スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お散歩Blog③「タレント哲学者」

アフリエイト広告などで、物を買ったことがない。

学生上がりの、産毛しか生えていない人が人間力を履き違えたまま莫大なお金を手にする情報ビジネス。

何の深みも、魅力もない人が成功する世の中。そんな人からは買いたくありません。製造元、販売元が連動するならまだしも、いくら製品が良くても、顔も人格も見えない人から買うことで、産毛が産毛のままの若者を育ててしまうことに、ストップをかけたい。

巷で騒がれているヒルズ族を見たって、よく聞いて下さい。浅薄極まりない事しか言っていない。この人達に寄る、崇める若者や中年の方達は、可哀想でなりません。

また、甘えん坊のおぼっちゃま育ちの中年医師も、人間学を説いたような書籍やセミナーをして、重宝されていますが、言ってることを、人生真剣勝負の気持ちで感じてみて下さい。緩い、緩い正論です。単なる「タレント性」です。

他にも、ノマドとか流行していますが、元はアンソニーロビンスでしょうか?皆さん、よく冷静に見て下さい。

パフォーマンス力のみが特化しているだけです。それは、私には到底無理なので、そこは素直に尊敬致しますが、ディズニーランドは、恒常的に人間学に取り入れるものではありません。

やる気は三日坊主。パフォーマンスで得る「やる気」は、不謹慎ですが、覚醒剤と同じ作用を与えます。

「きっかけ」を見出すことが出来ない人の為のセミナー。とか、一時の元気をあなたに!とか、こう焦点絞るなら認めたいし、ぜひお願いしたいくらいです。しかし、それ以上の真理を打ち出し、過剰な期待を煽るような、全てが変わるといった、時空を短縮出来るような広報は、薬事法違反です。

本音は、自らに熱がない、地下に入り込んでしまっているような人、不健康な方のみを対象にしてもらいたいと願いますが、実際の参加者の殆どが、健常者。不健康と思える人でも健常者。

何か間違っています。何が抜けているのか?学びは永遠であり、劇的に変わる、などは地下から日の当たる場所に出た時のギャップを示すものです。どこからの出発で、劇的に変わるを打ち出しているつもりなのか?ノマド講師に本音を聞いてみたい。

辛いことばかりに見える人生ですが、波はあっても、殆どの日本人が日に当たっているじゃありませんか。人によっては地下生活が長く続くことも人生はあるわけで、いずれ胸張って生きる日が来る。そのきっかけがノマドであったなら、価値を認めたいです。まして、日に当たっていることは、当たり前の認識で、ここからが真の学び、闘い、成長であることを、誤認してはダメです。

健常者が、満たされている人が、劇的に変わるはずはない。

それは、錯覚。もしくは、足るを知らないエゴイスト。

自分を変えたければ、成長を求めるならは、

「粛々と」

が、真の学び方。です。

はい・・・、スピーチ力、タレント性(ブランディング力)のみで、今や社会の花形に躍り出る時代です。

これが、何年、何十年続くのでしょうか?史上稀にみるほど、日本人が浅くなっています。

これらの浮ついた成功者は、メディア戦略で誤魔化しながら、盲信しながら、続けていけるわけです。しかし、日本の下支えになっている産業、伝統、文化で活躍している人達は、一定の品格を備えていますから、そうそう浮ついたメディアの世界には出てこない。浮ついた花形の世界にいる「タレント哲学者」の品性は、作り物の品格の場合が殆どです。大事な要素でもありますので、否定はしませんが、「見た目は大事」のみに留まります。品性、品格など、そんじょそこらでは身につきません。

だから、一般人で生まれた人は、「粛々と」長い時間をかけて、滲み出るものです。

本題です。

せっかく、教育改革がなされても、大人になるにつれ、目に飛び込む多くの情報が浮ついた内容だけでは、元も子もない。

少子高齢化の時代に突入するわけですが、国力は、人口の問題ではありません。C級が1000万人いたって、C級はC級。

浮ついた表舞台に立っている人らは、この国の在り方を見据えた覚悟があるのか?あなたが発するパフォーマンスで、どれだけの若者に害を及ぼしているか、間違った人間学を染み込ませているのか?抜け道、近道ばかり教えるのか?どちらも、どちらではありますが、影響力のある方が罪は深い。

自己顕示欲の塊に見えて仕方が無い。

一億稼ぐやら、人生は逃げても良いなどと、心理を逆手にとったような「まやかし」で、世間を無駄に掻き回していることに気付いてほしい。

本物であり、真っ向勝負している賢者は、まやかしは使わない。

ただ、まやかしを使わないと売れない、伝えることも出来ないこの世の中が間違っているわけで、譲歩するところはございます。

がしかし、一度、影響力がある地位まで登ったら、誠に正していただきたい。登るまでは、やりたくないメディア広告、露出の仕方、ブランディングをしましたが、、、と。功を獲って、ようやく本質の世界を作れる、提供することが出来ると、いきなり紋付袴姿で、大どんでん返しを繰り広げて頂きたい。(笑)

実際、高い理念があるなら、やりたくて、言いたくて、仕方が無いと思いますが、やはり、殆どの上澄み成功者が持っていないのでしょう。

それは、単に「若者にしか通用しないパッション、思考」だからです。

人間に通用するパッション、思考を持った人も山ほどいることに、メディアは目を向けるべきです。

さもなくば日本は朽ちますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和泉堂 坂上 透

Author:和泉堂 坂上 透
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。