スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料占い、電話占い、占いサイト。

『無料占いします』と星の数ほどある占いサイトの無料サービスコンテンツです。生年月日を打ち込み(中には生まれた時間まで)、運営者への送信もしくは自動的に占い結果が出てくる仕組みです。

これは、主にはアクセス数アップ、いわゆるサイトへの訪問者数の向上と恒常アクセスを狙ったものが殆どです。

この類の機能を有したサイトで、レベルが高いと思えるところは皆無ですが、極々一部そこそこのレベルの高い作りこみをしているサイトはございます。但し、レベルが高いと申しましても、作り込みが念入りという面を評価しているに過ぎませんが、比較の基準として、一部ご紹介しておきたいと思います。Ikunda(本格四柱推命)のサイト内の無料易占いです。
三八四卦で占う易占いを無料で -本格派易占い[周易占]
占いとはそもそも、一対一で対話があって初めて成り立つものです。質問があって初めて指南になります。質問がないのに、占いとは到底言えません。本日の恋愛運、仕事運、健康運・・。性格(傾向)判断については、そこらへんの雑誌を見れば書いてあることです。表現(文言演出)が違うだけで殆ど変わりません。そして、繰り返しますが、「質問をして、質問があって、初めて占う体制に入り、信憑性のある占い(指南)の結果に繋がっていくのであります。」
そもそも、何故このようなコラムを書いておりますかと言いますと、和泉堂の最も最初にあった活動の動機である「占い業界への憂い」です。
「占い業界への憂い」
占い師のレベルの低下は、以前のコラムに書いてありますが、要点としては、本を5冊程度読んだくらいで占い師を名乗っていたり、最近、簡易的に誰でもクイックで占えるように四柱推命にしても紫微斗数、ホロスコープが書籍で出回るようになりました。やる気になれば2日~3日で占い方法を覚えられることもあって人気ですが、そのレベルで、占い師を名乗っている方も沢山います。その最も底辺にあるのが、無料占いシステムです。

「占い」という言葉を使わなければ、ここまで言及しませんが、「占い」という言葉を使っている以上、追及せざるをえません。

ただでさえ、占いレベルが低くなっているのを、更に助長するレベルの低いものが蔓延しているわけです。

無料ということもあり、ついついやってしまうことも否めないです。そして、そこまで真剣に捉えていないこともあるでしょうが、知らず知らずのうちに、クイック占い、占いの質、占いって?ということが住み分けもなく曲って認識してしまうようになっていきます。

占いは気軽に聞いても構わないのですが、『軽い』ものではありません。「気軽」と『軽い』は全く違います。要するに、こういったレベルの低いものが蔓延してしまうと、そのものの内質も外質も『軽い』に変質してしまうのです。そして、またどこか神秘的に演出したり、装飾豊かに演出したりと、『軽さ』「レベルの低さ」を誤魔化すかのようなサイトも多くみます。

これも、レベルの低下が招いた作用です。

占いブームは結構なことですが、スピリチュアルブームも結構なことですが、内容がどこにあるか、どのレベルで主張があるか?どのレベルで哲学を展開しているか?そういったところが一番大切であって、「人間の欲を突くようなキーワードを散りばめているだけ」のところに、はたして芯が、内容があるでしょうか?広告は結構なことですが、せめてサイトを運営しているのであれば、それなりの哲学や教養は書けるはずですが、隅から隅まで、栄光の軌跡と、欲を突くキャッチフレーズだけです。
その一部に本題の無料占いです。

まとめてみますと・・・
神秘的、エレガント演出 + 栄光の軌跡と欲を突くキャッチフレーズ + 『無料占い』
この三つ巴のサイト・・・今の主流と言えるサイト構成です。
次の機会に電話占いについてのブログ として、電話占いについて言及したいと思っておりますが、現在の占いサイトは、素人同然の集団が集まり運営しており、とてつもない利益を上げています。

素人同然に占われて、お金もそうですが、苦労し、努力してきた自分の将来を、今を・・・「いやいや、参考までに聞いているだけ・・・」と言ってもその選択、判断に多大な影響を与えるかもしれないことを、素人に聞きたいですか?

「いや、そうはいっても当たるので・・・」←これもブログで言及しますが、何をもって当たるのか?何がレベルが高いのか?を知らなければ、それまでです。

料理も、人の出会いも、何もそうです。

味わったことのない、会ったことがないなら、その時点の、目の前のものが最高点と思うわけです。

そして、「当たる、当たらない、占いとは何か?」も同じく、知らなければ、その時点の、目の前のものが最高点です。
では、「レベルの高い占いサイト、レベルの高い占い師とは?」ということになりますが、以前のコラムにそのヒントを記載しております。ご参照下さいませ。
占い判断と占い指南
当たる【占い】/当たらない【占い】の意味

といったところで、要するにレベルの低下をこれ以上進めないために、無料占いのシステムとしては結構なことですが、占いという言葉を外して、「お遊びクイック性格診断」とかに名前を全て変えて、「占い」と、しっかり住み分けをしてほしいということですね。

そして、その延長上にあるエレガント、神秘性志向、占い師の栄光のプロフィール志向の実質の差異まで・・・
「本物」はその全て(上記)に値することはありません。
とでも・・・締めくくりましょうか・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和泉堂 坂上 透

Author:和泉堂 坂上 透
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。