FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『公の哲学』は永代続く。

事業に『公』あり。

志に『公』あり。

公とは貢献とも言います。どの会社の社是にも出てくるのが貢献です。

貢献や奉仕の道理道徳は、天の道となり、その志が誠に引き継がれるならば、栄え、永代続く事業なり。としたものです。

まず、事業設計、起業時に、この道理を心身共に取り入れてスタートする経営者は何人いることでしょう。初代で終わる、二代目で食い潰す、三代目で干される、といった物語は至る所で起きています。とは言うものの、何もその原因が一概に『公』の有無だけではございません。景気不景気、競争淘汰、予期せぬ不運などなど正に一概には言えない事態に見舞われるのが、経営というものです。

しかし、これらの不足の事態の有無、頻度、軽重、または、乗り越えるだけの人力や知恵や運も、不思議と『誠の公』がある会社や事業は持ちこたえます。例え、形を変えたとしても、です。

『誠の公』は、徳と運の付き方が違うようです。

自らの過去の反省や、現状置かれている環境からも、今の私に突き刺さるほどに感じることがあります。永代続けられる魅力と根拠を有する事業内容と、それに値する人格をなるべく仕上げた上でないと真の成功ならず、です。そしてこの事の意味は、世に出た時点で、それは既に100年、200年先に通る迫力と品格があることが求められるものであるということです。

かと言って、器量、徳量満ちるまで何も動かず、仕掛けずは、非生産的で、よがりもがりの人生になりがちです。少なくとも身の丈に合った環境を整えて、動いてみながら、仕掛けてみながら、『時を待つ』清貧さは持ちたいところです。

それだけ永代続く事業は特段の徳がいるわけです。未来を雄弁に語る土台の部分、芯部がどこか自己本位ではないのか?酔いしれているだけではないのか?偽りのない輝きを感じられているのか?

やりながら、もがきながらで結構です、目先の利、リスクにばかり知恵を絞る才を発揮せず、まだまだ満たないと自覚があるなら、素直に勇気を振り絞って、『誠の公』を磨く徳を発動して頂きたいと思います。

繰り返しますが、天の道に淀みはありません。一見、八方塞がりに思える時でも、火のない所から煙が、日のない所から光が差し込むが如くの奇跡が起こるものです。綺麗事言うな・・・と思う人は否定もしませんし、これには相当の人間力、バランス力もいることですので、生半可にとられても困ります。中途半端な志では、本当に綺麗事で終わりかねないことにもなり、またそういった目先の感覚をお持ちの人(経営者)には、ある意味での『賭け』に伸るか反るかのでもあります。しかし、経営哲学とは本来、個の充実、個の人生観にも関わってくることでもありまして、為せば正解、為さぬなら不正解を決め難い側面もございますけれど、人(経営者)として道を極めるにあたり、やはり公の哲学に傾倒して、全てに『和』がある環境を創造してもらいたいと願っております。

また、個の哲学と公の哲学の差は格別であり、有限、無限の差ほどの開きがございます。それは枯れない井戸のようで、潤いが永代続くと。

競争原理は無くすものではありませんが、もう少し、この「公」の基準が高くなれば、本当の意味での共存も図れると思います。それはつまり、世に本物が溢れるということの裏返しであります。本物を共有することには、何の躊躇も生まれない、純なる気持ちで臨める、集える、謙虚になれる、損得超える・・・、

すなわち、「同志」意識が市場原理に働くことで、無駄のない共存共栄が実現するように思えます。

その頃には、これも裏返しではありますが、偽物は淘汰されていることでしょうし、中途半端な商品に競争原理が働かなくなることでしょう。

そう少しずつでも、少しずつ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和泉堂 坂上 透

Author:和泉堂 坂上 透
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。