スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は亡き大切なあの人からのメッセージ。

ごくたまに、お客様の相談話の流れで、今は亡き大切な人はどう思っているのか?というご依頼を受ける時があります。

この場合は、通常相談同様に、お客様の真剣度の有無、内容次第で、参考までに観させて頂くことはございます。

我々のポリシーは、どこまでも「未来」、「造化」を主体とした運勢学を追求しておりますので、当てもの占い、過去の出来事、まして、亡くなった人の情報などに固執した見方は、やりすぎると価値を生まず、水面下で混濁を極めます。

場合によって、とは、例えば、代々受け継がれてきた方針の転換であったり、遺産関係で決断に迫られていたり、など、本人の意思(英断)を助けるメッセージが必要とする場合、頑張って翻訳させてもらっています。

ちなみにですが、あの世の仕組みから、亡くなった人の所在の有無、変化につきましての詳細(持論)は、ここでは述べませんが、相手の状態に関わらず、投げかけた質問に対する情報が入ってきますので、相応の内容に翻訳する流れは通常と変わりはありません。

我々が尊敬申し上げております観相学の大元「麻依先生」には、執筆させて頂く上で幾度となくお尋ねさせて頂いております。没後1400年近く経って、ストレートに情報が入る次元の仕組みは、我々の人知の及ぶところではありません。

さて、これも全て本人の人間性、人間力にかかってきます。前にも申し上げましたが、人間力が高いとする条件に以下を挙げました。

自らを自らで癒す力を持っている。

自らを自らで乗り越える力を持っている。

です。

その上で他者との調和、協調、支え合いとする謙虚な一面とのバランスです。

この力を、バランスを最低限お持ちの方なら、亡き人からのメッセージを、前向きに、今に生かす捉え方が出来るとして、場合によっては、サラッと観、お伝えします。しかし、あくまで質問次第、何について聞きたいか?がないと、翻訳は困難を極めることは、通常相談と変わりはありませんし、何より真剣度です。

よく、TV番組などで「本人とその亡き人しか知り得ないことを言い当てる」ことがありますが、これは一種の透視であり、通常透視と言うより、霊視と透視の融合力ではないかと思います。

私は、透視専門でもないですし、霊能者でもなく、あくまで凡人の無相使いですから、そこまでは出来ません。更に言えば、無相の範囲で掴む情報で十分ともしております。また、これも通常透視同様に、不安定な能力であることは間違いないと思います。要するに、何度もブログで言及させて頂いておりますように、毎度毎度見ることは不可能と断言したいと思います。

其仙流初代の仙人級の超天才でさえ、透視、画像しかり、即心即応、一瞬にして、相談内容からその先まで全てを見通すことは、相談者の真剣度や、一定の条件を満たす場合において発動し、その精密さもその条件に準ずるとしておりました。

従って、そうそう信用に値する透視能力者、霊能者はいない、と断言させて下さい。きつく申し上げると、99.9%は偽物で、残りの0.1%の中にも、三流、二流、一流、超一流に分類されると。

また、超一流、一流となると、千年、百年に一度しか現れないかもしれません。ちなみに、当流初代は、陰法(透視、霊視など)だけに限ってみても、達人、一流で、更には陽法、すなわち運勢の動的見方がこれに加わるわけですから、人間性も高く指南者として、超一流であったことは、未だご存命で、当時のお客様の証言からも確信を得ています。

話はそれましたが、亡き人のメッセージを知りたい場合は、霊能者と謳う方、透視能力者と謳う方、占い師まで沢山おりますが、99.9%は偽物であるという前提をお忘れなく、ごく稀に、運がよければ、一応観ることが出来る能力者に出会えることはあるでしょう。

それでも、一定の条件が存在するという事と、何より本人の人間力の有無を、よく自身で把握された上で、この先の人生で、その人のメッセージが、その大切な人の想いや判断が、必要にして必要なことであるならば、参考としてお聞きになることはあっても良いと思います。

この世に生きている以上、過去は過去の価値でしかない、という大原則があり、何人たりとも犯すことが出来ない秩序です。

が・・・、振り返りたい時もあるのが人間・・・、人生の一幕。

はい、私もたまに罪の意識に苛まれ、身内の亡き人に、お尋ねする時もございます。(苦笑)

スポンサーサイト
プロフィール

和泉堂 坂上 透

Author:和泉堂 坂上 透
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。