スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んだらどうなる?

◼️死んだらどうなる!?

非科学とされている分野に興味を持ちだして、約20年ほど。インテリジェンスの上にある未知との遭遇なわけです。

正にこのタイトル通りの探求の20年だった気がします。

20年前に人知れず興味を持ち、更に細々と研究をし、その答えらしきものにたどり着いたきっかけは、「縁は既に頂いていた」「時が来るまで発動しない」の二つに尽きますが、20年ほど前から、勉強されて頂いている先生からその技法を学び得た日から、確信に変わってきたのです。

一昔前の宜保愛子やらおどろおどろしい世界観から昨今のスピリチュアルブームによって、良くも悪くもあの世、この世の解釈がより一般化してきたと思います。

私も現行の仕事、修業をする前は、宗教から非科学とされている分野のあらゆる書籍に目を通し、時にはオカルトの世界も見、更には例えば陰陽師のような術師の世界にも首を突っ込み、現時点で最新の情報は全て網羅しているつもりでした。

頭ではかなりのところまで整理がついていたと思っていましたが、いかんせん実体験と申しますか、あの世も、または霊的現象も、しっかり、はっきり、くっきりと見たことがありませんでしたので、指先の感覚はないままに、確信していた風だったと思います。

そして、今、一見不思議な、知らぬ人、信じぬ人からすれば、オカルトと呼ばれそうな世界に素直に向き合い、誰しもが持つ人間の能力に出会い、磨いているわけです。その上で改めて死後の世界を思うと、また一味も、二味も違って見えてくるので、何事も経験、体験と言われる所以はここにもあったと痛感した次第です。

その上で、過去勉強した死後の世界観を、現在の、、あくまで現在の私の見解と比較してみました。

① 肉体、幽体、霊体は?

これは、あるように思います。大きくは二つ、幽体と霊体と分けられ、幽体がすなわち人霊のように、姿、形を可視化させる肉体にまとっている気のようなものと言えるでしょう。何故、服まで可視化出来るのかは不明。

霊体は、すなわち魂。核みたいなもので、本質を指すものです。

ただ、死後、不幽霊とか未成仏霊とかを指す場合、これがどの段階を言うのかは不明です。死後、仏教用語で「空」になると思っていますので、全てから解き放たれると考えているため、未成仏とか不幽霊とかを、あたかも「その本人の霊」のようにとらえるのは、間違いではないかと思います。

生前、頭脳明晰の人が亡くなった後、短絡的な表現しか出来なくなる事が辻褄が合わないわけです。

おそらく、無念とか執着から来る、人間でいう排泄物のように、意図せず残るもの、漂うものの解釈でいいと思いますね。生霊現象にも見られるように、本人が意図せずとも、憎悪は勝手に鬼化し、他人に悪影響を及ぼし、その見返りに自分も更に悪影響を及ぼす、呪詛の仕組みのようなものが死後大なり小なりあるのではないでしょうか?

だから、死ぬ前までには、全ての執着は捨てなさい、という悟りが設けられているのも理解が進みます。

となると、人間界のほぼ近い次元に意図しない自分の一部(排泄物)を残し(つながり)つつ、死後、生命は太極へと入っていくものと思われます。

②天国と地獄

さて、あの世には天国、地獄があると、幼い頃から教えられてきました。実際のところどうなのでしょうか?いわゆる人間が想像する天国、そして地獄、私の見立てでは、そのような単純な世界ではなさそうです。ひとつ言葉として明確なのは、先ほども書いた「太極」です。太極とは陰陽が混ざり合ったカオスの世界です。

我々の物質界は、陰陽ははっきり分かれ、更にその事象として様々に枝分かれしております。

太極とはつまり、物事に決まりがない、自由と言えば自由、不安定と言えば不安定な世界です。

この次元の変幻自在の物理法則から来る様々な世界観(階層概念含む)を指して、天国、地獄と二極化した表現が生まれたのでしょう。

ただ、、様々な宗教やスピリチュアルが謳う世界が存在するか否かは、断言出来ません。なぜなら、それらは既に「この次元に住む我々の陰陽に分けたイメージだからです。」

ただ、断言出来ることは、サナギが脱皮して蝶に成るように、違う次元に入るということです。その際、立つ鳥跡を濁さずで、出来るだけ身辺の整理と無念、執着なき人生を送ることが大切です。

簡単にいうと、立つ鳥跡を濁す人は、後の人、周りの人が非常に迷惑しますね。それは、後々の自分にも跳ね返りがあることでもありますからね。

太極の次の次元は、無極といって、イメージは宇宙の始まりの前。ビックバン以前の世界。さて、ここにきて二つの選択が待っています。

「生まれ変わるか否か?」

③輪廻転生

さて、次はいよいよ、いわゆる前世、現世、来世を説く、生まれ変わりのループ、輪廻転生についてです。

このことは、複雑に考えれば考えるほど分かりにくい世界であり、どこまでもシンプルにとらえ、表現した方がかえって本質を突くように思います。輪廻転生について、以前までの私は、シンプルに「前の私」から「今の私」に、そして「次の私」になる。といった個の連鎖、すなわち個人がいったん記憶のリセットを行い、あたかもその個人が姿、形を変えて生まれ変わるイメージでした。ちなみに何故、前の私の記憶がないのか?については割愛します。この世は修業にきているとだけ補足しておきます。

表現力は難しく、この説明もあながち間違ってはいませんが、厳密には違います。輪廻転生とは「命の連鎖」であって、決して「個の連鎖」でないことをはっきりしておきたいのです。それには訳がありまして、大きくは二つあります。一つは、個の連鎖のように解釈が偏ると、世に言う「前世占い」とか「退行催眠療法」などと不必要な情報に振り回されるから。二つめは、現人類全てに前世と呼ばれる因果は存在しない。真新しい生命も数多く存在する事実。

先に霊体(魂)=命の話をしましたが、輪廻転生とは、命、生命の輪廻であって、自分という感性が記憶だけあの世にドロップアウトさせて、また生まれ変わるというようなご都合主義ではございません。極端に言えば、貴方の人生、貴方の感性、貴方は、今、この瞬間しかなく、前も今も先もなく、正に死ねばそれまでです。

紛れもなく、人生は一回こっきりです。

しかし、輪廻転生はあるわけで、では具体的な仕組みは何がどうなっているのかは、我々の知る由もありません。

一つ表現として使えるのは、魂すなわち本質とか個性とか、本能的な要素は輪廻する、連鎖していくといった方が正しく・・・いやいや、それもこれも前の自分だ!といった浅はかな発想は三次元の我々がいう戯言なのかも知れません。

更に突っ込んでみると、輪廻転生で生まれ落ちる場所は、地球は地球でも、この宇宙ではなさそうなんですね。いくつか宇宙もあって、ほぼ地球と変わらない星もあって、これをパラレルと呼ぶのか、並行宇宙と呼ぶのか、はたまたインフレーション宇宙と呼ぶのかは、さらなる科学の進歩が解き明かすことでしょうが、輪廻転生をした場合、同じ宇宙の同じ地球(場所)に殆どが行かないようになっているようです。従って、自分とは何か、前世の自分とは、来世の自分とは何かを考える時、全く別物の意識があった方が良さそうですね。

人間には五感があります。第六感もあります。

必要なものは必要だから生まれながらに備わっているわけですから、必要であれば、前世だとかの過去の情報は備わっているはずです。また来世に繋がることであれば、尚更、因果関係を知ることは必要と思いますが、記憶はない。

だから、必要ではなく、繰り返し言いますが、今の貴方は、今の瞬間が全てで、これから先もその瞬間が全てです。

これからを総合して、考えた時、、、そうなると、、、、

④あの世で愛する人に再会出来る?

④については、まだ私の口からはっきりした事は言える段階ではないし、言えるほど温かく世の中を悟ってはいませんし、まだ言いたくありません。まぁ私の近くに、どこか非情で、陰的な悟り方ではっきり言う人もいますが・・・、これには、段階的な仕組みとか、条件付きとか、映画のワンシーンのようにはいかないようです。場合によっては、人類の精神的な進化を待たないと、それを言ってはおしまいとなる可能性がありますので、私も修業の中で、現世を足るに足るほど苦労したあげく言える日が来たなら、出したいと思いますね。

誰しも、この世に愛され、そして愛しにきたわけですからね。

別れは、耐え難い悲しみですから。

せめてもの救いは、やはり「また、きっと会える」でしょう。

そう確信出来るように、あらゆる角度から研究し、表現力を見つけていきたいと思います。

最後に、人の運勢に、前世や霊とかは、ミジンコ程度も関係ないことを強く、はっきり申し上げます。

このジャンルは単行本くらいは書けるな😅
スポンサーサイト
プロフィール

和泉堂 坂上 透

Author:和泉堂 坂上 透
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。