スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既に宝を頂いている相

◼️ 既に宝を手にしている相。

前みたいにきっちり出勤出来ていない私です。少し気合いが足りません(苦笑)

ただ、最近の感触として、有難いことにお客様が最初は当たる、当たらないからの流れをご経験頂きながら、ご紹介賜ることも大変嬉しく思いますが、更に嬉しく思うことは、「人生勉強」をされに、ちょくちょく寄って下さる方も比較的多くなってきたように思うことです。

基仙流の醍醐味は、指南に尽き、指南の核心は、「学び」です。

私の過去も今も一貫しているテーマは、よく遊び、よく学び、でありまして、それもこれも現代の若者(20代〜40代)へ提供する言葉選びが、アメとムチ、絶妙な緩急を有した言い方が出来るように思うからです。

人生は、よく学び、と、よく遊び、のそれぞれの内容と程度があれど、バランスを取るのは難しいけれど、どちらも一生懸命に向き合うことは求められます。

このバランスをこなしている様が、人間らしく、豊かな、エネルギッシュな人生としたいわけです。

昨日もご紹介頂いた若い女性でしたが、身形は良く、恋愛相談からの始まりでした。

時に、よく遊び、の中には、エゴも含めて、よく遊び、を認めるのも人の器。

ならば余計に、よく学び、が軸にあって欲しいと願うのも心情というものです。

人生を、自分を、社会を、「客観的」に「道徳的」に、真剣に向き合ったことがない方は案外多いです。

どこまでも、勝手解釈、都合解釈で、人生のフィールド、生き方のフィールドを決めてしまっている人が大変多い。例え現実が追いつかなくとも、テーマは高く、質は高く、が求められるのも、開運の必須条件であります。

大所高所から、とよく言ったもので、大所高所の価値観は、その概念を有した人(師匠)からしか学び得ることが出来ません。

そういう機会に恵まれなかった人や、スルーしてきた人、脇道の居心地からどうにもこうにも抜け出せない人、様々いらっしゃいますが・・・、

天才と凡人は紙一重、僅かな差、僅かな気付きで、劇的に人生のフィールドが変わる人も同等にいらっしゃることも事実です。

それには、よく学びの境地に入ることからのスタートです。

たまによく学び、だけの人もいらっしゃいますが、これも年代によりますし、その方の仕上がり具合にもよりますので、一概に評することは難しい面はございますが、理屈になりがちの人が多いのも否めません。独善的であったり、論語読みの論語知らず的な・・・。

やはり、バランス。

もとい、

昨日のお客様も、そんな僅かな差を掴むだけで劇的に未来の姿が変わるとした女性でした。

この僅かな差を学びとする場合と、しない場合では、今後全てが後手後手にまわるか、時に先取り、正面突破か、の差は大きいと見ました。

この見え方は、非常にシンプルに言うことが出来ます。

この女性は、既に宝を手にしている。

と。

宝をみすみす逃すのはもったいない。時に逃すのも人生の幅とみてあげたいけれど、後手後手になりすぎると、最後には、エゴで取り決めた人生のフィールドから抜け出せなくなるのが、非常にもったいないと思います。

それが、よく遊び、特に欲に偏ったものなら価値薄し。

ただ救われたのは、本人も、私が伝えた僅かな差、僅かなテーマは、よく理解しているようでした。

後はこの方が、このテーマに沿って、よく遊んで、よく学び、押したり、引いたり、悲哀も経験しながら、青春を謳歌してもらうことが何よりです。

単なる苦労は、単なる失敗は、単なる誤算は、何の魅力もない経験であることを知ることが、僅かな差としています。

よく遊び、よく学びの一文には、改めて考えさせられるわけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和泉堂 坂上 透

Author:和泉堂 坂上 透
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。