FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同学年の定義。

「何月生まれ?あー、なら学年は一個下か。」

こんな話はよく体験しますが、俗に言う早生まれの人ならば余計でしょう。

一月一日から四月一日に生まれた人は、前年の四月二日から十二月三十一日までに生まれた人と 同学年となります。

これって、運勢学上全くとんちんかん。

区切るならば、立春にすべきです。すなわち、二月四日〜六日あたりを基準にとり、前後で学年を分けるべきなのです。

大前提に、年上を敬う文化は、特に日本は美しいとは思いますが、それは相互に礼節があって成り立つのであって、人間が出来ていない、社会人として出来ていない人が、この縦関係の論理を持ち出したところで、美しいどころか、汚れます。

話を戻すと、本来は立春を境に年が変わり、一年の起点は立春でございます。極端に説明すると、亜熱帯の南半球と寒冷の北半球ほどの差が立春を境に変化するわけです。

それを四月一日まで引き伸ばして、同属(同学年)にくくるのは、自然を大事にしてきた日本人らしからぬ矛盾でしょう。

数十年先には、立春起点で学年が分かれているかもしれませんね。

それと、社会人になれば、生まれ年でお願いしたいところです。

私は人の年齢を確認したことも、同学年がどう?とか、早生まれ?とか、確認したこともありません。

自然に分かれば、良いこと。

近い年代に接する時に、年齢ありきで、対応を変える人に大した人間はいません。

体育会系を否定はしません、何なら肯定派です。しかし、相互に熟した心得、礼節があって成り立つのが体育会系としたい。

矛盾、理不尽を覚える、経験することも大事なことですが、僅かな期間、出来事で十分です。

また、何事にも矛盾、理不尽は含まれているのが社会。先輩、後輩関係だけで学ぶものではありません。

先輩やら、後輩やら、より人間がひとまず出来ているか、ひとまずで、、、ひとまず出来ている所があるか、ないか。

これを基準に。

育ちの悪い人は、何をしても、それ以上の環境には入れてもらえませんので、、、、。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

和泉堂 坂上 透

Author:和泉堂 坂上 透
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。