭なわけで・・気学会の内情は幹の太い先様のお蔭様で生き残っているとも言えそうですが・・。

庶民の中でどんどん普及し、また我々の和気修方と同じ板の上で、「論」においても、「哲学」においても、当然「効果」においても、比較し、戦ったたら、「気学」は、百戦百敗すると思います。

一般の会社で働いて通用しない学者や世間に出れば、全く通用しない思想家とほぼ似たズレを抱えてるのが九星気学です。

陰陽併せて変化で、造化。

陰陽、つまり陰陽あって変化し、万物は造化する。真にシンプルに言い尽くしてます。全てはこの生成発展に則り、営み、進化していくという流れに、宿命の二文字を使いたい。

そして、造化の運命に適した、使える運勢学であり、能力を基準にしたい。

陰陽あってのこの世であらば、陰陽あっての運勢学であり、能力であるべきでしょう。

◆人生の価値・真の占い技法、能力とは?

ありとあらゆる占い技法があります。【命卜相】

そして、最近はスピリチュアルブームやヒーリングブームで、新たな概念も一般化しつつあります。

人生は造化(動)であります。造化が最も尊く、最も価値があり、例え5パーセントでも、造化があって輝きです。

造化とは、自由であり、設定であり、「縁の種も育てながら、自らが作り出す世界であります。」

そこに貢献があって、徳の概念があれば、尚良しと。

決して、不変(静)生まれながらにしての土台や宿題(カルマ)に、とらわれてないことも住み分けとして理解して下さい。

土台や宿題をつついても、不変は不変であります。

時に、不変を縮める、動かそうとする方々がおられます。業をいじる。土台を追及する・・たとえ、それを動かせたとしても、たとえ、それが3%でも、頑張って10%でも変化させたとしても、それはそれで、それだけのことです。

それに、十数年かけた・・数十万円かけた・・。

いつの間にか、造化(動)は置き去り、いや、姿勢も考えも向いていない。いや、それよりも、不変(静)、陰が大事!と、ひがみと執着で、蔓延してしまう方は大変多い。

「お祓い」を遥か超えてしまう方が多い。

従って、やはり、どこまで真理は陽であり、人生は造化に価値ありです。

従って、占いも、占い技法も、陽、造化の人生にどこまで応じるものでなければなりません。

造化の世界は未来、先々の姿であり、またそれは小さな単位、大きな単位の選択の連続であり、「運」も織り込んでの展開。

ここに使える技法でなければ、なりません。

また、指南でなければなりません。

昨今は、不変、静にだけ技法が広がり、前世やホニャララも、陰の分野であることさえ、混沌とした住み分けになってしまっています。

事、未来、造化に関しては、当てずっぽうです。陰、不変、静を当てられるから、未来も・・とは、無理筋も無理筋。

元々、使ってる能力が陰法だからです。

未来透視(ビジョン)やガイドからの助言といったものも、あれは固まったもの、決め付けたものを見ている場合が殆ど。

当たった時は、「たまたま」です。たまたま当たるのです。

小さな単位、小さな選択が、毎回、ビジョンで見える・・なんて能力者は皆無。

また、ビジョンで見た、聞いたものが、何を意図しているかも深く翻訳出来ていない。

ただ、見たものを伝えてるに過ぎません。

ですから、これも陰法なわけです。

世界に数人は、天才がいるわけで、この固まったものをみる陰法を、陽法の如く、連続的に、動的に見える、または解釈できる人はいるでしょうが、米粒程度。

とは、言うものの、やはり能力の基調が「陰法」であるがために、全ては網羅出来ません。

私がいう陰法の天才も、米粒程度しかいませんが、更に一流を超えて、超一流となると、能力、技法もさることながら、人間性が陽、概念が陽、哲学が陽、造化こそ本質ととらえてる方です。新しいことを生み出せる人が超一流、上質です。

ここまで来ると、これからの指南、占いは、この造化に通用する技法でなければなりません。

また、造化に適した「運」、開運法でなければなりません。

人間や文化の進化は、造化によって成されてきました。

頭では分かっているのに、陰法だけに頼ってきたわけです。

だから、回り道が多かったわけで、それだけ陰のパワーは人を惑わします。

しかし、人類や文化は進化してきたわけです。誰かが、どこかが、陽法を、陽を、造化で引っ張ってきたわけです。

話は飛びましたが、現代の占い師や能力者側も、もっと勉強し、もっと知ろうとする素直な姿勢がいります。

苦言を呈するならば、お客様側、受けられる側の認識や知識や捉え方の住み分け、向上も非常に重要です。

昨今のブームで、余計に混沌としました。

私達が尊敬申し上げてます観相学の原点であり、終わりでもある麻衣先生の「麻衣相法」にも、既に造化、動の概念は至るところにあるわけです。

千年前から既に真理は書いて頂いてます。そして、そのように人を人生を観るという見方(技法)も全部頂いているにも関わらず、その後、人相においても、形、形、不変の事柄をいじり、いじり、当たる、当てるだけの技法が広がってきてるわけです。

人相でも陰法が広がったわけです。

このレベルが著しく下がってきた現代において、我々側がもう一度、見直し、強いては、お客様側にも、本質、本物の概念を受け入れてもらい、21世紀をさらなる人類の、文化の進化に繋げてまいりたいと切に願います。

ただ、スピリチュアルやらヒーリングの方々に、大きな声で「それは陰の解釈ですよ」とは言えず、霊事を陽のように、また、人生の真剣勝負の如く、主張している能力者に「お祓いは陽の陰・・それ以上追及すると、ど陰ですよ」とも言えず、

あ、言ってますか?

この概念は、同業者は、理解しきれないですが、また、理解を示してるようで、どこか矛盾を抱えてる方々が多いのです。案外、経営者など、一般の方が深く理解して頂けます。

全く、皮肉な事ですね。

21世紀の社会テーマ。人類進化の提言。

◼ 51対49でいきましょう。

何の比率かと申しますと、陽が51パーセント。陰が49パーセント。という意味です。

この時点で、どこかしらピンとくる人は、かなりのセンスの持ち主。

猿と人間のDNA?は、1パーセントの差のようですが、その差は周知の通り。

日本も有史以来、何にしても清と濁は付きものでした。

途中、寄り道、過ちあっても着々と進化してきたわけで、民主主義の導入が近年の著しい飛躍をもたらしたのは、言うまでもないでしょう。

僅か、1.2パーセント陽が上回ることがどれだけの財産を生み続けることでしょう。

方やの陰はというと、あっても良いんですよ。ないといけないものもあるんですよ。耐え難いことも含めてですよ。

と言わんばかりの49パーセントという妙値。

『現実に向かう』には器を設けて、皆さんが扱いやすい、それでいて絶えまぬ研鑽を、そしてどこまでも結果を求めて。ではないかと思っておりまして、51対49は実に玄妙なり。

私は、指南にもこのバランスをどこか前提に翻訳し、お客さんの不安やそこまでは出来ない!といった部分を和らげるよう務めています。

決して、便宜上とか気休めではなく、実際問題であるから、陽の知恵に、場合によっては、内容によってはその事件に陰の背景、流れを必ず引っ付けて展開すべきと。また、やましさや利益主義もいかんなく展開し、採用させます。

但し、51パーセントの陽は必須でありますが。

49の陰を認め、受けとめ、ある意味利用したとしても、2上回る陽のセッティングは、大変な努力であり、絶対的な条件でもあります。

理想主義の、思想主義が入る占いは、この価値や意味が理解出来ないでしょう。

今、ここ。

は、今、ここ。をやりこなす知恵と志がいるわけです。場合によっては、ギリギリの知恵、墓場まで持っていくような知恵を発動することさえあります。

これが分かって、言えて、一流、プロの指南であります。

時流もさることながら、理想と現実のバランスを組み込まない占い師は、占いの看板を掲げるべきではありません。中庸の意味を全く履き違えている活動家もいます。最近は、Facebookでもお馴染みのシェアというキーワード。

結果や価値をシェアするといった現実逃避者のおぞましい価値観。

昔から共感という言葉がありますが、価値は共感する姿勢があればよろしいだけで、もっと厳密に言えば、『出来るだけ他の価値観も共感する部位を逃さない姿勢で』で充分すぎます。実際はレベルの低い価値観は低い。探そうにも見つからないわけです。しかし、コミュニケーションとは、礼儀が、またキャッチボールがいるわけですから、含めて姿勢と。従いまして、造語的にシェアなんていう言葉を容易く参加させてほしくないですね。

事実は小説より奇なり。更に悪なり、虚あり。も多分にあるのが現実です。

今、ここ。に使えない概念や思想を掲げてる占いや、団体は、しっかり説明や住み分けをお願いしたいと思ってしまいます。

今後、和泉堂出身の占い師がこのような誰でも言えるような持論的価値観、思想観のみに徹するような空気感を出した場合は、即効、勧告、場合によっては名を語るなかれとしていきます。

それだけ、レベルを上げてない、下げている事実に気付いてないわけですが、裏を返して言えば、これからの占い、指南業のスタンダードになりうる概念や質の向上に著しく悪影響になるからです。

これからも、横やりにも屈せず、本質の追及と本質の普及に務めていきます。

人間力は段取りや称号では上がりません。

どんなに優れていると思うことに出会っても、学んでも、訓練しても、井の中の蛙じゃどうしようもない。

お日様日日のお稽古事で、あたかも人間力、精神性が高くなったような錯覚をしてる人、団体より、、、

暮らしが、荒々しくとも、情けなくとも、仕事に追われる、お金に追われる人がなんぼか価値ある時間の使い方。

いずれ、その事が実践的な礎となり、誰にものでもない、血の通った自分らしい暮らしや環境を手に入れることでしょう。

とは言うものの、表向きは、現実に打ち勝つ術、豊かになる術、幸せになる心得、対人関係の極意と謳う術。

これらを宣伝としている方々は、もう一度考えて頂かないとなりません。

占い界も同じですが、資格や段とり制度を安易に設けて、井の中の蛙同士で、サークル、室内スポーツ的に与えます。

そんなこと安直にやるから、余計に人間力が落ちます。

いや、色眼鏡付きの人間に気付かずなっていってます。

こういう、あたかもセミナーや団体に惹かれる人は一旦置いて、提供者側が真剣に考えなければなりません。

もう一方の、半面の真理、価値を見出すとすれば、確かにその内容や活動が、その人が寝床から起き上がるキッカケになる場合もあるでしょう。しかし、ある時から切り替えて、また、どこまでも棲み分けて、展開すべきと願います。

幾度となく、こういったある意味偏った世界観やアプローチの仕方を修練している人と渡り合いましたが、全てに言えるのは、いびつな空気感を醸し出してる。ということ。

癖がある方が素敵です。

占い師は運勢観が仕事!餅は餅屋です。

占いは「活用する」が全て。

占いはどこまでも「運勢」を観ることである。

餅は餅屋ということでしょう。

1⃣ 占い師はカウンセラーではありません。

とは言うものの、人柄にお客さんは付く。美容師も人柄が売上を左右するように・・占い師も馴染みやすさ、癒され具合などなどで人柄が左右されることは事実です。

がしかし、大事なポイントは忘れてはなりませぬ。

花より団子です。人柄は腕があって価値を二倍、十倍引き上げるものであることを。

占い師も様々ならば、お客さんの動機は様々。だからこう!と決め付けは安らぎを失うことになりますから、言い方を気を付けないとなりませぬが、人柄でカモフラージュされすぎないようにお客さん側が気を付けられることでしょう。

営業マンも人が商品でありますが、それは、類似品、価格勝負が故が背景にあります。

しかし、占いは日本の技術輸出に似ておりまして、最高性能そのものが、商品力であります。

本来、それだけで流通するものとも言えます。

加えて、人間力があれば尚宜しいと。

どこまでも、運勢を現実味があった流れで観れて商品。

今やテレビのブラウン管はいらないわけです。

最先端とは、お客様が望むニーズの更に一歩先です。

ここが技術的に提供してからが、人柄としたい、カウンセリング的も結構でしょう。

今、占いの最先端とは何か?正しさとは何か?

の概念そのものの普及がまず求められると思っております。

全ては、お客様、全ては人の豊かさのためであることを。

神はいる?いない?

守護霊、霊界っているの?あるの?

易経に陰陽が測れないところが神である。

と、書かれています。

この言葉に尽きます。

守護霊やらあの世といった見方自体が既に陰陽論であります。

人の能力は不思議であり、また自由であります。

視力と見たいイメージでいかようにも情報が入ってくるからです。

再現性、精度は一旦置くとして・・・。

1⃣ 色で見ようとする。

2⃣映像で見ようとする。

3⃣守護霊という概念で見ようとする。

4⃣ご先祖さんという設定で見ようとする。

5⃣亡くなった人として見ようとする。

6⃣霊界という設定で見ようとする。

7⃣声という設定で見ようとする。

これら、全て何らかの形やイメージをもってメッセージを受けることが可能です。

しかし、このよがった設定そのものが、既に陰陽論であることを忘れてはなりません。

神とは何か?

この定義については、近代科学が進まない限り、精神世界の分野も明快な表現は難しいと考えます。

余談ですが、先日発見されたヒッグス粒子、そして他の独立した存在なのか、はたまたヒッグス粒子等の陰陽的存在なのか分かりませんが、暗黒物質やダークエネルギーの正体が関連して、神とは?を引き上げてくれそうな期待は持ってます。

で、本題ですが、守護霊はいるか?皆さんが描く霊界はあるか?の話ですが。

今のところ、私が言えるのは、あると思えばあるし、ないと思えばない。に尽きます。

実務経験から申し上げれば、霊、悪霊やら先祖霊は、稀の稀の稀で意味表層化します。何でもかんでも霊やら何やらを持ち出してくる霊能者は断言して嘘です。

殆どが気の乱れ、淀み、悪気が憑く。であります。

と言うのも、そもそも人霊などいった概念はないのです。平たく言えば、亡くなれば、生の形は変わるだけで、人霊といった、あたかもその人がそのまま霊となって、TV、雑誌でお馴染みの振る舞いをしているかのイメージがありますが、間違いです。

魂があるならば、本体は別の次元に行ってます。

ならば、よく言われる人霊の類とは何でしょう?

工場でもロスや廃棄が出るように、泥水を置くと清濁分かれるように、残留物みたいなものです。

よく考えてみて下さい。生前、あんなに明るく、頭脳明晰な人が亡くなった途端に、無口になり、短絡的なメッセージしか流さない。タンス〜の中に〜大切なものが〜。とか。

そして、生の形が変わるというならば、この世に対してあえて、わざわざ関与する意識や仕組みは働かないわけです。しかし、お尋ねすれば、何らかの応えは返ってくる構造はあるようです。また、メッセージ色の強い霊現象と呼ばれるものは、例えば、遺影が倒れたとかもその本人がしでかしたことかどうかはまた別ですが、緊急事態の際は稀の稀の稀にそうゆう働きが起こるようです。また、降霊やらチャネリングなんかも、要はお尋ねです。やり方の違い。

昔は蟻の暮らしをしてて、今、人間の暮らしで、あなた、わざわざ関与しますか?みたいなことも言えます。了見を広く見るようになりませんか?

悪霊の類も稀の稀の稀に何らかの誤作動と残留物もほっとけば、腐敗するみたいなもので、普通は風化しますが、環境によってはいつまでも残る場合があるわけです。日常生活でもあるでしょう。いつまでも臭い場所(笑)

と言うことで、人霊やら悪霊やらも確かにあると言えば、ありますが、何者であるか?を把握して対処し、捉えて下さい。極論言えば、悪気も悪霊も人霊と見立てる霊も、この世の現象にすぎません。

この世の現象にあたふたするな。です。

で、冒頭に戻りますが、だから、ありとあらゆるイメージで見る、知る、感じることが出来ます。あるメッセージを映画で表現する、活字で、舞台で、絵画で、これら全て設定であり、固定化した決めつけの陰陽論での広がりでもあります。

神とは?

陰陽が測れないところが神。

五分五分の世界。

中庸の世界。

0の世界。

バランスの世界。

お尋ねすれば、設定すれば、返ってくる世界。

不思議でなりませんが、巷である意味、業界的に常識のように語られる世界観は、実は、陰陽に振り分けられた決め付けた世界観であることを認識下さい。

死ななければ、分かりません。

だから、我々の見方、無相は白黒で、雲で、光で見る見方が、どれだけ深い概念を有した、一番理に叶う見方であるのか?を改めて思うところです。

重力が働ききれば、それは既に決まったものであるが、重力が働く瞬間、動こうとする瞬間を見るには、雲や光でしか分かりません。

無相は、設定次第で何でも知れます。何でもです。時空、次元も超えて。

そして、これを雲で光で知るということが、どれだけ限界を作らず、決めつけず、自由で、造化であるかの妙でもあります。

何事も色眼鏡で見ることは、控えましょう。です。

素直に見るとは、雲と光です。

長文になりましたが、あの世を語る前に、守護霊語る前に、霊語る前に、とにかく素直な気持ちで今を語ることから始めましょう。そして素直に未来を、素直に世界をとらえるようにしましょう。それが答えです。それ以上以下がないから、今が全てであります。

それと、摩訶不思議な霊現象より、もっと不可解で、摩訶不思議なことは、もっと身近に、起こっています。

これを奇跡と呼ぶ。

皆さんもあるでしょう?小さな奇跡から大きな奇跡。

これを運とも呼ぶ。

神の仕業ではありません。

運力は、この世の陽の産物です。

善行を積み、前向きに生き、真心を目指すところに運力は宿るわけです。

神でも、守護霊でもなんでも
ありません。

強いて言えば、真心は透明感が増す。奇跡は透明感のある場所を狙ってやってきます。

透明感を増すには、人間力の向上と自然力の力を活用する二点しかありません。

それ以外は全て、陰の産物です。パワーストーン系も同じ。

陰は有限、知恵なし、濁りやすく、目先のまやかし。

どこか固定化された、偶像化されたものに帰依したり、求めるそのものが、既に陰であることを。

案外、気付かない。

神様、〜の創造主とか。

祈祷やヒーリングでさえも。天、人、地の人であることにやってる側もやられてる側も気付いてない。

はい、どうせやるなら・・

天のパワーです。

はい、どうせ見るなら・・

陽の見方です。

シリーズを重ねる度に質下がる。

インテリジェンスのコーチング、啓発、ビジネス本。

スピーチ力、品性が高いインテリジェンスの著書本を見かけます。

毎度、思うことは、この人は、本当に現場を知ってるのだろうか?と。

いや、厳密に言えば、この方々も一念発起した時は、熱量が高く、現場を押さえた内容を打ち出していたように思いますが、次回作を重ねる度に、温度も内容も寒々しくなってきてる感じがします。

利己的で、ぐるぐる回りすぎの内容に。

歌謡曲でも、映画でも、名曲、名画は、生涯一本作れれば奇跡的とされます。大方の従事者は埋もれていくか、こじんまりした評価で終えていくわけですから、濃い内容の本一冊書き上げる、世に出す、当たることもこれに似た世界です。

ヒットを飛ばし続けることは、それはそれは並大抵のことじゃありませんが、30年以上、ハイクオリティ及びヒットを飛ばし続ける人は、各業界で米粒程度でしょう。

3回当たれば、プロモーション次第で惰力で売れ続けることも可能ですから、タイムラグは付きながらの30年ではありますが、惰力が尽きるころにまたヒットを飛ばすので、恐れ入ります。

と話を戻すと、インテリの著書本を見ますと、傾向が読めてきます。

泥を被ったことのない人生の中で、ある時、強烈なまでの世間の洗礼を体験したり、耐え難き試練を受けることになって、、、

はじめて気付く大悟の境地。

決して悪い意味ではありませんが、天上人が世間まで降りてきて下さったという知らず識らずのうちに共鳴しているギャップのトラップに引っかかってしまいます。

また、逆に世間知らずの落ちこぼれが、誠実さを得るストーリーも同様です。

従って、ギャップが醸し出すエネルギーの価値は最初の最初の一念発起した時がピークであります。

売れた後のセカンド、サードの書籍を見ると、見るに見難い。嘘っぽさがプンプンするわけです。

あ、探したな、作りにいったな。とビンビン感じます。

しかしながら、その方にスピーチ力や品性を兼ね備えている場合、講演会などでファンを増やしタレント性で味を足して、価値をカモフラージュしていくことはよくあります。

それはそれで大変立派なことであります。歌謡曲も同じ愛してる。の言葉をその時代時代にカリスマ性のある歌い手が担い、紡いでいくわけですから、作家の世界も否定する要素も本来はなくて、同じ内容をその時代時代の旬の作家が担えばよろしいわけです。

ただ、ただですね。そればっかりで根本的な成長や進化は見込めるでしょうか?

この20年ばかし、ジャンルによっては40年、50年以上、コアなジャンルによっては遥か古代より、抱えてる課題や問題点が時代、時代を単に循環し続けてきてるように思います。進化、発展してきたのは科学技術や表面的な利便性の形態であって、一見、進化しているようで、内包する、包蔵する問題点や課題は変わらないことが多くみられます。

政治や経済問題も数十年前の評論家のやりとりを見ても、作りは、古臭いなぁと思ってもよく話を聞けば、現代が抱える問題とたいして変わりがないように思えます。

千年前の古書を開いても、今時の若者はだらしないと書かれてることからも、不変の課題はいつの時代もあるのは認めますが、この急速な発展を遂げている現代において、まして世界のリーダーである日本において、見せかけの進化をしてる様が残念でなりません。

旬な人が論ずることが真新しい、進化している、最新の情報だ!と思い込まないでほしいと願うばかりです。

表舞台に出てない方々で、それはそれは革新的な内容を提唱していることがあります。

我々の占いにしてもそう。

訳のわからない旬の方が、50年、1000年前からの内容をアカデミックに、今風に変えて表現することで、進化を遅らしているわけです。大体が拝金主義か目立ちたがりかインテリです。

私らが世に出るかまだ分かりませんが、成功するきっかけを作れたら、過去素通りされた方々も引き連れて成功したいと思います。

皆さんにお願いがあります。

もっとレベルをあげましょう。

見た目も大事で、見た目で信用を得る心理は分かりますが、内容をまず評価出来る、本物、本質を見抜ける人になりましょう。特に為政者から始まる決定権者の地位ある方々は特に。

進化を遅らしているのは、誰でもない貴方です。ごく一部を除いて、表舞台でスポットライトを浴びてる貴方なのです。

欠けはあっても、不足はあっても、本質、本物をすぐに拾える世の中であるならば、進化のスピードは10倍、100倍です。

但し、本物でなければならない。本物のような見せかけの内容にはご注意。

60パーセントほど確信が持てたら、勇気と決断です。

今からの政府に特に申し上げたいです。

TV番組も。

教育も。

ビジネス構造も。

あ、全部に言えますか?

けれど、跡目問題や人口問題はあっても芸術や職人の世界は節目節目にしっかり進化してきてる感じを受けます。

何故か?

元々、本物しか残れないからです。

ヒントは、近くにあるのにね。

無相だけで鑑定した事例。

無相はどこまで見れるのか?

この三日間の例。

相談1⃣

40歳女性。

◼質問

今の私の仕事における立ち位置は、どんなんです?

これだけの質問でした。

3分ほど、ごにょごにょ見て。

私 「腹の探り合いの職場」「貴女はぶっちゃけ過ぎて、腹を割ってるつもりでも、探り合いの慣習が土着している人ばかりやから周りから内心は?とも見られてる。

お客さん「びびった表情」

まぁ、直球のど真ん中の問題やったようです。正に現実的な。

お客さん「そん中でも、唯一波長が合いそうな人がいるけど、この人も内心どう思ってるかわからんけど・
・・」

3分ほど、ごにょごにょ・・

私「もう少し公平に物を見れたら、言えたら、もっと良いのに。もっと信頼を寄せるのに。」と思ってます。

お客さん「・・以前、もっと大人になって」と戒められたことがある。

私「いや、だから公平さですよ」

お客さん「なるほど」

私「泥水も真水も循環させられるほどの自分の中での仕組み、構えを持ちなさい。腹の探り合いならば、相手の出方が分かるならば、事前に打つ手は準備出来るはず。社会は腹六分。この職場は変化は生じにくいからこそ、真正面で受けて、傷付くより、仕組みの中に組み込んで、まずこれを前提にすることが、こなせることが大切。」

お客さん「はい。わかりました。」

お客さん「すんません。あと、ちょい恋愛というか、前から気になってる人が私をどう思ってるかを・・・」

の矢先に、瞬間ごにょごにょ・・

私「貴女に行くなら、相当の構え・・というか、付き合えていけるだけの現実的な受け皿もしっかり用意して的な・・・って・・この方既婚者?」

お客さん「は、はい。そんなんも分かるんですか?」

私「なら、このようです。不倫には不倫するだけの準備や構えがいる。そして、貴女にもそのルールに則ってくれるか?どうか?」的な気持ち。

お客さん「つまり、気にいってはもらってますか?私の気持ち知ってる?」

私「貴女の気持ちは、はっきりとは掴めてないけど、気にいってる範囲。ただ、この不倫手引きに則ってくれるのかどうかの確信が持てないし、まして、貴女からの気持ちも定かではないから、なんとも。」

お客さん「なら、よかった。気持ちだけ知りたかったので。」

私「よかったか、どうかは分かりませんが(苦笑)」

動けば、そのような提案というか、条件の決め事は出てくるでしょうね。不倫予備軍でありながら、矛盾しますが、まぁ、真面目な男の方ですね。と。

以上がついこないだの相談例。

これ全てのメッセージは、隅から隅まで無相です。翻訳は様々や表現があっても、概念ではなく、頂いたメッセージを私なまりの私言葉で翻訳したわけです。

他の能力で、ここまで言えません。

無相は最強であり、最高です。

差別と区別。

差別と区別。

世の中は、一見不公平と思うことばかり。また不条理なことも沢山あるわけです。

実に此の世は住みにくい。

家柄、見た目、財力、人間性・・・。

国ともなれば、先進国、発展途上国との差は歴然とあります。

時に人は、鬼畜の所業と思えるほどの行いをしてきました。

近年では、ナチスのユダヤ迫害は典型的とも言えるでしょう。

いつの時代に産まれるか?どの国に産まれるか?どの家に産まれるか?

YouTubeで閲覧注意ではありますが、近々であれば、コソボ、ルワンダの実情を見れば、神は本当にいてくださるのか?と、疑わざるを得ない。

私の運勢学の始まりはこんなとこからでした。

何故、この世は天地ほどの差が生じるのか?と・・・。

宗教に入ったこともありました。

けれど、真理に近いとこに行っても、完全に腑に落ちる解答は得られませんでした。

やっと自分で、いわゆるそうゆう能力を使えるようになり、古書や聖書、誰かの論ではなく、直接その意味や価値を知ることが出来たのです。

天に何回もお尋ねしても、返ってくるのは、大らかな感情。

世界の戦争の歴史、血で血を洗う歴史、人道に反した行い・・・これらを、天はどう思っておられますか?と。

非常に大らか。そして、こうとも読み取れました。

『経験である。また、経験こそ全て』

なるほど・・。全ては経験によって、進化、成長していくものであって、国単位で見る、地域で見る、家族で見る、個で見ると、全ては交わりながらそれぞれの身の丈にあった『学び』があると。

ならば、この世は差別はいつの時代も、どの国、地域、場所にもあるけれど、差別の前には『区別』があるようです。

差別心は、あくまでそこに人の愚かさ、未熟さが作り出す陰の感情であって、それは、この区別から来る誤解、誤作動とも言えそうです。

何故、新興宗教からも、古典的な宗教からも、完全に腑に落ちなかったと言えば、この区別という明快な仕組みについての言い切りが曖昧であったのだと思います。

人とのお付き合いも、全く同様。

三流は三流の器でしかありません。幸せも、豊かさも、成功も、ひとまずその器以上は望めないものです。

それ以上の豊かさを望むならば、器を広げなければなりませぬ。

これは並々ならぬ苦労と努力と覚悟がいることは付け足しておきます。

従いまして、博愛主義であろうが、隣人愛であろうが、根本的にこの世は区別があるという認識はしっかり持って、世を見、世を憂い、世を是正する姿勢が大切であります。

南アフリカの希少部族は、近代化する中でもこれまでの伝統は守っていく、これが我々の誇りである、と。二極化する流れの中で、決して賢明とは思えない事柄でも、それは誰も介入出来ないことであるように、それぞれの器で経験する学びは、良し悪し超えて、良運、悪運超えて、条理、不条理超えて、見守るしかないものであって、時空を超えた愛でおさめていくしかないようです。

そこに本来は、差別はないわけです。

それさえも、交わりの中で与えらた学びと言えばそれまでです。

とかく、申し上げたい肝は、区別を尊重しながらのお付き合い、寄り添い、助け合いはあってもよろしいですが、

区別なき、全ては平等のスローガンに則った思想は世に憚れることを知って下さい。

そして、世の中は、YesかNOも非情なほどに存在することも。

現実を生き抜いていくだけ。の現実的なエッセンスを持ちたいですね。

新人類から迷人類

面白くない世の中を面白く・・。

どなたでしたか?幕末の英雄・・。

さておきまして、人は見失わない程度の大きさがある志や目標や夢を持って真剣に生きることが出来れば、人生勝ったも同然です。

真剣になれ!

体が元気なうちは、人生の究極のコツとも言えますし、これに尽きるとも言えます。

この真剣に。は妙言でありまして、真剣は刀、切られれば死です。

我々、和泉堂の現行でもチラホラ経験します占い教室であったり、近い将来における展望で、どうしても現実的に避けては通れないだろうと思われるターゲット層の色彩(人種)について、日本全体の問題提起として今から準備してまいりたいと思っております。

それは、先程から申し上げております。真剣に生きるか否かの水準です。

最近の癒しブームやスピリチュアルブームや新興コーチングブームや伝統と格式がある神道系でさえ、客寄せパンダ的に間違った認識を与える始末で、30年ほど前に新人類という言葉が流行りましたが、今は若い世代を指す言葉だけではなく、老若男女問わず、『迷人類』が圧倒的に増殖したように思います。

おままごと。

小さい時やりましたねー。お医者さんごっこ。なんかもね。

正に、おままごと。のレベルの事(コーチング系、癒し系、思想系の技能)に黄色い声援をあげている熟年層。や、それらを支部単位で活動している青年層。

何故、こんなに日本人のレベルが下がってしまったのか?

しかし、ここに属する、惹かれる迷人類の方々は、人類のレベルがワープ級に上がっている、上がったと本気で信じている、いや我々のテーマに沿う在り方でないとレベルが上がらない、進化しない。とまで正に真剣に考えています。

こういった活動や講演に、仕方なくある事情で参加せざるを得ない人であったり、素直に参加した人でも、ある一定のレベルの人達は、皆口を揃えて言うことがあります。

本当、最初から最後まで冷やかな目で見てしまいました。と。

しかし、このようなおままごとのお習い事系に参加する、会員になる人は後を絶たないわけで、それはそれは盛況な団体もございます。

だから、価値が高いか?は全然違いまして、言いたくありませんが、それだけLevelが低い人達が圧倒的に多いわけです。

奇しくも、真剣に。を冒頭にあげました。この方々に対して、またこれらを提供している方に対して、この真剣に。や、真剣に生きる、生きている。が果たして正確に当てはまるのでしょうか?

まず、誤解がないようにして頂きたいのは、人は誰しも顔には見せず、それなりに真剣に生きているものです。ここは、尊厳として、または、人は尊敬が前提にあるものとしたいのですが、

世の中はそんなに甘くない。を次にもってきたいわけです。

そして、真剣とは命が関わるというクールな覚悟があるということ。

本当に命が関わることに、命懸け・・もさることながら、何気ない日常に灯火が如くに揺れ続けている表に出ない熱気を真剣と呼びます。

ただし、迷人類以前に、浅薄人生、無気力人間は、この場合、論点にならず、ステージにも乗っていませんので混同なさらずに。

自分の信じるもの、夢、志は自由であり、制約はありません。そして、それに対して真剣であることが、人生の究極のコツとも言い切れることに何の疑念もありません。

しかしながら、この迷人類が掲げるスローガンたる思想めいた道、新秩序、自由度、世界観に立脚した目線で、真剣を語るのは、全てとは言いませんが、現実離れした感や急激な温度差を感じざるを得ません。

例えば、こんなご婦人がいたとします。DVはありません。お金もしっかり入れてくれます。浮気も多分ありません。真剣に悩んでます・・・意思疎通が取りにくい、お酒を飲み過ぎる、お酒に逃げる旦那です。子供にも不憫で、不憫で、子供もお父さんとの関係も良くない感じで、他のご家庭を見てたら、今後が不安で不安で、不幸にはなりたくありません。etc。

人生辛酸なめた人なら、優しさで包んであげたとしても、贅沢・・と思うのは私だけでしょうか?

本当の苦労を知らない人が迷人類には多いのも傾向です。

苦労とは、本当に辛い過去を味わった人で、現実から結果的に逃げなかった人、何とか生き延びた人、今だに絶望感や喪失感がよぎるけれど、前を向いている人は、まず迷人類にはなりません。

辛い過去を経験して、カンフル剤を求め、ありもしない幻想を頼りに、全身で負けてしまった人は、迷人類になり下がってしまいます。辛さは、本当に心中察しますが、これは不運とした言いようがないパターンであります。

この迷人類増殖時代に、何とかLevelを再度上げる教育を、と言いますか、実際はLevelの高い人がレベルの高い活動をしているわけですが、偽物が多くなりすぎたことが最大の原因です。迷人類からすれば、この高いLevelが下衆、現実が非現実的とみなすわけですから、大変なことです。

最近では、ネクシーズの近藤社長率いるパッションリーダーの活動も非常に好感が持てます。

しかし、迷人類からすれば、現社会構造そのものが、原始的で、進化を妨げ、自由を奪い、価値を曲げ、となるわけです。

西洋思想は、いきなり自由と平等!と言いますが、東洋思想は足るを知る。です。

足るを知れば、自由を勝ち得ると。

足るを知る。ことを曖昧にしながら、自由や平等を訴えても、通りません。

そうです。

現実に立ち向かえるだけの知恵と人間力を備えて、尚且つ、ゆとりが迷人類の集いであるなら、正に癒しとはこのことでしょうね。

和泉堂への中心活動の参加者は、迷人類とは似て非なりの、微妙な見極めを初見でしていかなけばなりません。が、高いLevelの学問としての顔も有しておりますので、きっと自然な形で広がり、志高い人達がたくさん集まることを期待し、それに見合うようにまだまだ成長していきたいと思います。

和泉堂 占い教室 ある中退者の事例とご報告。

◼和泉堂 占い教室 中退者の事例。

堅苦しい表題からの出発をお許し下さい。占い教室をスタートさせて、一年を迎えようとしております。他では学べないセンセーショナルな内容も含まれることで市民権の薄さと、世間のアカデミックなムード作りの占い教室が蔓延し、苦戦を強いられておりますが、数少ない中でも一生懸命に学んでおられる生徒さんはいらっしゃいます。それは、興味を持って、深く学ぼうとする姿勢。何より和泉堂、その大元其仙流の考え、主張を肌で理解された方は他には目も心も動かぬほどに尊い気持ちになるからです。

しかし、残念ながらミーハー的に参加される人であったり、何より真剣に生きるといった概念が浅薄な人は、イロハのイに行かぬ前に、何の根拠もなく見切りをつける生徒さんや、不真面目極まりない生徒さんもいたことは事実です。

そうは言っても、生徒さんだけが原因ではなく、我々の手探り、未熟な体制も責任を感じております。

中退者には、厳しく規約を設けております。特に無相に限っては、商用で使うことや、技法を他に教えることなかれ。と、罰則を設けております。

それもこれも、それだけ奥深く、極めるには生涯をかけるほどの覚悟がいるものであり、何より成長と共に・・が無相の段階的発展の条件であるからです。

それは、私らも同じ。師匠でさえ、今尚、進化の最中であります。

ある生徒さんの事例を紹介します。この方は、立ち上げ当初からの賛同者であり、ある事情もあって、どちらかというと生徒さんの立場を超えて、フロント側、和泉堂の中枢にまで入るような存在の方でした。

当初は水を得た魚のように、懸命に励む姿にこちらも過剰なほど熱を帯びたことを思い出します。

占い師の修業とは限りはない。と言っても、どんなに優れた人材でも実地を含めて、ひとまずお客さんと何とか向き合えるまでに三年は最低いるものと思いますし、特に我々が取り扱う技法と概念を真に理解するには、五年〜十年はいるものと思われます。

出会い方がタイミングを感じる時の落とし穴は、その方の人格や傾向、欠けを鋭くみない、いや性善説で覆ってしまうことです。

しばらく、といってもたった半年程度で、占いという業界、指南とは、無相の技術、運勢学を分かったかの如く、いや体得しました。といわんばかりに勝手に和泉堂から離れ、自らで独立してやりたい。との正に突然の出来事でした。

驚きもつかの間に、性善説を切り替えた見方を考えてみれば、なるほど・・と思うことで一旦、袋に詰め込んで、事後は付け焼き刃的ではありましたが、この方の思うがまま、また特例として、和泉堂の名と、無相を商用として利用することを認めました。

ピアノを全く弾けない奏者が、半年程度でスタジオミュージシャンか入場料を取りながらライブ活動していきます。と言ってるようなものでした。

これも経験。これも世間との繋がり方のズレの調整と、当代ミズハが骨と心を折っていたことはつい最近のことでした。

確かに、占いは、大きくみると、いや甘く見ると、何でも活用できる、見せかけの指南をすることは可能です。論語一つ叫ぶ、思想一つ呟く、ノウハウを小利口に弁ずる、この方は、どうも外枠の構えで、あたかも高貴な位置にいるような、またそれがお客さんにもとても価値があることだと錯覚したようです。

これら全て和泉堂、強いては其仙流が危惧する、真逆の立ち位置にいるわけです。

小利口、理想主義、思想家が運勢学を深く理解出来るはずもなく、この分野に足をかけてる人が誰でも出来るような振る舞いをもって、占い師であります、指南者であります・・は、到底語れるものでもありません。

そうして、無数の危惧と、それと僅かな期待ときっと省みれるといった淡い期待も寄せながら、見守っていくことにしました。

それが和泉堂を離れて、独立し、僅か半年が過ぎようとしたつい先日。この方が占い業界に足を入れて、一年、、、

この度、占い師を卒業します。

と。

その内容を見れば、成長の限界と。

これは、あまりに飛びすぎた、思春期の子供でさえ犯さないような人道に反する振る舞いに、空いた口が塞がらないのと、和泉堂と其仙流を愚弄する決断と発言であることを分かっているのか?と憤りを覚えます。

この意は、和泉堂代表、当代、両者の総意であります。

決まった事に、とやかく言っても始まらず、泣き寝入りに近い形で全てを消す段取りに入っていますが、何より、この稚拙な不祥事を攻撃するより、申し上げたい事は、我が其仙流の概念、技法は、このような稚拙な考えの持ち主に評価の全てを出来るほど浅いものではない。と言うこと。そして、即生活に反応しやすいように、あえて大衆用にシンプルに教鞭をとっている事、実際は枕詞程度の事しか伝えていない事実。まだまだ膨大な秘儀、概念、ノウハウがあるという奥深い顔があるという感知力を持ってもらいたいわけです。

書籍にすれば、何冊も書くほどに其仙流は底が知れない含みがあります。

この生徒さんのように、パッケージだけ見て、パッケージで十分売れると勘違いして、尚且つ、我の技量を足せば遥かに凌ぐといった最大の勘違いを引き起こした今回の事例が頻発するほど、和泉堂は浮ついた事しか持ってないのか?と誤解されることが一番の心外としておりますので、多少、きつい内容と言及ではありますが、キツく申し上げておきたいと思います。

何事も段階的でしか進まず、更に難解であり、秘儀、深遠な概念の部分は未だ明解に出せないこともご理解下されば幸いです。

なお、繰り返しますが、我々の提供の仕方にも改善がいることは、また改めて思う次第でございます。

占い教室の在り方を今後、より通る内容に仕上げてまいりたいとも。何より、携わる我々の人格も更に通る人間力を目指し、精進してまいりたいと省みる今日この頃でございます。

宿命の解釈。

「この先どうなるのか・・」
占いを求める方なら誰もが知りたい質問のパターンです。


未来は決まっている。

未来は決まってない。

未来はある程度決まっている。


どれが正解なのでしょうか?


実はどれも正確でないわけです。



言葉とすれば、「この準備、設定において決まっていると言えば、決まっている」

が正確です。



この、その準備、設定。がミソなわけでして、これを無視して、運命論は語れません。


運命を求める。ような人生は、一歩間違えば、幅の狭い、怠慢の人生に。安直な人生に。


運命を感じる。生き方がかえって幅が広く、努力型の人生に。豊かさに。


「振り返った時に、あれは運命的であった・・」


が、天より与えられた人間の正直で、全うな在り方、生き方であるように思えます。また、そのような「仕組み」となっているようです。

天意、天恵は、主でもあり、サブにもなれる所以です。


従って、透視やスピリチュアル含む、ありとあらゆる占いにおいても、


五分五分の世界、そうとも言えるが、違うとも言える、また、まず動いてみないと変化は見えない、もしくは、犠牲を払うものがあっても、やや頂きものが多い・・など、右にも左にも振り切れない・・という未来の姿を示す事が日常的です。

この穴埋め、補足、足し算、引き算が、「指南」「アドバイス」ということになります。


ですから、未来の方向性は、自分の設定や、自分の準備次第である。という事でして、究極は、当たる、当たらないを超えた世界であります。

当たる。は、その微細な未来のニュアンスが分かってる時点で、それはもう既に当たっているわけでして、当たらない。は、その微細な未来のニュアンスを、目標値に変化を起こせなかった自身(お客さん)の設定、準備不足と、それに至るさらなる「準備と設定不足」なわけです。


従って、当たる、当たらないを超えて、価値がある事柄(指南)を伝えられるか、貰えるか?が未来指南の極意であり、本来はそれ以上、それ以下でもありません。



さて、ここでよく混同されますが、宿命論についてですが、宿命と名が付く以上、「決まっている」は避けられない論でしょうか?

宿命については、まず、とらえ方次第です。を前提にしたいと思います。


学生時代に宿題は毎日あったわけです。宿題をしない。は許されないわけでして、また、義務教育という大きな枠としても、誰もが必須科目であるように、避けられないわけです。


ただ、避けられない。わけですが、放棄する。は、やろうと思えばやれるわけです。

ただし、放棄する代償を問わなければですが・・。


こう考えてみると、決まっている。避けられない。ものでありますが、犠牲はあっても、放棄する事は出来る。ということは、決まっているのか?というややこしい話に。

これを解決する絶妙な位置の言葉があります。それは、「立ち向かうものである」です。

宿命(宿題)とは、立ち向かうものである。だから、私の持論で言えば、運命論と宿命論を分けたとらえ方は、余計に煩雑で、どこから、どこまでが、どう?なんて事は、一般人は、日常的に住み分けが出来ないと思います。


従って、「立ち向かうもの」を定義付ければ、本来、運命論の中に含めても、何ら支障がないわけです。


既に、設定と準備、またさらなる設定と準備のループ、循環が分かれば、その過程に含まれてくるからです。

ここで、いきなり飛躍しますが、要するに人生は、「造化」に尽きるという事です。


未来の豊かさ=[(設定+準備)×学び値±熱±機会]×運


という式に表されます。

※備考

運=(貢献度+自然・造化エネルギー)×素直


機会=タイミング
=旬or先or過

熱=真剣度=心から。

そして、未来の豊かさは、造化の精神が基調であることと言えます。


学び値=人間性

=質(徳+教育値+修養値+経験値)×器

とした場合、器は、己を二乗にも三乗にもしてくれます。そして、宿命(宿題)達成率は、既に質に含まれるという概念を。また、質と器のどちらも看破出来る存在感とバランス感覚を。

何か、この式を眺めてると、宿命とは、大きな人生の方程式の中の事項であって、大変重要な値ではあるものの、やはり「とらえ方」という目線や意識であってもらいたいとする狙いがあります。


いずれかのの数値が0であっても、補いが効くこともありますが、「×」の値が0では、当然ながら無であります。また、見方を変えれば、×の値が高ければ、高いほど、人生の豊かさは二乗にも三乗にも・・。


そこに、「運」のキーワードを残して、今回のブログを一旦終えたいと思います。
プロフィール

和泉堂 坂上 透

Author:和泉堂 坂上 透
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。